11月 | 2018 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ 2018年11月の記事一覧

2018年 11月 4日 TPO。型破り。自分。

こんにちは。
慶應義塾大学総合政策学部1年の高井涼史です。

TPO
それは社会において重んじられるものを
もっとも端的に表したものの1つです。

友達との約束の時間に遅れて嫌な顔をされること。
教室でキャッチボールをして先生に注意されること。
お葬式で笑顔の人がいないこと。
以上に挙げたようなことはTPOをないがしろに
したことによって起こっていると言えます。

ですが、このTPOから少し外れた行動をすると、
他者によって認識されることができます。

「不良」というのはいい例かもしれません。
不良もののドラマはよくあると思いますが、
すべての先生が全校生徒を
覚えているわけでは在りません。
ですが、ある不良のことを学校中の先生は知っています。
ここでこの設定に違和感を覚える人はいないでしょう。
そういうことです。

社会という構成員同士が再帰的に行動を
規定し合っている共同体においては、
期待される行動と異なる行動する者は、
社会に認識され場合によっては排除されるのです。

ここで興味深いのは、この期待される行動と異なる行動も
社会の中の再帰性の中に組み込まれているため、
何らかの形で社会に影響を与えることができる点です。
これ以上の深さは筋違いですね。自粛します。

話を戻すと、TPOをある程度以上外れること、
いわゆる「型破り」はその主体をその人たらしめる
概念になりうるのです。

不良もののドラマで、
「本当は寂しかっただけでしょう?」
と説得されるシーンが鉄板とされるのも納得です。

自分を自分として確立できない人が「悪いこと」を
することによって認識されようとするのは
社会的に合理的であるという側面を持っているとも言えます。

では、自分を自分たらしめるためには「悪いこと」を
すべきなのでしょうか。否。

他にもたくさん手段があります。
もとはといえば、そもそも自分は自分しかいません。
無理にアピールしなくても良いということです。

ただ、
この「TPO」にこれ投稿することは「型破り」で、
「自分」を作るために結局は必死なんだな。
そんな感想を自分で持つのはなかなかに興味深い事象です。

高井はいつも受験に関係ない話をブログに書くんだな、
と漠然と考えているようではいけません。
自分に必要な情報を抽出することが、
実は一番大事であることが多いです。

このブログを読んだことが
あなたにとって良きものであらんことを。

P.S.
「型破り」は「型」を知ってはじめてできるものです。
常識を知るものしか常識は破れません。
本質はこれに近いところにあるはずです。
日々精進。

担任助手1年 高井涼史

2018年 11月 3日 いちだいじ!

模試お疲れ様でした。

立教大学社会学部1年の佐野理奈です。


今までのブログでも模試のことが

書いてあったと思いますが、
出た結果を正直に受け止め、

自分のやることをまた見つめ直して

本番のセンターや

次の目標まで頑張ってください!

成績が伸び悩んでしまった人も

成績が伸びた人も

残された時間は一緒です。

もう突っ走っていくしかないと

いうことも確かだと思います。

わたしも担任助手みんなも

受け入れ態勢150%の状態で

いるのでお役に立てることがあったら

全力で助けに入るのでなにかあったら

相談してください(´∀`)

今回はこれからの受験勉強にあたって

頭の片隅に置いておいてほしい

体調管理のことを話したいと思います。
みなさん体調管理には気をつけていますか?
これからどんどん肌寒くなり

インフルも風邪も菌という菌が

蔓延する季節に入っていきます。

勉強に没頭すればするほど

他のものに気が回らなくなりがちです。
特に体調は頑張っていると

気づかないうちに壊すことが多い。
それは頑張っているから

体調面に意識がいかず

気持ちの面では闘争心メラメラだけど

体力的には限界を迎えていた

なんてこともあるはずです。
もちろん勉強に没頭しなければならない

時期だし、やるしかないです。
でも無理して体調を壊すと

元も子もありません。
せっかく頑張れる1週間を

寝て過ごさなければならなくなると

せっかく築きあげた基礎力や応用力も

元どおりになって戻るまで

また時間がかかります。
だから体調管理を気をつけることを

頭の片隅に置いておいて欲しいです。
間違っても立て続けに

徹夜なんてしちゃダメです、

受験は長期戦ってことを忘れないでください。

もう気をつけながらやっている人には

余計なお世話な内容でしたが

頭の片隅で自分なりに

体調も気遣っていこう!

