ブログ | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ 

2019年 3月 2日 受験を終えた者たちへ。高井より告ぐ。

こんにちは。

慶應義塾大学総合政策学部1年の

高井涼史です。

 

 

今回の高井のブログは「受験」

についてです。

ハハハ、東進のブログは

いつも受験の話じゃないか、

という方は過去の高井のブログを

遡ってみてくださいね。

 

 

さて、なぜこのタイミングで

「受験」について

書こうと考えたかというと、

今年度の受験生たちの受験が

ほとんど終わったからにあります。

 

 

他の担任助手たちが、

これから受験まで1年とない

新高校3年生に対して、

再三再四、

早期スタートしたほうがいい

ということをブログで書いてくれているので、

あえて受験を終えたばかりの

卒業生に向けての

メッセージを届けようという魂胆です。

 

 

受験をこれからの人生に活かそう

と考える人だけ読んでください。

また、まだ受験が終わっていない人や

精神的に安定していない人は

全てが終わってから

読むことをお勧めします。

 

 

受験を終えた生徒はみんな

それぞれの表情をしています。

結果の良し悪しに関わらず、

何か重圧から解放されたような顔は

なんとも形容しがたいものがあります。

戦に向かう時の武士のような顔を

みんながしていたのが遠い過去のようです。

 

 

さて、思いに耽っていますが、

本題に入ります。

「もっと早く勉強を

始めておけばよかった」

この言葉は何度か

今年度既に耳にしています。

これから受験学年になる人たちは、

この言葉を言わないで受験を終えることに

越したことはないので

頑張ってくださいね。

 

 

ただ、僕はこの言葉は「受験」という

またとない経験をしたのにも関わらず、

その経験を次に活かせないんだろうな

と思ってしまいます。

(自分の生徒には思うだけでなく

伝えもしていますが笑)

これはどういうことなのかを

少しだけ説明します。

 

 

まず、大前提として、

学歴は多少のファッションにはなるが、

その人自身を表さない

ということが重要です。

 

 

簡単にいうと、

進学した大学でどういう

人間になれるか

が大事ということです。

これに関してどういうことか

わからない人は

青葉台校の担任助手に

聞いてみてください。

 

 

その上で、

この受験を通して何を学べた

そして

何を学ぼうとするか

が重要です。

 

 

もちろん、第1志望校に進学したい

という思いを持って長い時間

勉強を重ねてきたと思います。

だからこそ、

受験本番では緊張するし、

受験の結果が良ければ歓喜するし、

受験の結果が悪ければ落胆します。

それもまた受験の醍醐味

ということができます。

 

 

自分の代で出題された問題の相性や

体調など様々な要因が絡む受験では、

どうしてもご縁という言葉でしか

表せないこともたくさんあります。

だからこそ、

自分ができる範囲で学ぶこと

が大事です。

 

 

少々、間の説明が長くなって

しまいましたが、

「もっと早く勉強を

始めておけばよかった」

についてに戻ります。

 

 

では、どのように受験を振り返る

のが良いのでしょうか。

僕は、

自分の勉強を

どのようにすれば

もっとよかったかを

考えることが

受験を次に

活かせる経験にする

と考えています

当然、勉強を始める時期が

極端に遅かったり、

勉強できたはずの期間を

ドブに捨てた場合は例外ですが。

 

 

僕たちは周知の事実ですが、

今という瞬間を生きています。

部活があって受験勉強ができないことや

学校の定期試験があって

受験勉強できないことなど

様々なケースがあると思います。

ですが、その瞬間瞬間では

自分がしたいことを

全うしているはず

です。

その時の自分を責めることは

今の瞬間からはできません。

 

 

そして受験というものにおいては

最も顕著に現れるものなのですが、

先に書いたように大学受験は

大学に入ることだけが

目的ではありません。

「もっと早く勉強を

始めておけばよかった」

という人、そこだけが

後悔なのであれば、

極端な話10年前から

受験のことだけを考えて

過ごしていれば受かったと思いますか。

そういうことです。

 

 

だからこそ、次にこの経験を

活かすためには、

この戦いを通して自分という人間が

どのような人間なのかを考えてみたり、

自分にとって最もしやすい努力のあり方は

何なのかを突き詰めてみたり、

実体験としてどのようなものが

効率的なものであるか

を考えてみたりすることが必要なのです。

 

 

なるほど、ではどのような項目に基づいて

「受験」を考えるのが

将来に役立ちますか、と。

 

 

この答えはそれぞれにあるはずですから

探してみてくださいね。

あ、もちろん、早期スタートだけが

足りなかったものという人が

居てもいいと思います。

 

 

ただそこにすぐ

見えているものだけを

答えをしない

ことが大切です。

 

 

答えを求める癖が受験で

ついていると思うので、

これからの人生では

そう答えが

出ないこともたくさんある

ということに注意してください。

(急に現れる村の長老感)

 

 

長くなってしまいましたが、以上です。

このブログを読んだ人の人生が

良きものにならんことを。

 

 

担任助手1年 高井涼史

 


 

2019年 3月 1日 高校三年生へ

こんばんは!

