9月 | 2019 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ 2019年09月の記事一覧

2019年 9月 30日 担任助手が受験のモチベ!?

こんにちは

明治学院大学2年の深澤圭です。

青葉台校のキン肉マン、深澤マンとのご紹介を頂きましたが、

筋肉自体は圭一郎さんの方があります。脳筋なだけです。

大学生もほとんどが夏休みを終え

久しぶりの90分授業で苦しんでいる時期ですね。

当の私も苦しんでおります・・・

 

さて、昨日のブログは田中先生でしたが、

読んでいただけたでしょうか?

本人は真面目でつまらないと悲観的に捉えていましたが、

真面目なブログもあっていいですよね?

田中先生のブログも読んでください!

 

 

さて、今回のテーマは

「担任助手になったきかっけ」

ということですが、

私の場合は定番中の定番、

「担当の助手に良くしてもらったから」

なんですよね。

 

私の現役時代、2年前ですね。

毎回の模試でアップダウンの差が激しく

模試ごとに一喜一憂しておりました。

そんな時に支えてくれたのが担任や担当だけでなく、

色んな担任助手の方だったんですね。

また、私自身が受付族*だったということもありまして、

担任助手の方々と話す機会が多く、

担任助手の色々な楽しい話を聞いて

羨ましいなあと感じていた部分もあります。

受付族とは

受付のテーブルで長時間勉強したり、友人たちとおしゃべりをし続ける人たちの略称

まじで時間もったいないので休憩は最低限で抑えた方が良い

 

これまでのブログをご覧になった方はわかると思いますが

「直前まで悩んでた」

「センター終わってから決めた」

など様々な時期に担任助手になりたいと

志しています。

私の場合は結構早くてですね、

夏休み前にはもう志望は固まっていました。

その時はまだ

「担任助手は楽しそうだな」

そんな理由でした。

ですが、私の場合これが後々大きく影響してきました。

 

実を言いますと、私の受験のモチベーションは

「担任助手になりたいから」

というものでした。

担任助手になれる最低条件として

・大学に現役で合格すること

があります。

浪人した場合は出戻りでなれないんです。

これを知ってからはどうしても担任助手になりたい

一緒に先輩たちと働きたいという思いから

受験勉強に励んでいました。

受験に対してのモチベーションはひとそれぞれですが、

すでに担任助手を志している人は少しこういった感じで

考えるのもありだと思います。

 

さて、明日のブログは髙井先生です。

気付いていない人が大半だと思いますが、

高じゃなくて髙なんですよねえ

お楽しみに!

 


2019年 9月 29日 なぜ担任助手になったかって?

こんにちは~、担任助手2年 田中萌です!

 

好きな子からのLINEの返信くらい待ちわびてくれましたでしょうか。

そういう時のLINEの待ち時間って体感5倍くらい遅くなりますよね。

通知来たらどきどきしちゃって。

 

て、そんなことは置いておいて!

昨日の大岩さんのブログは読んだでしょうか。

本当にその通りで、青葉台校の先輩方は尊敬する方ばかりです。

どんなところが?って思ったあなた、画面を下にスクロール!

 

昨日に引き続き、今回は、担任助手になった理由がテーマです!

 

ざっくりと私が担任助手になった理由を書いていこうと思います。

 

私が担任助手を志望した理由は大きく2つあります。

 

1つ目、担任助手に会いに東進に通っていたから。

 

あ、ちょっと盛りました。

さすがにメインは勉強でしたね!

でもそれくらい大きな存在でした。

私は高2の冬ごろ入学して、そこからこつこつ通っていましたが、

当時は担任助手との関わりはほとんどなく、、

学校と同じようにひっそーり過ごしてました。誰が陰キャや。

でもある時、本当にモチベーションがどん底に落ちた時期がありました。

今思い出すと恥すぎて本当に嫌になるんですが、校舎でぼっろぼろ泣いて、、

そんな時に一番に支えてくださったのが東進のお方たちでした。

私の当時の思いを全部ぶつけられて、パニックになっている中どうしていこうか

考える時間や力をくれて、帰るときには気分を晴れさせてくれました。

最初は大学に受かるための一つの手段でしかなかった東進が

いつの間にか楽しみにさせてくれたのが担任助手だったのです。

 

もう1つは、自分の経験を活かしたかったから。

 

いつだかブログに書いた気がしますが、

私は結果から見ると大学受験に失敗した身です。

自分がきちんと納得のいく終わり方ができなかったので。

終わった後にいろいろ振り返って、

やり切った、自分ができる限りの努力ができた、と思うとともに、

いくつか反省も出てきました。

で、その時ふと思ったのが、

受験のサポートをする上で成功した経験を生徒に還元していくことも

もちろんとても役立つことだけど、

自分の何がだめでそこをどうすればよかったのか、という失敗談から生まれるアドバイスも

同じくらい役に立つのではないかということでした。

その時結構決意を固められた気がします。

 

ざっくりまとめると、

自分が生徒時代にしてもらったことを

今度は自分が生徒にしてあげたいという気持ちが生まれたから、

担任助手を志望した、という感じです!

