ブログ | 東進ハイスクール 青葉台校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ 2021年05月の記事一覧

2021年 5月 31日 明日から6月!

皆さんこんにちは、担任助手一年の中島 悠です!

昨日の森先生のブログは読みましたか。

大学生になった森先生の決断、選択についてのお話でした。

高校生の皆さんにもためになるお話なのでぜひ読んでくださいね!!!

 

さて、今回のテーマは「大学生になって」ですね。

大学生になって、もうすぐ二か月になります。

大学にはあまり通えていませんが、バイトで同世代の知り合いができましたし、オンライン授業には利点がたくさんあることに気づいて、楽しく過ごすことができました。

そこで今回は、私が思うオンライン授業の良さをお伝えしたいと思います!!!

 

①通学時間が無くなる

実は、私の家から大学までは二時間くらいかかります。一日四時間節約できるのは大きいです。

(学内アンケートで、片道四時間かかるという人がいました…!)

 

②遠いキャンパスの教授の授業が受けられる

私の通う理科大には、実は北海道に長万部キャンパスがあります。

オンラインになったことで、関東にいる学生も北海道にいる教授の授業を受けられるようになりました。

 

③授業を何度でも見られる

オンライン授業では、先生方が動画をあげてくださったり、zoomを録画してアップしてくださったりするので、何度でも授業を見ることができます。

東進の映像授業と同じで、先生の話すスピードに合わせて倍速にしたりもできます。

 

④家にいられる

外出しなくていいのは、とても楽です。

最近は、高校一年生の妹が寝室でオンライン授業を受けているので、八時になると強制退去させられますが、朝に弱いので意外と助かります。

 

以上です!

皆さんも高校生活楽しんでください!

明日からは六月ですね!

次のテーマは何になるのでしょうか。

お楽しみに!

担任助手一年 中島悠

 

 

2021年 5月 30日 「自分で決める」ということ

こんにちは!

担任助手1年の森青花です

昨日の小野寺先生のブログは読まれましたか?

読んでないという方はぜひ読んでみてください!!

 

今回のテーマは「大学生になって、、、」ということですが、

私が大学生になって高校生の時と違うな、と思うのは

選択の自由が大きいということです。

履修も自分で組みますし

(高校生の方はイメージしにくいかもしれませんが時間割を自分で立てる感じです、

興味分野が多くて優柔不断な私には大変でした、、笑)

部活やサークルは入っても入らなくてもいいし

授業も高校みたいに拘束時間が長くないです

こんな風に選択の余地がたくさんあるからこそ

自分なりに色んなことを決めて進んでいける人が大学生活を充実させられるんだろうなと思いますし、

自分自身も決断力を持った人になりたいです

 

話は少し変わってしまいますが、

私は去年の今頃自分で決めた志望校や受験科目に不安を感じていました。

「自分で決める」ということには不安はつきもの

良くも悪くも自分で責任や結果を受け止めるしかない

でも、自分で決めたと感じられることは人に決められるよりよっぽど幸せだと私は思います

もし今自分が決めたことに不安を感じている受験生がいたら、信頼できる人に話してみることをおすすめします

人に話すことで案外冷静になれたり吹っ切れたりすることもあるので

 

また、高1,2生には志作文コンクール「自分で決める」

ことの手助けにしてほしいなと思っています

「自分で決めた」志やその志に至った理由を1200字以上で書くというのはなかなかない機会ですし、

きっと志望校を「自分で決める」上での自分にとっての根拠になると思うので

大変だな、面倒くさいな、と感じるかもしれませんが、ぜひ最後まで挑戦してみてほしいです!

 

明日は中島先生です!中島先生は大学生になって、どんなことを思ったのでしょうか?

お楽しみに!!

担任助手1年 森青花

2021年 5月 29日 自分のキャパを知る

こんにちは!

担任助手1年の小野寺絢香です!

昨日のブログは山中快太先生でした!

まだ読んでいない人は

是非チェックしてみてください…!

 

今回のテーマは

「大学生になって……」です。

 

大学生になってもう少しで2ヶ月

最近の悩みは

時間があるはずなのに

時間がないこと!!

 

入学当初は、

高校生の頃よりもスケジュールに

余裕があると思っていたので

まだ大学に慣れていないうちから

どんどんやりたいことを始めていった結果

 

計画通りに行動するときつい!!

計画通りにいかない!!無理!!

 

と、なることが多々ありました(今も)

あれも楽しそう、これも楽しそう

と、欲張りすぎた自分の責任です……。

 

これまでも色々な方が

ブログで仰っていましたが

 

自己管理

 

本当に大事だなと痛感しています。

 

何も考えずに受け身の状態で

毎日を過ごすのは勿体無いことですが

逆に

自分のキャパを考えずに

沢山のことを詰め込もうとするのも

よくないと学びました。

週間予定立てシートが私にも必要です笑

 

高校生の皆さんは特にこの時期、

定期テスト、学校行事、部活、模試などで

とっっっても忙しいと思います。

 

それでも、大学受験は必ずやってくるので

なんとかなりそうなレベルの無理はして

努力の天井を上げていきたいところですが、

ただがむしゃらに走るだけでは

受験を乗り越える前に

燃え尽きてしまうかもしれません。

なによりも健康優先で、

人と比べるのではなく

自分のキャパに合った努力

地道に重ねていきたいですね!