慶應義塾大学経済学部3年

佐藤圭一郎です。

 

受験も終えた人が多いころと思います。

国立後期に向けて、

一生懸命に勉強を続けている人もいると思います。

 

僕からは、

もうすぐ22歳になり、

就職活動が現在進行中の身として、一言。

進路で迷っているみんなへ

 

「人生は肩書きじゃない。

どういう人間で、何ができるかが大切」

 

これを伝えたいです。

僕も高校生の頃は、

肩書きにとりつかれていました。

 

慶應ってかっこいいな…

体育会ってかっこいいな…

モテるのかな…

就活有利かな…

 

きっぱり言います、

全くそんなことありません。

 

まず、良い大学に受かったとしても、

その人が大学の四年間でやったことが

くだらなければ、その先もくだらない人生になります。

逆も同様。

どんなに偏差値の低い大学に行ったとしても、

自分で考え、行動し、成長を求められる人は、

どこからも重宝されます。

就活でも、

そもそも大学名を聞かれない企業だってあります。

 

モテたい男子へ。

大学名ではモテません。

どんなに面白い人間か、

どんなにかっこいい人間かで、

人は人を評価します。

もし東大生や慶應生がモテてたとしても、

それはその人が好きなのではなく、

その人の学歴が好きなだけです。

そんなにむなしいことはありません。

 

要は、人生で大切なのはこれから。

大学受験は、今後自分がレベルアップをするための、

大学という初期段階の環境を選ぶだけの行為です。

 

どこの大学に行くかより、

四年間をどう過ごすかで悩んでください。

その方が、この先の人生、

何倍も面白くなり、

何倍もかっこいい大人になれると思います。

 

以上、21歳8か月からでした。

 

担任助手三年 佐藤圭一郎

 

 


 

 

2019年 2月 28日 受験生と新しい受験生へ

こんにちは。横浜市大医学科一年の近藤です。

今回は今まさに受験生のみんなと、

4月から本当の受験生になる皆にお話ししたいと思います。

とりあえず国公立二次次試験お疲れ様でした。

色々な思いがあると思いますが、

皆さんは全力で頑張りました。

その事実だけは確かです。

後は結果を待つだけです。

そして後期受験が残っている人は

もうひと頑張りです。

周りが遊び始めていてつらいと思いますが、

ここが頑張りどきです。

ここであきらめてしまう人はたくさんいます。

ここで踏ん張ることが出来れば、

十分逆転勝利が可能です。

 

ここからは4月から受験生になる人へのお話です。

だから受験が終わった人は読まないでね!(笑)

みんな!今がチャンスだ!

浪人を決めた人たちは一年間全力で頑張ってきました!

だから3月はみんな遊びます!

そう!浪人生の実力が止まっている間に一気に差を埋めるチャンスです!

3月丸々頑張ることが出来れば夏休み分くらいの勉強量を確保することだってできます!

だから早期スタート!(もう早期とは言えないかもしれませんが)

が大事です!

3月で浪人生にも他の受験生にも一気に差を付けよう!!!


2019年 2月 27日 今日はきゅうりの話をしよう。

担任助手1年の大岩優斗です。
蕎麦屋でこのブログを書いています笑
この店の常連です笑


昨日で国公立の入試が終わりました。
つまり、青葉台校の生徒全員が
第一志望校の受験を終えたということ。
ほんとうに、おつかれさまでした。
一方で、現高2。いや、新高3生は
校舎に来る先輩の数が減ってきて、
次はいよいよ自分たちが受験生だ
という実感が湧いてきているのでは
ないでしょうか。


受験生になるということは
指定席ができるということです。

首をかしげずに、
ここで折れずに最後まで
ついてきてください!笑


平日は放課後すぐに校舎に来る。
土日は開館から朝登校する。
こうして、一人一人の指定席が
徐々に確定していく。
先輩が卒業していっている今、
スタートを切れば、
春休みには自ずと指定席が
確保されていることでしょう。
注文していた上せいろと天丼が到着。


