ブログ | 東進ハイスクール 青葉台校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ 2021年11月の記事一覧

2021年 11月 29日 感情に左右されるな、吐き出せ

こんにちは~~!

担任助手2年の井上奈美です!

 

今回はフリーテーマということで、

いままで多くの助手が

担任助手・志・私生活について語ってきましたね!

このテーマのトリを務める私は

「感情に左右されるな、吐き出せ」ということについて綴りたいと思います!

 

なぜ、このテーマを書こうと思ったか、

11月も終わりに近づき、12月に差し掛かろうとしている今

気温やイベントごとから、

寂しさや辛さをただでさえ感じやすいと言われていますよね、

高3生の皆さんは、本番が近づいている今

焦りだったりを感じている人もいるのではないでしょうか?

感じていなくても、隠れている人もいるのでは?

 

正直私は後悔していることがあります。

それは、AOで第一志望に落ちて、

やさぐれてしまった気持ちを無視しながら、

この11・12月を過ごしてしまったということです。

どこか悲しい気持ちに蓋をして、

頑張り切ることができていなかったかもしれないと思っています。

 

最近学校に行く機会の減っている高3生もいると思います。

そのチャンスをしっかり使えているでしょうか。

最後の踏ん張りをできているでしょうか?

もしまだ踏ん張れるかもしれないと思いながらも、

夏のように、またそれ以上に頑張れるかもしれないこの時期の

頑張りを継続できているでしょうか?

 

もし、できていない、

不安や、悩みを抱いて左右されそうになっているのであれば、

無視せずに、吐き出してほしいです。

大学受験は間違いなく、人生のターニングポイントです。

そんな時に、なんだか

一時の感情に左右されることって勿体なく感じてしまいますよね

 

もしなにか小さな悩みがあれば、

だれか信頼できる人に聞いてもらったりして

少しでも小さくしていってほしいと思います。

不安を吐き出すことは、頭を整理することに繋がるそうです。

私たち担任助手にでもいいので、

いつでも頼ってくださいね!

 

次回からのブログは、

「2021年の振り返りと2022年の意気込み」です!

担任助手として、大学生として、

私たちががどんな一年を過ごしてきたのか

また来期をどう過ごすつもりなのか知れちゃいますよ~

 

トップバッターは小野寺先生!

おっとりしているように見えて、

ひたむきさを持つ彼女のこの一年はどうだったのか?

必見ですね~~~

 

担任助手2年井上奈美

 

講座診断 入学申込 資料請求 体験授業

 

 

 

2021年 11月 28日 担任助手ってどんな仕事??

皆さんこんにちは!

明治大学経営学部1年の大原希海です!

11月も終わりが近づいてきましたね🥶❄️

コロナでみんながマスクをつけてるから今年はインフルエンザにかかる人は少ないんですかね??

さて今月のブログのテーマは『なんでも!』ということで勉強とは少し違う話をしたいと思います!

そこで今回は担任助手について話したいと思います。

3年生の中には担任助手の仮エントリーシートを書いてくれた人もいますよね?

ありがとうございます😊

そこで担任助手を1年弱経験した僕が担任助手になって

良かったことやオススメなことを伝えたいと思います!

皆さんまず担任助手って何するの?担任と担当って何が違うの?って思ったことないですか?笑

特に担任と担当の違いって意外と知らなくないですか?

ちなみに僕は生徒時代、何度説明されても理解できませんでした。😅

すごく簡単に説明すると三者面談や講座を決めたりするのが担任です!

ちなみに僕の担任は今大学4年生の大岩さんでした!

そして毎週のグルミや二者面をするのが担当です!

こちらは僕の場合大学3年生の伊丹さんでした!

お二方には大変お世話になりました🙇

引き続きよろしくお願い致します🤲🥺

軽く担任と担当の違いを説明したところで担任助手のおすすめポイントを教えたいと思います!

なんといっても担任助手は楽しいです!

僕は楽しいと思える理由が2つあると思ってます。

1つ目は自分の担当やそれ以外の生徒とも仲良くなれることです!

正直なこと自分のところにアドバイスを求めに来てくれたり

些細なことでも相談をしに来てくれるだけですごく嬉しいです!

もしかしたらそんな風には思ってきてないかもしれないけど

自分を頼ってきてくれるのは本当に嬉しいことなんです😆

この喜びは他の仕事ではなかなか体験できるものではないと思います。

2つ目は担任助手内でも仲良くなれることです!

僕もこの仕事を始めたばかりの時は慣れないことばかりで

毎回緊張していました!

ですがここの担任助手はみんな優しいです。

そもそも一緒に働く人のことを最初っから全員知ってるってすごくないですか?笑

先輩方はみんな優しく教えてくれるので本当に助かりました!