明日のブログは森青花先生です!

お楽しみに!

担任助手1年 小野寺絢香

 

 

 

 

 

2021年 5月 28日 大学生二ヶ月目

こんにちは!

担任助手1年の山中快太です

 

落合桜先生のブログは読みましたか?

切磋琢磨できる仲間は非常に大事です!皆さんも見つけてください

ちなみに最近は、受験太りを元に戻すためのダイエットをやめたので食欲が戻ってきています(笑)

約10㎏落としました!きつかったです(笑)

 

さて今回のテーマは「大学生になって…」

 

僕は大学生になって自由時間の使い方の難しさに気づきました

 

大学生になったら、「英語が喋れるようになりたい」「何か資格を取得したい」といった夢を漠然と思い浮かべていました。

しかし、一日をグダグダと過ごしてばかりで今のところなにも始められていません(笑)

なぜできていないのか…それは早起きができないからです

早起きすることで自分の時間を作ることができます

僕は自由時間を有効活用できていないどころか、自由時間を睡眠でつぶしていました

そんなことを書きながら今日も昼の12時に起きてしまいました(笑)

明日から早起きできるように頑張ります!!

 

皆さんも大学でやりたいことを今のうちから考えておくと大学選びの参考になるかもしれません

あと僕と一緒に早起きにもチャレンジしてみてください

頑張りましょう!!!!

 

明日は小野寺絢香先生です

大学生になって二か月どんな大学生活を送っているのか気になります

明日もお楽しみに

 

担任助手一年 山中快太

 

 

 

 

                 

2021年 5月 27日 アウェイってだいぶキツイ

こんにちは

 

担任助手1年落合桜です

 

5月後半のブログは

担任助手1年生が

「大学生になって・・・」

というテーマでお送りしています

 

毎日見ていただけていますか?

 

ちなみに

昨日は塚田優羽先生のブログでした

まだの方はぜひ!

 

 

今日は!

テーマはいったんお休みして

皆さんと考えたいことがございます!

最後までお付き合いください

 

 

 

皆さん

今期の人気ドラマ

日曜劇場「ドラゴン桜」

ご存じですか?

 

 

私は毎週見ています!

 

 

観ていない方のために

超簡単に説明すると

 

阿部寛さん演じる

桜木先生という有能弁護士が

「バカとブスこそ東大に行け!」と言って

これまで勉強をしてこなかった生徒たちを

先生流の独特の方法で

東大に合格させようという話です

 

 

桜木先生の言葉や考え方には

受験を終えたばかりの私自身にも

すごく納得できる部分があって

とても面白いのですが

 

 

 

先日放送された5話で

桜木先生は

こんなことをおっしゃっていました

 

 

「例えば

地方の公立校

東大を受ける生徒はせいぜい年に一人いるかどうかだ

そういった生徒は地元の期待を一身に背負い

完全アウェイな状態で東大を受けることになる

それに対し

有名進学校はどうだ

毎年何人もの生徒が一斉に東大を受験する

こいつにできるんだったら自分にもできるはず

そういった意識の中で切磋琢磨し

受験当日には普段から見知った仲間が大勢いる

どっちが有利か

想像しなくてもわかるだろう」

 

 

 

受験は個人戦か

それともチーム戦か

 

なんて議論を聞いたことがあります

 

 

たしかに

 

当日会場で問題を解くのは

自分自身ですし

最終的に向き合うべきは

自分との戦いです

 

 

 

ですが

 

自分との戦いにどう臨むか

自分との戦いをどう乗り越えるか

 

ここでカギを握っているのが

切磋琢磨した仲間の存在

であるということなのではないでしょうか

 

 

桜木先生のこのお話は

 

東大に限らず

どの志望校を目指す人にも

受験に限らず

何かを乗り越えようとしている人にも

 

あてはめることができる考えだと思います

 

 

 

これから先

受験生はあと9か月ほどの間

大学受験という

自分との戦い

向き合うことになります

 

 

学校がない長期休みや直前期など

その多くを

東進で過ごすことになると

思います

 

 

 

 

東進に

切磋琢磨しあえる仲間はいますか?

受験会場で励ましあえる仲間はいますか?

 

 

 

 

東進には

グループミーティングがあります

 

 

グループミーティングは

それぞれ

この生徒同士なら切磋琢磨しあえるだろうと

集められた仲間たちです

 

 

心の内で競い合える

受験会場で熱いハグを交わせる

そんな仲間になってください

 

 

 

もしそれが難しいのであれば

東進に友達を誘ってみてください

 

友達を仲間にしてみてください

 

 

 

 

仲間とともに

自分と戦う

 

チーム戦っぽく

個人戦を乗り越える

 

 

 

これが

受験のカギなのかもしれません

 

 

 

 

 

明日のブログは

「大学生になって・・・」というテーマに戻り

山中快太先生が担当します

 

最近食欲がないらしいですが

何を語ってくれるのか!

乞うご期待!

 

 

担任助手1年 落合桜