先日、神奈川県立高校の入試休み期間に
モニコ10という試作が実施され、
少なくとも、朝登校というものが
頭の片隅にでもインプットされた
はずです。自分もそうだったのですが、
特に部活生は周りに比べて
勉強に費やせる時間が少ないです。
部活が昼からなら、朝登校して、
部活に行って、夜再び登校する。
これを、「ブカツサンド」と
呼ばずして何と呼べば
いいのでしょうか。


そういえば、私は野菜の中でも
特にきゅうりが好きなのですが、
きゅうりってかわいそう
そう思ったことはありませんか?
例えば、ハムサンド。
コンビニにも売ってるサンドイッチの
定番メニューですよね。
みなさん無意識のうちに
ハムサンドを食べていると思いますが
実はハムサンドってきゅうりも
入ってますよね。なのに名前は
ハムサンド。主役のハムが大々的に
名前に載るのはわかります。
でも、2番手のきゅうりが、
言うなれば、ヒロインのきゅうりも
名前に入れてもいいいと思うんです。
また、かっぱ巻きなんてもう…
あんなのきゅうりの末路ですよ。
主役張ってるきゅうりの名前すら
使われず、ましてや、架空のきゅうり
大好き妖怪が堂々のランクイン。
理不尽なものです。


食べ物の話をしていたら、
どうやら、食欲が湧いてきました。
食欲といえばパーキングエリアです。
長距離移動のあいだに寄る
パーキングエリアには、
人間の何かを開放させる力がある
と思う。私の場合、その「何か」に
当てはまるものが食欲となる。
ホットスナックに魅力感じがち。
スタバあったら絶対買っちゃうし。


さーて、みなさん!いよいよ、
終わり方に迷走してまいりました。
ブログって難しいですね。
ちょっと笑いを取りにいくブログ
真面目系ブログ
みんなのそばで寄り添うタイプのブログ
担任助手の性格・タイプがモロに出ます
ん?みんなのそばで?そ、ば?
あーあ、自分が今どこにいるのか
思い出しました。蕎麦屋でした。
食に関する話を書いてしまったのも
そのせいろかもしれません。
とか言っちゃって笑
あ、ちなみに今座ってる席は
この店に来たら俺が必ず座る
指定席なんです笑
見事に伏線を回収できたところで、
問題です。


長さが約35キロの野菜はなんでしょう。
答えはタイトルになってたりして笑


さーて、明日のブログは近藤さん!
意味のある読後感の良いブログを
期待しましょう。


では、おあとがよろしいようで。

担任助手1年 大岩 優斗


 

 

2019年 2月 26日 まだ、終わってない。

みなさんこんにちは!

電気通信大学一年の

南雲拓真です!

 

今日は国公立二次試験の

二日目ですね。

私も去年は東京工業大学を

前期日程で受けたので、

二日目の試験のキツさは

とてもわかります。

多くの受験生が受験を終える中、

ここまで頑張っているみんなは

本当にすごいと思います。

 

また国公立志望の人の中には

後期日程まで

視野に入れている人も

いると思います。

なので今日は

後期日程で合格した私から

話せることを話そうと思います。

 

まず僕の経験を話すと、

正直前期試験が終わった後、

完全に

集中が切れてしまいました。

高校2年生の時から

東工大を第一志望として

勉強してきたのに、

その試験が一年前の今日、

終わってしまったからです。

正直少し遊んで

しまったりもしました(笑)

 

そして運命の3月8日、

東工大の不合格が分かった時、

ハッと目が覚めました。

「国公立に行けない」

その言葉が脳裏に

よぎりました。

 

そこから4日間、

急いで電通大の過去問を解き、

三年分を三日で終わらせ、

なんとか試験の感覚を

取り戻して

合格することができました。

 

これは私が後期でレベルを

少し下げたこと、

元担任助手の大西さんに

センターをちゃんとやるように

指導されていたからこそ

実現できたことだと

思っています。

 

これからの勉強は、

とても、大変です。

いよいよ大半の人が

試験を終え、

一緒に勉強する人は

少なくなっていきます。

 

こういう時にできることは、

勉強する環境を

前期試験までと変えること、

後期試験の試験時間を

より強く意識しながら

勉強すること

です。

 

これまで継続して勉強してきた

みんななら大丈夫。

最後まで全力でやってこそ

本当に受験というものに

価値が出てくるんだと思います。

絶対に諦めないで。

信じて戦い抜こう。

私たちは君たちの努力を、

信じています。

 

担任助手一年 南雲拓真

 


過去の記事