 

p.s インフルの注射受けようと

思って受けてない人は

そろそろ受けるころです!

わたしは精神安定剤みたいな

意味で2回受けました。

 

担任助手1年 佐野理奈


2018年 11月 2日 ふかいいはなし

気温の急激な変化にやられて体調を崩している

東京理科大学1年の大岩優斗です。

みなさんも体調管理には気を付けて!

さて、この時期にブログが回ってきたということは

10月の全国統一高校生テストについて触れろ~

ってことかなと思ったので話題はこれで行きますね。

キャラに合わずに深イイ話を狙って書いてみます。

 

まずは、みなさんお疲れ様でした。

結果がよかった、つまり、自分が目標に掲げた点数を

取ることができた人は自分をめっちゃほめてあげて下さい。

そして、そのあとでもう少し点数を伸ばせなかったか、

正解だった問題も自分の考え方が正しいものであったかなどを

しっかり分析して現状に満足せず、

さらなる高みを目指して勉強していこう。

 

結果が芳しくなかった、凡ミスが目立ってしまった人は

悔しい気持ちだったり、やるせない感じがしたり、

もう受験なんてやだーって思っちゃう人もいるでしょう。

でも、よく考えてみて。

こういう気持ちは、この10月の模試にむけて、

努力を重ねてきたからこそ感じられるものです。

今回結果が良くなかったからって別にいいじゃん

最後に本番で納得のいく点数が取れればそれで。

途中で逃げ出すのなんて、いちばんださい。

ここでふんばれるかどうかが試されてるんじゃないの。

ひとりで抱え込まなくても

担任の先生とか、それこそグループミーティングのメンバーだって

いくらでも相談してもいい。

そりゃ、最後はじぶんとのたたかい

だけど、

そこに行くまではみんなで一緒でもいいんじゃないかな。

青葉台校は一つのチームです。

チーム青葉台です。

ひとりひとりの意識で

おのずと

チームの空気も変わってくる。

苦しい時が伸びる時、やるならいましかない

 

どうだったでしょうか。

不快い話になってなかったらいいのですが、、、

担任助手一年 大岩優斗


 

2018年 11月 1日 連想ゲーム

みなさんこんにちは!
立教大学社会学部4年、近内健太です。

いよいよ11月の始まりですね。
ブログを書くにあたり、
11月って何があったかなと考えたところ、
なぜか一番に霜月騒動が思い浮かびました。
(ちなみに2番目はロシアの10月革命、11月革命ともいいますよね、たしか。)

何言ってんだこの人…
ってなるかもしれませんが、
ブログを読んでくれた人はこれをきっかけに
そのあたりの復習でもしてみてください(笑)

よく分からない冒頭でしたが、
近内はわりと日頃から
そんなことを考えています。

何かしらのキーワードから、
自分の知識を連想していく遊びです。

たとえば近内の目前には今
ティッシュがありますが、
これを無理やり日本史につなげて
連想してみましょう。

一番に思いつくのは
オイルショック(第一次石油危機)ですかね。

きっかけは第4次中東戦争、
年号は1979年、あれ?総理だれだ?
と、どこかで限界が来たり、
何でこれ起きたんだっけ?
その後どんな影響が出たっけ?
とか、色々疑問が浮かびます。

そしたらそれを調べる!
すると、いい感じに勉強になります。

ティッシュ→紙の連想で、
紙の関連とかでもいいですね。

日本史なら江戸時代の紙の特産品。
越前とか美濃とか。
同時代、他の商品作物としては、
出羽の紅花とか、阿波の藍玉

じゃあ、それらを育てるための
肥料は?農機具は?

江戸より前の時代は?
商売の形態は?
関わっていたのはどんな人?

なーんて考えていけば、
立派なテーマ史の勉強です。

近内が日本史を使った人なので、
例えが日本史になりましたが、
他の科目や、大学の勉強でも、
こういう好奇心は大切だと思います。

暇なときWikipediaで見た記事から、
関連する記事にひたすら飛び続けたり、
気になるテーマがあれば、
関係するものを調べたり、
そんなことをするのが近内は好きです。

なんというか、まとまりのない文章に
なってしまいましたが、
皆さんも色んなことに興味を持って、
楽しんで勉強をしてくださいね。