ブログ | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ 

2020年 1月 16日 教えちゃいます!受験前ルーティーン②

こんにちは!

東進ハイスクール青葉台校です!

今日は担任助手受験前ルーティーン紹介二日目!

こちらの方々です!

 

慶應に通う蔵野先生!ルーティーンしっかり持ってそうですね~では!

 

1⃣同じシャーペンを使う

2⃣同じお昼ご飯を食べる

 

これは昨日紹介した南雲さんと似てますね!やっぱり今まで一緒に頑張ってきたシャーペンは本番自分にとって自信になるお守りみたいなものですね!

 

お次は河合先生!


1⃣試験当日の試験時間は必ずフル集中で勉強するようにする。(試験当日までの話)


2⃣最寄駅から試験会場まで、自分の好きな曲(ゴリゴリのロック)を聴きながらイキって歩く


3⃣試験後は必ず塾に寄って、友達or担任助手に試験の愚痴&休憩をしたあと、次の試験の対策をする

 

やっぱり河合さん、次元が違いました(笑)

でも、自分のテンションを常にいい状態にキープできる方法だと思うので、ロックじゃなくても、みんな好きな曲を聴いて試験会場に行くことはめちゃめちゃおすすめです!


ここぞというとき頼りになる、伊丹先生!彼のルーティーンは…?

 

1⃣ONE OK ROCKの「キミシダイ列車」を聞いてテンション上げる

 

河合先生の2⃣と同じ感じですね!大事な日だから聞くってわけでもなく、日ごろから聞いていた自分の好きな曲を聴くことは、本番いい影響を必ず生むと思います!

 

今日も残り二人です!高地場先生のルーティーンは

 

1⃣お守りがたくさん入ったポーチを持ってく

2⃣ちょっと高級なチョコを休憩ごとに食べる!

 

これは女の子実践するのお勧めします!家族など応援している人たちからもらったお守りを会場にもっていって、パワーもらいましょう!

 

 

本日ラストは本多先生!彼女にルーティーンは…?

 

1⃣試験会場に向かうときには知らない曲を聴く

2⃣世界史の一問一答を見て落ち着く

 

今までとは逆のルーティーンですね!このようなルーティーンをするのには、音がないと不安だけど、知ってる曲だとか詩が聞こえてきちゃって集中できないから。という理由があるそうです!納得!自分がどちらのタイプなのかよく考えて、ベストなほう選んでください!

 

 

きょうはこれでおしまいです!明日ついにセンター前日!

いい緊張感をもって頑張ってね!

2020年 1月 15日 教えちゃいます!受験前ルーティーン①

こんにちは!

東進ハイスクール青葉台校です!

今日から青葉台校担任助手の「受験前ルーティーン」をお送りします!

6日間で担任助手24人、篠原校舎長、安倍次席の2名の計26名のルーティーンを紹介していきます!

 

 

今日はこちらの5人でお送りします!

まずは!一橋大学に通う、ラガーマンの小川凛太朗先生!

 

鉛筆を使う!!!

 

いたってシンプルですね(笑)

マークシートはシャーペンよりも鉛筆が圧倒的に早く塗れます。

加えて、シャー芯が折れる心配もない!

シャーペン使う予定の人も、

数本持ってるといざというとき役立つかもしれませんね!

 

青葉台校の癒しキャラ、電通大に通っている南雲先生の受験ルーティンは

 

1⃣ラムネを持っていく

2⃣全部一本のシャーペンで解く!

 

2⃣は一本だけ持っていく訳ではなく、

何本か持っていくけど決まったシャーペンで解くということだそうです!

一番実践しやすいルーティーンなのではないでしょうか??

決起会の動画では、藤本ワールド全開でしたね(笑)

そんな藤本先生の受験ルーティーンは

 

1⃣休憩時間はずっと音楽聞く!

2⃣帰り道は、寝る、好きなことをしてリフレッシュする!

3⃣試験直前まで復習する!

 

休憩時間中あほかの人の人の声が聞こえないように音楽を聴いて集中力を保つためにやっていたそうです!3つとも自分の力をしっかり発揮するのに役立ちそうです!ぜひやってみて!

お次は田中萌先生です!すごい緊張しやすいって聞いたことある気がしますが…そんな彼女のルーティーンは、、、

 

1⃣チョコを食べる

2⃣問題を解く前に深呼吸をしてワンテンポおいてから始める

 

本番はめちゃめちゃ緊張してしてしまうかも、、と思う人はぜひ深呼吸してみてください!落ち着ける方法№1といえるでしょう!

 

 

そして最後は、佐野先生!受験ルーティーンは果たして現実的なのでしょうか、、(笑)行ってみましょう~

 

1⃣毎休憩時間におにぎりを食べる。

2⃣朝ごはんはおかゆ(?!)

3⃣大学の最寄り駅でトイレに行く。

 

なんか突っ込みどころがいくつかある気がしますが、、(笑)

食トレ中なんですかね?と思ったら、お昼ご飯をがっつり食べると眠くなるから、という理由があるそうです!それなら納得です(笑)

おなかが弱めの人は、2⃣と3⃣実践してみましょう!!(笑)

 

 

担任助手の受験前ルーティーンどうでしたか??

受験直前の3年生も、同日試験を受けるみんなもいいなって思ったらどんどん取り入れてください!明日もお楽しみに~!

 

 

 

2020年 1月 14日 Four days to go

 

こんにちは。担任助手1年の富浜です。

 

あけましておめでとうございます!!!!と言いたいところなんですが、年明けからすでに2週間も経っている、、、早い。

 

昨日のブログは読みましたか?

南雲さんからまとめノートを作るという話がありましたね!

しかもそのまとめノートは勉強的な側面もあるし、精神安定的な側面もあるという話でした。

ノートが精神安定剤!?

