ブログ | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ 

2019年 6月 1日 普通でよいのか

どうもみなさんおはようございます、担任助手2年の河合佑馬です!

こういうの打つたびに思うんですけど、もう僕2年生なんですね…

学生として送る最後の期間である大学生活もあっという間に終わってしまいそうで

なんだか言葉にし難い複雑な気持ちです。(若者っぽく言うとエモいってやつです。)

 

 

さて、そんなことは置いておいてみなさん昨日のブログ読みましたか!?!?

野口くんのぶっちゃけばなしもバッチリためになる話でしたが、

そのあとについてる、「受験珍事件記」が面白かったです!マジで。

しかも、面白いうえに受験前に注意すべき点というか、絶対にしてはいけないミスを

実際の体験談とともに学べるので超良い。シリーズ化しているので

次回の野口君のブログも楽しみです。

 

 

さあやっと本題です。河合の受験期ぶっちゃけばなし。

なんですが、本当にぶっちゃけることがない。

今思い出すと本当に普通の受験生でした。

まあ、だから第1志望に合格できなかったんですかね。

あれですよここでいう「普通」ってのは

いわゆる一般的、マジョリティって意味です。

 

僕の高3の1年間を振り返ってみると

学校にいる間、授業中は受験勉強の内職、休み時間は半分ぐらい勉強し

半分ぐらいはたわいもないおしゃべり(これが今となっては良い思い出ではある笑)

学校以外の時間は常に塾にいて閉館間際まで勉強。家に帰ったらだらだらと眠りにつく。

休日は基本開館から閉館まで塾、家に帰ってからは平日と同様。

たまーーに、朝遅い日もあったり、電車の中での勉強をサボっていたり。

よくいる受験生って感じの生活を送りました。

 

今書いたような普通の受験生生活、確かに大変だろうしそれなりに充実もするでしょう。

やりたいことを我慢して将来のために努力をしているわけですから

そりゃなかなか濃い1年間でしたよ。

 

でもこんなんじゃ行きたい大学に受かる保証は全くありません。

むしろ落ちる可能性のほうが高いです。だってみんなと同じだから。

 

逆に成功例を挙げておきましょう。

僕の仲の良い友人で、センター試験の同日体験受験(高2の時期に実施される本番と同じ日にその年のセンター試験と同じ問題を解くという模試)で英語が200点中30点のやつがいました。

その他の科目は覚えてないですが、とても低かったと思います。

その人は今四ツ谷にある某ミッション系大学に第1志望合格して通っています。

その人の受験生の時の生活は驚くべきものでした。

毎日5時に起床、起きるとともに音読をはじめおわったら速攻で飯を食う

歩いているときはイヤホンから英語の音声、電車の中ではもちろん勉強

授業よりも早く学校に着きすぐに勉強を開始、授業中も休み時間も勉強していたらしい

その後塾へ行き閉館後は家で光速で飯を食うなどして1時間は勉強してから12時ごろ寝ていた。

そんな生活だったと思います。(てかこれ俺の友人の受験ぶっちゃけばなしになってるじゃねーかww)

平日でも15時間ぐらいしっかり勉強していたと思います。

 

 

まあ、ここまで必ずやれとは言いませんが要は普通じゃ受かりませんよってことですよ。

逆に、つらいところを踏ん張って101%の努力をつみ続ければ

逆転合格は不可能ではないということでもあります。

 

苦しいし大変なのはみんな一緒なので、その中でいかに妥協せずに

小さな努力を積み上げられるかの勝負じゃないでしょうか。

 

今少しでも妥協していることがあると思ったあなた

その小さな妥協は後の大きな後悔につながりますよ。

 

勝負はとっくに始まっています。

 

 

明日は大岩君のブログです。なにやら受験という名の「怪物」の

倒し方を彼なりに示してくれるようです。お楽しみに。

 

それでは。

 

担任助手2年 河合佑馬

 


2019年 5月 31日 読んでーね☺︎

こんにちは担任助手一年の野口です。

昨日の蔵野先生のブログ、確かに過去問は本当に大切!本人は生徒時代貸出用iPadをたてかける用の台を持ってくるほどのヘビーユーザーだったのを覚えています(最初にあの台を見たときはめちゃくちゃ感動しました笑)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

僕はぶっちゃけ受験期自分のやりたい放題やってました。

皆さん椅子にしっかり座って暗記ものやってますか?