 

生徒を真剣に想う気持ちがあれば、

自分の経験を最大限に活かしたいと思う気持ちがあれば、

担任助手というお仕事はとっても合うと思います。

 

ぜひ視野にいれてみてね~。

 

ああ、なんかまた真面目~なブログになっちゃいました。

いつか面白いブログを書けるように精進します、、^^

 

明日の担当は、

青葉台校のキン肉マン、深澤マンです。

お楽しみに!

 


2019年 9月 28日 担任助手はセクシーでなければならない。

担任助手はセクシーだった。

受験生の時、いつも思った。

入学したてほんの一瞬だけ担当だった近内さん。

サボりがちだった高2のおれをしつこいくらい

いや、しつこすぎるくらいに指導してくれた門倉さん。

常におれの考えを尊重しながらアドバイスをくれ、

ストレスなく勉強に向かわせてくれた松本さん。

生徒は担任助手を選べない。

けど、自分はほんとうに担当に恵まれていたと思う。

ひとりの人間として尊敬していたし、

何より魅力的だった。

自分もああなりたいと思えた。

だから、わたしは担任助手にエントリーした。

そして、さらに近づくために今も続けている。

どうも、担任助手2年の大岩優斗です。

 

担任助手として働いてみてもうすぐ1年半が経つが、

やってよかったと心から思っている。

おい、おがさん。

自分を客観視できるからこそ

自分が楽しいと思ったこと

自分が輝けると思ったこと

この2つをとことんやる。

これをできるのは

敵を知り、自分を知っているおがさんだけ。

その姿、めっちゃかっこいいです。

おい、圭一郎。

生徒の時からすごいと思ってたけど

やっぱりすげえよ。

担当生徒ほとんどマスターランキングに載っているし、

担任助手はみんな、圭一郎さんのこと信頼してる。

けど、一番すごいのは

自分だけでやろうと思えばできる事も

けっして自分だけでやらないで

みんなで達成しようとすること。

そして責任は自分が負うこと。

一見簡単そうで難しいことを

いつも楽しそうに笑顔で

まるで勝負を楽しんでいるかのようなあの感じ

かっこいいよ。

みなさん、尊敬できる先輩がいるバイトなんてそうそうありません。

次は自分がそうなれるように日々担任助手してます。

良かったら一緒に働きましょう。

 

担任助手はセクシーでなければならない。

そして、担任助手になったからには

自分が志望理由にならなくてはならないと思う。

 

これは私の出した答えです。

今後ともどうかよろしくお願いします。

明日のブロガーは田中萌です。

気になって夜も眠れませんね。

好きな子からLINEがくるのを待っているかのように。

担任助手2年大岩優斗

 


2019年 9月 27日 私が、担任助手になった理由

こんにちは!

慶應義塾大学文学部の蔵野蒔奈です。
 
最近やっっっと夏休みが終わり、学校が始まりました笑
しばらく授業というものを受けてなかったので笑、久々の授業なんか楽しく感じました笑
 
 
私の夏休みは、まあほぼ部活でした…
合宿行って、学年の大会もあって、ついにリーグ戦も始まって。。
 
思えばもう10月なんですね。あっという間です。
 
まあ私の夏休みなんてなんでもいいですね。
本題に入ります。笑
 
 
「私が担任助手になった理由」
 
まあほぼ100%、私の担任助手だった方の影響です。笑
 
私と面談したり、話したりした事ある子には言ったことがあると思いますが
私は本当に底辺中の底辺みたいなところからの始まりでした。
 
「ほんとに慶應行きたい」って確信したのは8月のOCでした。
手遅れだとなんども思いました。それでも行きたい気持ちを自分に隠すことができませんでしたね。。
諦められれば、いっそ楽なのになって何度も思いました。笑
 
けど、そんな私もいつもいつもそばで見守って、たくさん、私よりもたくさん私のことを考えてくれて、そんな担任助手の方のおかげで、今の私があります。
本当に、私の人生の中でこんなにも影響を受けた人はいません。笑
 
