ブログ | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ 

2018年 2月 25日 ついに、、

 

こんにちは!横山紗英です!

ついに、明日から国立大学の受験が始まりますね。まだ東進で勉強している人のうちの多くが

明日の試験のためにここまで頑張ってきたのではないでしょうか。

ここまで来るのにそれぞれにいろいろなことがあったと思います。たくさん悩んで、何度も負けそうになって

苦しい思いも時にはしてきたと思います。もしかしたら今現在そういう状況の人も

いるかもしれませんね。

私立の発表がどんどん出てきてて、うまくいった人も思うようにいかなかった人もいると思います。

私立の結果に惑わされそうになると思いますが、今一度自分の第一志望はどこなのか、

考えてみてください。どの大学に行くために難しい過去問と今まで格闘してきたんですか?1番時間を割いて勉強してきたのは

どの大学のためですか?充分分かってるとは思いますが大学受験の合否はその大学の数字なんかで表される偏差値

が全てではありません。大学によって問題の傾向は違うし、知っている英単語の数が同じでも、訓練をしていたかしていないかで

点差は大きくつきます。私立が全てダメでここだけ受かったという人を私はたくさん知っています。

だから、めげそうになることもあると思うけど、そのせいで今までの頑張りを無駄にしてほしくはないのです。

明日の試験への思い入れと少なくとも努力量は1番大きかったはずです。

まだ試験は始まってもいません。まだできることはあります。

 

あとひとふんばり、いってらっしゃい!!

 

一橋大学社会学部1年 横山紗英

 

2018年 2月 24日 受験終盤戦 担任助手1年鹿住周

こんにちは。鹿住です。

最近はだいぶ青葉台校でも受験が終わった人が増えてきましたね。それにつれて青葉台校では三年生の姿もだんだんと見れなくなってます。

少し寂しいような、でも喜ばしいような複雑な気持ちです。

しかし、まだまだ受験が終わっていない生徒もいますよね。

国公立大学の前期試験は明日や明後日が本番です。

自分の受験が終わった人は応援してあげてください。

本当に受験科目も多いし大変だったと思う。

よく頑張った!って思う。

あとは自分を信じて本番に全てぶつけて欲しい。

後悔だけはしないように。大丈夫!

あとはちゃんと寝てちゃんと食べて会場行くだけ。

自分の第一志望が国公立大学だったけど、自分には縁がなかった分応援する気持ちは人一倍強いと思います。

ここで少し先に目を向けます。

国公立大学の後期試験はさらに2週間以上先です。

私立大学でも後期試験はこれからですよね。

鹿住もあまり人には言わなかったけれど国公立の後期試験を受けました。

で、結果は不合格でした。

内容なんですけど、高1以来ほぼ触れてない生物についての小論文だったんですね。

生物も小論文も特にやってなかったけど、行きたいなって思える国公立大学が近くにそこ以外なかったのでとりあえず受けました。

今回は受けた内容じゃなくて、国公立前期試験後の雰囲気について去年を振り返って生徒の視点から少し話してみようかなと思います。

ひと段落ついたなーって気持ちが強いです。

だいたいの人は本命としている大学の受験後の期間と国公立大前期試験終了後の期間が被りますよね。

以前に設定していたゴールよりもきっと遅い時期に国公立後期試験や私立の後期試験があると思います。

それに加えて、すでに周りの人達で多く受験終わった人いますよね?

ワイワイしてますよね?

いいなーおれのも早く終わらねえかなーってなりますよね?

卒業式とかあったりしますよね?

勉強を続けるには覚悟が必要です。

校舎に来たと想像してみてほしいです。

残念ながらほとんど校舎に三年生はいませんでした。たしか自習室に3人くらいだったかな?途中でインフルになって行けなくなってしまいましたが3月入ってすぐくらいはそんなもんでした。

ね、なかなか大変そうでしょ?主にメンタルが…

後期試験を受けようと思っている人でこのブログを見ているあなた!

少ないかもしれないけど絶対いるはず!

この後の少しの期間頑張り切れる人は少ないから、覚悟決めて勉強できれば差をつける。埋められる。と思う。

同級生が減ってすこし校舎に来づらい気持ちになるかもしれませんが、

最後までみんなで応援するから遠慮せずに青葉台校で勉強してくれ!