僕は246の歩道歩き回りながらやってました。覚えて、たそがれて、覚えて、たそがれて、グミ食べて、覚えて、たそがれてを繰り返していました。公園のベンチで一日中小論文の本を読んだりもしました。資料集の絵を細かく書き写したり、自分でキャラクターを作って物質名を当てはめたりもしました。

自分周りとは違うだろ?というアピールをしたいのではありません。

ここで言いたいのは、

 

 

成功法は

 

 

だということです。

 

「みんながいいと言っているから」

「みんなやってるから」

は自分に合う確率が高いだけで必ずしも自分に合っているとは限りません。

 

周りに比べれば少し効率が悪いが自分に合っている。

誰もやってないけど自分はこれがいい。

 そう思う勉強法、生活習慣を身につけてください。

 

しかし頑固にはならないでください。時には効率を優先させたり、取捨選択を強いられたりする時があります。

他人のアドバイスのいいところを取り入れる柔軟さも持ってください。

 

受験は学力だけでなく賢い奴が勝ちます。

そのための情報収集、分析を惜しまないでください。

 

みなさんが賢い選択ができるよう、僕たちは全力でサポートします!

 

僕のブログでは後半に自分の受験珍事件記を書きます。ヨッカッタラヨンデーネ

 

〜〜〜〜第1話:『変化球』〜〜〜〜

(AO前編)

前回のブログでも触れた通り僕は東京海洋大学のAOを経験している。

一次試験は小論文。二次試験は聴講論文面接だ。

 

10月下旬に迎えた一次試験当日

 

容赦なく襲いかかる満員電車の重圧に果敢に抵抗し、品川駅に上陸。

一次突破は21名。当日の試験者は140名ちょっと、倍率は約7倍

しかし臆することはなかった小論文は得意であり、熱意は誰よりもある・・・

 

 

と思っていた自分が馬鹿だった。

 

 

自分の席についてあたりを軽く見回す。

すると前の男性は筆箱にフグの缶バッチ、隣の女性はサンゴの髪ゴム、 

 

 

「負けた・・・」

 

 

瞬時にそう悟った。

そして申し訳なさそうにブラックサンダー を口へと運んだ。

 

「こんなことならさかなクンの帽子でもかぶってくるんだった」

 

時すでに遅し

 

それに周りの様子がおかしい

一次試験科目は小論文1小論文2、それだけだ。

しかし周囲の人間はなぜか英語の単語帳やIA IIBチャートを眺めている。

 

 

「アホやん」

 

 

そう思いながら自分の持ってきた小論文の本を眺めた。

 

身長190越えの試験官2人によって問題が配られ始める。

 

 

なにやら解答用紙の様子がおかしい。

 

 

試験開始の合図の直後唖然とした。

英語の長文確立の証明、さらには化学の現象説明問題、ラストに小論文。

 

 

「・・・(╹◡╹)」

 

 

笑うしかなかった。

 

英語、化学、数学なんて聞いてない、ましてや確立の証明なんて・・・

五分ほどボーっとした後問題を解き始めた。

そして一次試験前半戦終了。後半戦はオール小論文だった。

海洋の変化球になんとか対応し一次試験は無事突破したのだった。

次回:『お前ちゃう!』(AO後編)

 

長くなってごめんなさい。明日はユウマさんのブログです!ユウマさんを一言で表すと「オモロイ」

読んでね!

2019年 5月 30日 まきなのぶっちゃけ

こんにちは!