担任助手は生徒を指導することによって自分自身も成長することができます!

ちなみに僕は高校2年生の時から担任助手になりたいと思っていました!

それは一番最初に僕の担任だった圭一郎さんという方の

カリスマ性や担任助手としての姿に憧れを抱いたからです!

僕には圭一郎さん本当にかっこよく見えました。

自分が大学4年生の時にあんな姿になれるか自信はありませんが、目標です!

自分が誰か一人でも憧れてもらえるようにこれからも頑張ります!

担任助手になることがモチベになってくれる人がいてくれたら嬉しいです!

3年生も共通テストまで残り2ヶ月弱!

最後まで頑張って!!👊

明日は2年生の井上奈美さんです!お楽しみに!

 

担任助手1年 大原希海

 

講座診断 入学申込 資料請求 体験授業

 

 

 

2021年 11月 27日 もう2年経ってしまったなんて

おはようございます

こんにちは

こんばんは

 

担任助手2年の高橋遼平です!

 

もう11月も終わりということで、

受験生にとってはいよいよ受験が迫ってきましたね

 

ちなみに個人的には

12月に入ってクリスマスや年末に向けて

みんながソワソワしだすのが好きだったりします笑

 

さて今回のテーマはフリーということで、

前回の落合先生のブログは見たでしょうか

 

合格報告会、僕も司会として参加してました

彼女のアツイ気持ちが書いてあるので是非見て下さい!

 

自分は

受験生のこの時期にどういう勉強をしてたか

振り返ろうと思います

 

12月ぐらいからは

当時のセンター試験に向けての勉強が中心です

自分は国立志望だったのでセンターが結構重要でした

 

英数国はそこそこの自信があったのですが、

社会と理科、特にセンターのみで使う

地理と理科基礎はあまり自信がありませんでした

(二次で使う世界史も出来なかったけど。。。。)

 

※注意※

ここから先は決して良い事例ではありません

反面教師だと思って見て下さい

 

正直12月の模試も言えるような点数ではありませんでした

なぜなら

 

勉強していなかったから

 

英数国の勉強を中心にやりすぎて

理社まで手が回っていませんでした

 

そのまま12月模試を終えて流石にヤバイと思って

本腰を入れて勉強しました

幸い英語や数学は点数が取れる自信があったので

理社に集中することが出来ました

 

学校の授業があった世界史と化学基礎は

演習を中心に

高2以降学校の授業も無かった地理と地学基礎は

インプットから

 

12月に新たな参考書を開くなんて

今振り返ると恐ろしすぎます。。。

地理なんて系統地理と地誌でそれぞれ分厚い参考書でした。。。

 

何をやってたかと言うと、

①参考書を読みまくる

②問題を解きまくる

ただこれだけです

 

参考書は何度も読み返し、

問題はセンター本番までに2000年ぐらいまでの過去問を

本試験・追試ともに全部解いて

その他問題集も解きまくりました

 

解いては分からない所や間違えた所を復習し

また解いて

時間の限り参考書を読んで

また解いて

 

というのを本番まで続け、

何とか本番では9割近く取ることが出来ました

 

何が言いたいかというと、受験生には、

必死に頑張ればギリギリまで伸びる

ということ

これはどんな科目においてもそうだと思います

現役生は最後まで伸びます。マジで。

 

そして低学年の生徒には、

対策は早いうちに始める

ということ

本番で点数を取れたとは言ったけど

正直1週間前や数日前でもあまり取れていませんでした

完全に当日の問題との相性だったと思います

 

本番だけではなく、

学校の試験や東進の模試においても

早いうちに対策を始めて入念な準備をする

 

当たり前だろ

 

という声が聞こえてくるけど

それが実際にどれだけ出来るのか。

 

試験や模試の度に

「もう少し早めに準備すれば良かった」

と思っていませんか

 

その当たり前を積み重ねれば

かなり負担が軽くなります

 

12月の模試、

そして同日に向けて

入念な準備して納得できる成績を残せるようにしましょう!

 

長くなってしまいましたが、

今回はこの辺で

 

次回は大原先生です!

どんなテーマで書いてくれるのでしょうか!

 

それではまた来月!

 

担任助手2年 高橋遼平

講座診断 入学申込 資料請求 体験授業

 

 

 

2021年 11月 26日 わたしは担任助手になって後輩のみんなにこれを伝えたかったのです

こんにちは

 

担任助手1年 落合桜です

 

 

みなさんお元気でしょうか

11月にもなって寒い日が続きます

 

受験生のみんな

しっかりご飯を食べて

しっかり寝て

体調に気を付けてくださいね!!!

 

 

昨日の山中かいた先生のブログは読んでいただけましたか?

皆さんが知りたそうな質問に答えてくれていました!