そして迎えた2月ですが、私は第一志望以外全ての大学を落ちました。
その経験を、大事にしたいと思ったのも理由の一つです。
落ちてしまった、という経験は、合格した、という経験の手前、色褪せてしまうんじゃないかと思っていました。
 
だからこそ、この経験を何か意味のあるものにしたいと思いました。
 
次に、私みたいに、目標と現実の差が大きくて、諦めてしまいそうな子を1人でも救いたい(大げさ)と思ったのも理由の一つです。
 
高1・高2の子にはよく言っていますが、行ける大学を目標にする必要はありません。
 
むしろ、心から行きたい、と思える大学を目標にしないと受からないと思います。レベル関係なくです。
 
こんなに自分のことを話す機会あまりないので文章がおかしな部分もあると思いますが、少しでも担任助手に興味ある子は、とりあえずエントリーしてみてください。
 
2月の自分がどんなことを考えてるかなんて、きっと今想像つかないでしょうから。
 
以上、私が担任助手になった理由、です!
 
明日は大岩さんです!最近改めて思いましたが、大岩さん、面白いです。笑
 
よろしくお願いします〜!
 

2019年 9月 26日 没個性も個性なのかも!

はーいこんにちは、こんばんは!

担任助手1年の高柴日奈子です!

ここまで2週間ぐらい、1年生担任助手たちが

担任助手になったきっかけや理由についてお話ししてくれていますね!

たぶんフレッシュな1年生のお話も残すところわたしと、まきな先生だけになりました。

昨日のブログ読みましたか?

わたしは読みました!

そして思いました!

わたしの担任助手になった理由って、同期のみんなと大して変わんない!

 

もちろん、なるか否か、受験が終わってじっっくり考えました

そして

担任、担当の先生に憧れたから、このお仕事が自分の成長につながると思ったから、志望しました!

それが全てだし、それだけです(^◇^)

みんなといっしょで、これといった特別みなさんに伝えるような理由はないのです。

 

なので今日は勝手にちょっと視点を変えてみます、

 

受験生のみんな!に伝えたい〜

自分のレベルをしっかり見極め、挑戦校/実力校/安全校 にわけてどこを受けるかそろそろ決める時期なのかもしれません。

それぞれ3校づつぐらいが一般的だと思います。(私立文系の超個人的な意見です、、人それぞれなので担任、担当の先生と相談してみてね)

決まったら、つぎにすることは対策です。

すこし私の話をすると、、

確実に安全校だと思ってた大学に落ちちゃいました、、ショック、、大ショックです!

なんで落ちたのか、考えました。

難易度や倍率の変化も理由としてあるかもだけど、

 

圧倒的な過去問演習不足も一因としてあったという考えに至りました。

 

じつは過去問を一年分しか解いてませんでした。高を括っていたし、実際解く時間もありませんでした泣

実力校に受かったから良かったものの、

みんなにはこんな危険な思いしてほしくない!

ので、過去問演習は本当に大事なのです!どの層の大学だろうがちゃんと傾向を掴むまで、対策をするべき!と個人的には思います

過去問挑戦会など、校舎の企画をフル活用するのも一つの手ですよ〜!

結局わたしたちは担任助手になれたから、『担任助手になった理由』を書いてるのですが

受験に大失敗したら、浪人したら担任助手になれないのです!

なのでもちろん、担任助手になりたかったけど受験に失敗してしまったから、なれなかった人も沢山います

 

担任助手になる資格を得るためにも

まずは今できることを最大限!

◎自分のレベルを見極めた上での受験校決定をしよう

◎過去問演習は何よりも大切

というお話でした!読んでくれた受験生、(いるかな?、)貴重な時間を使ってくれてありがとう〜カッチリした話をしてしまってごめんなさい!

みなさんの仮エントリー、待ってます

(^_^)

 

高1、2年生のみんな!

受験生向けの内容になってしまったけど、、

そもそも

自分たちが受ける入試、大学に関する知識は完璧ですか??

センター試験が共通テストに変わるだけでなく、各大学の入試形態も変わってきています!!

志望校を決めること、入試について調べることに時間をかけられるのは

今しかないと思います!

調べててもしわからない事があったら是非わたしたちに聞いてくださいね(^O^)

 

 

明日は

部活後なのにいつもすごく良いにおいがする

まきなちゃんのブログです〜

そしてあさってからは

大学2年生の方々のブログが始まります〜!

是非読んでね!ではでは☺︎

 

担任助手1年 高柴日奈子