慶應義塾大学 文学部のクラノマキナです!(同期の藤本大先生と同じ学部ですが、私は未だに彼を大学で見かけたことがありません。)

5月ももう終わるんですね。。。
大学生になってから信じられない速さで時間が流れています

部活も決まりやっと大学生活にも少しずつ慣れてきました。
大学生時間めっちゃあるよと聞いていましたが、そんなことみじんも感じないくらい時間がないです(笑)
スケジュール管理徹底していきたいですね。受験期のように。

 

昨日のブログは皆さん読みましたか?
昨日の担当、ゆい先生とは小・中・高一緒なんです!
いつも元気で面白い、ダントツ話しやすい先生なのでは?

マスター、私は逆に、全然やらなくて本当に後悔した勢です。
上級英単語、本当に早くやった方がいいですよ、まじで…

ぜひまだ読んでない人は読んでみてください!

私も今回のブログでは「受験期のぶっちゃけ話」を書いていきたいと思うのですが。。

本当に思いつきません(笑)

他の助手のぶっちゃけが結構面白くて焦ってます。

 

数で攻める??笑
2つぶっちゃける????笑
そうします。

 

私は…ぶっちゃけ…

 

「超夜型」でした。

分かってはいるんです。勉強は朝型のがいいって。

けど、朝になれてなくて結局眠くてできないなら、夜の脳みそ覚醒してるときにやった方が絶対よくない?と、思っています笑

 

さすがに試験近くなってきたら、朝型にシフトした方がいいですよ!

あ、あと、夏休みめっちゃ朝型にしてました。

結局人間、やろうと思えばやれるもんです。
やろうという意志さえ強けりゃ、本当におきたいなら、朝起きれるはずです!

 

二つ目のぶっちゃけ…

実は…

 

私は…

第一志望の過去問を解くのが好きでした!

(うわぁ〜て思った人いるよね、ごめん)

 

過去問って聞くと、皆さん「難しそう…」とか「大変そう…」とかネガティブなイメージをもちがちなんじゃないかなと思います。

実際私も、最初はそうでした。とけないのも怖いし、できないし。

  • ただ、「過去問は大学からのラブレター」といわれることがあります。
    大学は過去問を通して、どんな学生を求めているのか伝えようとしてきます。
    たとえば経済学部だと「ある発明家が成功したのには経済学的なストラテジーがあった」的な話は本当に鉄板です(笑)

 

正直私は、面白いと思えたことはほとんどありませんでした。難しいし(笑)
ただその中で、慶応文学部の英語や小論文の課題文だけは毎回すごい面白く感じていました。
英語だと例えば、「人はなぜ笑顔をつくるのか」とか。
「中世においてすたれていった入浴文化」とか。どこにも「文学部らしい」要素が見当たりませんが…(笑)社会学的要素が強い年でした。テルマエロマエって覚えてますか?あの映画が公開された年です。(笑)

「友情についての考察」というテーマの年もありました。
これ個人的にすごい思い入れがあって…
これ解いた時期すごい病み散らかしてて、そんな時に下の英文に出会いました。

「what would be the point of treating one’s friend as one does oneself if one doesn’t love oneself to begin with?」
―もしあなたが、そもそも自分のことを愛していないのならば、自分の友人を自分自身のように扱うことにいったい何の意味があるのだろうか?

これ読んだとき、本当に自習室で泣きそうになりました。
受験期はたとえ周りからプレッシャーを与えられなくたって、自分で自分に厳しくなりすぎることが多々あります。
周りを大切にするには、まず自分を大切にしなくてはいけない。それを受験生に対して読ませてくる大学の感性にグッときました。(笑)

「正しい綴りの持つ意味」というテーマの年もありました。文学部がですよ?(笑)
(英作で綴りミスったら減点する癖に(笑))
「難しい綴りを覚えてることが本物の知性なんだろうか?」という内容でした。
歴史に名を刻む天才作家たちも実は綴りに弱かったとか。