読むしかでしょ、、、、

 

さぁ本日もテーマは「センター1ヶ月前の過ごし方」って、もう四日前やんけ。

 

さぁ四日間で何が変わるか。

 

自分が現役の頃はどうだったかなーと。

国立文系だった僕はセンター試験で最低でも5教科で8割は必要で、目指すは9割という状態だったのですが、1週間前に解いたでセンターパックで6割を切るとかいうオワオワな状況に絶望してました。

もう国立無理だし、私立に焦点合わせるかぁ。。。。俺は私文になる!

のような気分だったのですが、周り悪影響を及ぼしたくないし、担任助手の人にも心配させたくなかったので、空元気で勉強していました。

 

言ってしまえば投げやり、な感じでそのままセンター試験に突入しました。

 

このせいもあって特に緊張もしないで受けた結果、まさかのそこそこに良いパフォーマンスを発揮できるっていう。

 

そして国立文系に返り咲く。

 

なんというか、当てはまる人は少なさそうな経験談になりました。

参考にならなくて申し訳ない汗

 

話を戻すと、四日間で何が変わるか。

 

物理的な問題で学力を伸ばすには限りがあります。

 

なので、当日に100%の力が出せるような調整をしてほしいっていうのが個人的意見です。

 

この四日間を全力で成績伸ばしに使うと学力が100から102に増加するかもしれません。ですが、本番で102を発揮できるかどうかは別問題です。当日の精神状態・体調に大きく影響されます。

なので、100→102にする作業よりも、当日に100発揮できるような準備の仕方をしてほしいなと思います。

本番で悔やまれるのは、わからない問題を解けなかった時よりも、できる問題を落とした時です。しかも、これは結構引きずります。

 

やっべえええあれなんだっけ、、、終わったわ、、、あああ、、あれさえできてれば、、

 

このようなメンタリティに陥ると他教科にまで弊害が生じます。

 

つまり!最近ははすでにできるものに関しての復習、というのをやってなかったと思うのでそこをやってほしい!

 

100の知識を強固にする準備をしてほしいなと思います。

 

あと四日、頑張れ!

 

明日のブログからはテーマが変わって、試験前ルーティンの話になります!

これは参考にできる情報が多そうですね!

 

『必読』

担任助手1年富浜大護

 


 

 

 

 

2020年 1月 14日 心に、安定を。

 

みなさんこんにちは!

電気通信大学2の南雲です!

 

今回はセンター一週間前の

過ごし方です。

 

新居先生のブログは読みましたか?

去年の新鮮な体験を

うまくまとめてくれていたので、

是非読んでみてください!

 

2年目ならではの情報

ということですが、

正直みんなが全部

言ってくれています(笑)

 

なので私からは、当日に向けた

ここからの勉強について話します。

 

私がセンター一週間前に

やっていたことは、

「まとめノートをつくる」

です。

 

もともとセンターは解いたら

復習ノートに復習していたのですが、

その中で間違えやすい部分を

見返してもう一度書き直していました。

 

私の場合では化学反応式とか、

物理の光の色と周波数の対応

などなど、ですね。

 

これがなにに役に立つのか、というと

本番の試験の間の時間の

精神安定剤になります。

 

もちろん復習にも大いに役立ちますが、

ナーバスになりがちな間の時間に

自分がミスをしそうなところをみる。

それだけで気持ちは楽になります。

 

もちろん復習ノートを作らないような

スタイルの人もいると思うので

人それぞれではありますが、

ぜひチャレンジしてみてください!

 

 

1,2生のみんなも、

センター同日があると思います。

 

ボーッと、ただの模試として

捉えるのでなく、

1年前の大切なリハーサルだと思って、

残り一週間一点でも伸ばそうと

努力してみてくださいね!

 

さーて、次回のブログはー?

みんな大好き

イケメン富浜先生です。

 

早稲田法に現役合格した彼は、

どんな一週間を過ごしていたのか、

乞うご期待です!

 

 

では、恒例のジャンケン行きます。

 

最初はグー、

ジャンケン、、、

 

 

 

 

 

パー!

次回もお楽しみに!

 

担任助手2年 南雲拓真


 

2020年 1月 12日 いつもどおり。

こんにちは、にいかなほです。

来週の今日は、センター本番2日目ですね。

まだ近づいてきている実感がわかない人もいれば、

今の時点ですでに緊張している人もいるのではないでしょうか??


昨日のブログでは、蔵野先生が

センター1週間前の過ごし方

を紹介していました。

私立文系志望の人はもちろん、センターを受ける人は必読です!

そして、是非行動にうつしてみてください。

 

蔵野先生が紹介していたことの一つに

「新しいことをやらない」というのがありましたが、

それはメンタルを安定させるという面でも

大事なことなんじゃないかと思います。

この時期に新しい問題を解いて

どうしよう!わからない!もうだめだ!となっては、

今まで準備してきたことが水の泡になってしまうかもしれないです、、


私もセンター1週間前は特別なことはせず、

できるだけいつも通りの生活・いつもどおりの勉強

するように意識していました。

中でも一番意識したのは、「早寝早起きの徹底」

とにかく睡眠時間を削らないことです。

睡眠時間をとることで気持ちに多少余裕が生まれるし、

逆に寝ると決めた以外の時間を有効活用しよう

という気持ちになれると思います。

 

センター直前でまだ不安要素がいっぱいあって、

寝る時間を削ってでも勉強したい!と思う人も

少なからずいるとは思いますが、

きちんと生活リズムは整えて、センター本番に望んでください!

 

明日のブログは南雲先生です。

助手2年目ならではの情報が得られるかも、、!

 

担任助手1年 新居佳南穂