担任助手1年 鹿住周

2018年 2月 23日 受験生時代に思うこと

こんにちは。担任助手1年の横山奈々です。

私は今担任助手をやっています。しかし、東進に通っていた頃は

ぜんっぜんやる気はありませんでした。

担任助手の方々ともよく話す生徒ではなかったですし

色々なこと言われそうで嫌だな・・・とも思っていました。

話したのは担任助手の一井さん、担任の木賀さん、化学を教えてくれた藤井さんくらいです笑

なので担任助手の仮エントリーも眼中に無かったです。

けれどなぜやろうと思ったのか、それは自分の能力が上がりそうだったからです!

 

私の夢は薬剤師になること、なって不安な人を笑顔にしたいです。

その薬剤師という仕事にはコミュニケーション能力が必要です。

患者さんの顔を見て調子はどうかとか感じる必要があります。

それと、生徒と接して話したりモチベーションを上げたりという仕事が似ているなと思ったのです!

あと、担任助手の皆さんはきらきらしていて、楽しそうだった素敵に見えました

そんなこともあり、受験が終わった私に木賀先生がやらないか?と勧められて面接を受け、見事受かったのでこの場にいます。

なので木賀先生には感謝ですね笑

 

高校生の私は大学生は暇そうでいいなとか、自由そうだなという憧れがありました。

まあそういう人もいますしそうでない人もいますよ笑

でもとにかく受験勉強は、第一志望に落ちた自分を想像して悔しいなと思ったり、

受かった自分を想像してテンション上げたりしてモチベーションを保っていました。

これは結構大事なのでおすすめしますよ(^-^)/

 

以上!読んでくれてありがとうございました!

 

 

2018年 2月 22日 尾島から高12生の皆へ

こんにちは!担任助手1年の尾島希望です!

今回は高12生の皆に伝えたいことについて書きたいと思います。

このブログを読んでいる皆さんは受験についてどう考えていますか?

まだまだ先のことだから自分には関係ないやと思っている人も多いのではないでしょうか?

そう思っている人!大間違いですよ!受験はそんなに甘いものではありません。

3年生になってから頑張ればいいやと思っている人は今すぐにその意識を変える必要があります。

私は高校12年生の頃、部活が忙しいことを言い訳にして全くと言っていいほど勉強していませんでした。

引退してから頑張ればなんとかなるだろうと油断していました。

高3の6月頃に東進に入り受験勉強を始めましたが、その時に自分の過ちに気付きました。

当然自分が勉強をサボっていた間に努力をしていた人はたくさんいて、その人たちとの間にできてしまった差は簡単には埋まりません。

私が特に苦労したのは日本史でした。日本史なんて暗記すればいいだけだから大丈夫だろうと思っていた私は学校の授業ですらほとんど聞いていなかったため、知識がほぼゼロからのスタートでした。

焦り始めたのは、6月のセンター本番レベル模試で19点を取ったとき。帰り道に友達の自己採点の点数を聞いて自分の点数のやばさを痛感し、そこからやっと本格的に日本史に力を入れて勉強しました。

日本史はただ暗記すればいいだけではありません。

あの莫大な量の情報を暗記するためには流れを理解しなければならないので時間がかかります。

結局私は最後まで日本史に不安を残したまま試験を迎えることになってしまいました。

私は第一志望の大学には合格することができなかったので、生徒の皆さんにはこのような想いをしてほしくありません。

大事なのは早期にスタートをきることです。受験勉強にフライングはありませんよ!

今このブログを読んでくれたそこのあなた、心を入れ替えて一歩踏み出してみましょう!

 

 

 

2018年 2月 22日 【新高2,3生、要必読!!】

皆さんこんにちは!

最近は気温の変化が激しくて体温調節が難しい日々が続いていますね。今年は特に花粉もひどくて私永石は大変悩まされております・・・。

 

さて今回のブログの内容は高12生に向けてです! では単刀直入に書かせてもらいます。

 

皆さん、高速基礎マスターやってますか???

急にどうした、と思った人もいるかもしれませんが、今校舎の受付正面のホワイトボードにはマスターの進捗状況に関する掲示をしています。

全体的に見るとまだ英単語1800を完修していない人が高12合わせて全体の55%を占めている状況です。

結構焦ってください(笑)新高3生は特に。

なぜなら高速基礎マスターはいわゆる基礎演習です。受講を受けなければという気持ちも分かりますが、基礎が出来ていない状況で受講を進めていてもあまり意味がありません。

高速基礎マスターでしっかりと基礎を固めてから新年度を迎えられるようにしましょう!!

 

新高3生は3月末までに単語、熟語、文法、この3つを完全修得(三冠)できるようにしましょう!

完全修得したら受付の人におしえてくださいね!

皆さんから良い報告が聞けるのを楽しみに待っています。

 

担任助手1年 永石ひろみ