小論文の課題文も面白いです。
「中動態という考え方」というテーマとか。

拳銃で脅され「金を出せ」と迫られた人が恐怖のあまりお金を差し出す。
別に暴力を振るわれたわけではない。ならこれは、自発的な行為なのでしょうか。

昔からこういう変なことをよく考えてたので、知識人たちの綴る言葉に感銘を受けたり時にこの社会の残酷さに絶望したり、個人的に好きな時間でした。

私が受けた2019年度は「能力主義とはなんなのか、その評価にどれだけの価値があるのか」
というテーマでした。
「能力主義」に使われる基準とは社会全体が自然と定めていく暗黙の基準であり、それを形にするために、能力試験が課される。ただその試験ではかろうとする能力がその人の能力を本当に測れるかわからない。
しかも、特に日本では、一度乗せられたその人の能力階級から昇格する機会はほとんど得られない。

こんな内容を、能力主義のど真ん中「受験」にいる私たちに読ませ、能力主義が正しいものなのか問うてくる大学…良い…(笑)

 

あくまでこれは、慶応文学部の一例であって、それぞれの大学にそれぞれの特徴があると思います。

 

「どこの大学に行くのか、ではなくて、大学で何をするのか、が問題だ」とよく言われますが、私はその通りだと思います。
そこで何を学びたいのか。そこで出会い、ともに学びを得ていく仲間にどんな刺激を得ていくのか。
その判断基準の一つに、過去問は使えるんじゃないかな、と個人的には思っています。

これからみなさんどんどん過去問を解いていくと思いますが、その問題を大学はどうして選んだのかな、とか考えてみるのもいいかもしれません。

 

明日のブログは同期の野口智裕くんです!
見た目とのギャップが半端ない人だと思います。最初怖そうだと思ってたけど、ほんとにただやばい人でした(笑)
あ、マフラーまくのが異様にうまいです。今年の冬教えてもらおうと思います。

たぶん今世紀最高に面白いブログになると思うので、楽しみにしててください!
では!

一年担任助手 蔵野マキナ


2019年 5月 29日 斉藤だよ!!!

こんにちは!

國學院大學経済学部2年斉藤結衣です

(よく齋藤、斎藤とみんな難しくしてくれるのですが斉藤です、、、!)

 

昨日の豊岡恵先生のブログはもちろん読みましたよね?!

今までに見たこともないようなブログで

めちゃくちゃに面白かったですね^^

 

とそんなところで

私も受験生の時のぶっちゃけ話

しちゃおうかな~と思います

(受験生だったのが一昨年って老いを感じますね、、、、)

 

 

私受験生の時ぶちゃけ

それは、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

本当にマスターばっかりやっていました!!

(自分が受験生の頃のマスターランキング)

この写真は今の時期よりも少し遅いですが

今の時期もこのくらいやってました!

 

私の担当になったことがある人はわかると思いますが

会うたびマスターやってるか聞いてくるんですよね

斉藤結衣って女は、、、

 

でもそれは、自分自身も周りにいた受験生も

マスターで英語力がついた人

が実際にたくさんいたんです

 

だからマスターをやってほしいって言ってるんです!!!!!!!

 

 

人によってレベルはそれぞれだとは思いますが

‘‘マスターのセンター1800を1800個すべてすらすらと意味が出てくる‘‘

なんて人は今はごくわずかだと思います

 

英語の長文を解くとき

1つの単語の意味を考えるのに30秒かけてたら

どうなっちゃいますか?

 

単語を見て0.5秒で意味が出てこなきゃ

覚えていないことと同じなんです!!!

 

だから今文法のマスターを進めているそこのあなたも

マスター全部完全習得して放置しているあなたも

今すぐにセンター1800のマスター復習を始めてみませんか?

正直センター1800レベルの単語がしっかりしてないのに

難しい単語帳とかにいっても

基礎ができてなくて長文全然読めない

みたいなことになりかねません

 

マスターは高速マスターという何の通り

10分で100個も単語の復習ができちゃうのですよ

こんなにいいツール他にはないと思います!!

学校の行きかえり

校舎に来てから最初の10分間

お風呂に使っているとき

少しの行動をマスターをやることに変えるだけでいいんです!!!

 

また高1,2生こそマスターは

一番くらいに使ってほしい東進のツールです!!