まだの方は是非!!!!

 

さて

今日は私から受験生の皆さんにお伝えしたいことがあります!

 

2021年3月

第一志望の慶應義塾大学に合格した直後の春休み

 

私は校舎に頼まれて

自分の大学受験を振り返り

経験や心境を後輩に伝える

合格報告会を行いました

 

 

私の報告会のテーマは

 

「合格したいんじゃない」

 

でした

 

 

 

わたしは

高校2年生の時も含めた

大学受験に励んだ2年間

 

一度も慶應に合格したいと思ったことはありませんでした

 

 

 

いや、え?

第一志望とは?

ってなりますよね笑

 

 

 

どういうことかというと・・・

 

 

 

慶應に合格したい!

と思わなかった一方

慶應に絶対合格するんだ!

とは思っていました

 

 

第一志望合格に対して

 

願望

ではなく

意志

を持っていたということです

 

 

 

第一志望校の大学に

合格したいとただ思うだけでは

もちろんその願望は実りません

 

 

ですが

自分はこの先の未来で

第一志望に合格するんだ!という意志は

 

現在の自分自身の行動によって

未来の目標を実現させなければならないという

意味を含んでいます

 

 

 

世の中には

これをすれば合格率が上がるとか

合格した先輩はこれをやっていたとか

 

そういった情報は山ほどあります

 

東進が提供するコンテンツも

膨大な過去の受験生のデータから開発されたものなので

そういった紹介を受けます

 

 

現役生である限り

大学受験は誰しも初めて経験するものです

 

自分の勉強法に不安を抱いたり

これまで努力してきたことが正しかったのか心配になったり

そんなことは普通のことです

 

 

でも東進をはじめ

第一志望の大学に合格するためのルートは

たくさん提示してあります

 

 

どの情報を信じて第一志望校合格を目指すかは人によりますが

 

第一志望の大学に絶対に合格するんだという意志を持ち

それを実現するためには今何をすべきか

数多くの情報を頼りにしつつ

自分で考えて残りの数か月も一緒に頑張ってもらいたいです!!

 

 

ちなみにですが・・・

私の場合

信じてきたのは東進でしたー!

 

東進しか根拠のある情報をくれる環境がなかったのもありますが

東進がこれをやったら合格率が上がる!と言っていたものを

すべてやりきることで

自分の勉強や努力への不安を解消していました笑

 

 

東進は情報にとても強い塾だと思います!

またそれを皆さんに伝えている担任助手は

生徒のことをすごく考えています!

 

 

なんだか何を言いたかったのかわからなくなってきましたが

 

 

とにかく

第一志望の大学に絶対に合格するんだという意志を

持ち続けてください!!!

 

そして

それを実現するために今必要なことをやりましょう!!!

東進で一緒に頑張っていきましょう!!!

 

 

明日のブログは

高橋遼平さんが担当します!

 

 

 

担任助手1年 落合桜

講座診断 入学申込 資料請求 体験授業

 

 

 

2021年 11月 25日 寒さに強い人になりたい

みなさんこんにちは                                                          今日も眠たい担任助手山中です。

最近サークルのバドミントン頑張っていて筋肉痛がやばいです                                                この前本物のラケットを友達から借りた時その軽さにびっくりしました                                    バドミントンがうまい人誰か教えてください

ところで昨日の時松先生のブログは読みましたか?                                            僕もみなさんから頂きそうな質問の一つに答えたいと思います

Qこの時期何していましたか?

Aいい質問ですねありがとうございます。この時期は、過去問ばっかやってました。ただやみくもに解くのではだめで、「なぜ間違えたのか」をしっか りと突き詰める必要があります。過去問ができなくて一喜一憂するのは非常にあほらしいので、気持ちを強く持って頑張っていきましょう。

 

今日は最近感銘を受けた言葉を紹介します

「今出来ていないことは伸びしろでしかない。」

この言葉は一見そりゃそうだろというごく当たり前のことを言っています

しかし実際の生活に落とし込んでみると意外にこれが当たり前じゃないんですね

例えば…過去問を解いている時などです

心当たりある人多いですよね                                                        問題解けなくてめっちゃ落ち込むときありますよね                                             ちなみに僕もめっちゃ落ち込んだ人間です

できなかったら、こう考えてください

「受験本番じゃなくてよかった。また一つ頭がよくなった」と。

こう考えることで勉強の効率が上がっていきます

これからこの言葉を胸にとめて生活してみてください。                                           きっと楽しい日々が送れるようになりますよ

明日は落合先生です                                                             どんな内容をかいてくれるのでしょう                                                            楽しみですね。

みんな頑張っていこう。

 

担任助手1年 山中

 

 

講座診断 入学申込 資料請求 体験授業