 

英語の基礎を早く固めることこそ受験への勝利の道です

 

久しぶりに熱く語ってしまったブログとなりましたが

これを読んだ東進生は

私にマスターやってるか聞かれる前に

言いに来るくらいの勢いで

マスターじゃんじゃんやっちゃってくださいな!!!

 

 

そして明日のブログは

私と小、中、高校同じ

家まで徒歩10分圏内の

慶應大学1年蔵野蒔奈先生のブログです!!

市ヶ尾高校から慶應行っちゃう先生には

きっとかなりのぶっちゃけ話があることでしょう!?

 

皆さんお楽しみに~

 

担任助手2年 斉藤結衣

2019年 5月 28日 ぶっちゃけ話…??

こんにちは!

最近、馬に乗れるようになってきた
麻布大学獣医学科一年の豊岡恵です。
 
 
 
昨日のブログは初の試みである
対談形式でしたね!!
私は個人的に対談形式が大好きなので
普段のブログより
断然面白かったです!!!
先週から新たなGMTが始まりましたが、
他のGMTがどんな話をしているのかちょっと気になりませんか…??
そういえば、昨日のテーマはGMTだったような…???まだ見てない子は内容も
形式にも注目しながら
ぜひぜひチェックしてみてねー!!
 
 
今月は担任助手の
受験期のぶっちゃけ話
がテーマということで
私も少し考えてみたんですが、
意外とないものですね・・・
じゃあ無しで!ともいかないので、
今回は「鉛筆の握りかた」について
書こうと思います。
 
いや小学生か!!
 
と思う人も多いと思いますが、
私が受験期に入って
一番最初に苦労したのが
この「鉛筆の握りかた」でした。
 
ちなみに皆さんはどれくらいの人が正しく鉛筆を握れてる
と思いますか?
50%?30%?いやいやもっと少なくて20%?
 
実は…
高校生、大学生であっても鉛筆を正しく握れている人の割合はなんと!!
 
 
驚異の10%以下なんです!!!!ビックリ!!
「青少年の生きる力を育むための総合的調査研究」文部科学省(1998)より
身近な人を10人あげてみてください。この調査だとその10人に1人しか正しく鉛筆を握ってない訳です。
そう考えると少し気になって来ませんか???
先ほど私は受験期にはいって最初に苦労したのがコレ!と書きましたが、
具体的には何に苦労したのかというと、
手の痛みです。
6月に部活を引退して
一気に勉強量が増えたとき
私の右手に異変が起こりました・・・
正しくない持ちかたで
長時間ペンを持ちつずけた結果、
薬指の付け根あたりがどんどん痛くなって夕方には握るだけで
痛いと思うようになりました。
この際両効きになってやれ!!と思って左手で書く練習もしたのですが、
普通に考えて一番手っ取り早かったのは「握りかたを変える」ことでした。
そもそも受験勉強なんて楽しくない時の方が多いのに痛みまで伴ってきたりしたら最悪ですよね…
ということで、
 
今更聞けない!
鉛筆の握りかた講座!!
鉛筆の正しい持ちかたについて調べていたら、正しい持ちかたの定義を見つけました。
五本の指の関節(15カ所)と、手首の関節を」自由に屈伸、屈折することができ、
手と腕に余計な力が動くことなく、筆記用具を自在に動かしてあらゆる基本線を思うようにか書ける持ち方
とのことです。 
 
いやわからん!!!!!
 
 
という声が聞こえてきそうなので、簡単なポイントも書いておきます。
 
①鉛筆は親指、人差し指、中指の三本で軽くもつ
②鉛筆は人差し指に沿わせるように持ち、他の指はふんわり閉じる
③鉛筆の角度は横から見て60度くらい
ちなみに私は①の時点でアウトでした…
皆さんはどうだったでしょうか?
鉛筆は正しく握れると
本当に疲れにくいですし見た目も綺麗です。もうメリットしかない!!!
まだ高1、2であっても早く治すことに越したことはないので
ぜひ今日から少し気にしてみてください!
 
明日のブログはめちゃくちゃ話しやすくて頼りになる担任助手2年の斎藤結衣さんです!!
お楽しみに〜!!