1月 | 2019 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ 2019年01月の記事一覧

2019年 1月 22日 祥汰から受験生のみんなへ

こんにちは。担任助手3年の小川祥汰です。

 

流れに沿って、私からも受験生のみんなへのメッセージを送らせていただきます。

 

 

僕は5歳の頃から野球をやっているのですが、

僕たち世代の野球少年なら誰もが読んだであろう某野球マンガにこんなシーンがありました。

 

 

情熱派ピッチャーである主人公は超強豪である練習試合の相手チームに大事な場面でバント作戦をされたことに腹を立てました。

「正々堂々勝負しろよ!!!」

腹が立った主人公は相手チームに全く同じバント作戦を仕掛けてやりました。

しかし、相手チームの最強ピッチャーは一球もバントの成功を許しませんでした。

そして主人公に向けてこう言ったのです。

 

「バントがどうした。嫌ならさせるな。」

 

 

 

かなりハッとさせられました。

 

嫌なことがあれば、逃げたくなるじゃないですか。

出来ないことがあれば、悲しい気持ちになるじゃないですか。

 

でも単純な話

嫌なことがあるなら、それを打破する能力を身につければいい。

出来ないことがあるなら、出来るようになればいい。

 

ものすごい単純なようで、実はあまり分かっていなかったことのような気がします。

 

 

さてみなさん、センター試験お疲れ様でした。

いかがでしたか。

 

「とてもうまくいった!」って人

今回うまくいった理由を分析して次回以降の試験につなげてほしい。

 

そして、大半のうまく行かなかったであろう人たち。

 

悔しいですか?悲しいですか?

そりゃそうですよね。

別にその気持ちを押し殺す必要なんてないと思います。

でも考えてほしいことがあります。

 

 

試験日までの残りの日数を数えて焦っていれば頭が良くなる世界だったら生きやすいですね。

けど、残念ながらそうではない。

競争が基本原理の人間社会

勝つためには努力しなくてはならないんです。

 

 

 

 

事は至って単純です。

 

 

 

 

今回結果が出なかったなら、

次どうするかを考えればいい。

解けない問題があるなら、

解けるようになればいい。

志望校に受かる実力がまだないのなら、

受かるだけの実力をつければいい。

もう失敗したくないのなら、

成功するための努力をすればいい。

 

 

 

 

単純でしょ?

 

 

 

 

そりゃ焦る気持ちは抑えられないかもしれません。

でも頑張ってみましょうよ。

残りの少ない日数でも、何が起こるかなんてわからないじゃない。

 

 

「七転び八起き」って言いますよね。

何度失敗しても、諦めず立ち上がることの例えです。

泥臭く聞こえますか?

でも本当はとても単純な話

七回転んでも、八回起きればいいんです。

 

 

 

 

 

こんな言葉があります。

“Life is a tragedy when seen in close-up, but a comedy in long-shot.”

「人生は短い目であれば悲劇であるが、長い目で見れば喜劇である。」

喜劇家チャップリンの残したことばです。

 

人間生きてりゃ失敗の連続です。

しかし、前を向いて頑張っていればきっと良い思いが出来るはず。

そんな何の根拠もない言葉です。

ですが、僕はこの言葉を盲目的に信じてみようと思います。

 

 

 

不安な気持ちになったら吐き出せばいい。

悔しかったら発狂すればいい。

持てない自信をもつ必要もない。

緊張を押し殺す必要もない。

常に素直に。何も問題ない。

 

ただ最後に一つだけ。

ポジティブではなくてはならない。

いくら落ち込んでも、最後は前を向いて頑張りましょう。

 

机に向かい続けている限り、大失敗することはきっとありません。

 

もう受験が終わるって?

まだまだここから!

受かるやつはここから伸びる!

大学受験、がっついていこう!!!

 

慶應義塾大学経済学部2年 小川 祥汰

 

 


 

2019年 1月 21日 注:受験で死ぬことはありません

青葉台校からの応援メッセージ7番打者に選ばれました

 

担任助手1年の河合佑馬です!!

 

良いですね、ラッキーセブンですね。

 

 

 

つらく困難を極めるものであるが、それと同時に自分を成長させる大きなチャンスでもある、

そんな「受験」というものに果敢に挑戦しているみんなへ

僕から今年度最後のメッセージです。

 

 

確かに受験はつらいことが多いかもしれません。

思うように結果が出ないことばかり。

精神的にも肉体的にも本当にきついです。

 

でも、受験で死ぬことはありません。

 

当たり前ですね(笑)

 

じゃあ何が言いたいのかっていうと、あまり深く考えすぎないでくださいってことです。

 

入試期間中はどうしてもいろいろなことを考えてしまう気がします。

「今日の入試数問簡単なとこ落としたなあ、もしかしたらそれが原因で落ちるかも…」とか

「このままだと通える大学ないかも…」とか

「もうみんなはどっか良いとこ合格してんのかな…」とか

「もし合格もらえなかったらどうするんだ…」とか

 

仕方ないことです。でもこれらの不安や焦りは考えてもどうしようもないことなんです!

すごく難しいことではありますが、入試が一旦終わるまではなるべくこれらのようなことは考えないようにしてください!

将来のことは入試が終わってからいくらでも考えられます!!

今しかできないことは勉強して少しでも合格の可能性を高くすること、少しでも後悔しないようにすることなんです!!!

つらいと思います。苦しいと思います。でも、どうか深く考えすぎず

をひたすらに頑張り続けてください!!!!

 

つらいときは泣いたっていいと思います。苦しいときは僕ら担任助手を頼ってください。最後まで全力で支えます。

だからどうか最後まで努力することをやめないでください!!!

 

 

では最後にもう1度

「受験で死ぬことはない」

 

多くの人が大学受験というものを経験し大学に通っています。

そこにはさまざまなつらい出来事もあります。絶望的な体験をした人も少なくないはずです。

でも安心してください。どんな結果で受験を終えた人も、少なくとも僕の周りでは今、みんな笑えています

 

とにかく後先のことは考えすぎず、最後まで努力し続けてください。

 

最後まで頑張り続けることができたあなたは

 

きっと今までより素敵な人になれるはずです。

 

 

 

あともう少し。

 

心の底からみんなのことを応援しています。

 

昨日(1月20日)19回目の誕生日を迎えた 担任助手1年 河合佑馬

 


 

 

 

2019年 1月 20日 愛

こんにちは!

 

担任助手1年の斉藤結衣です

 

センター1日目お疲れ様でした

 

今日はセンター2日目という結構大事な日に私からのブログというのは

とても恐れ多いですが

私からも皆さんに

メッセージを送りたいと思います

 

 

私から皆さんに伝えたい言葉は

愛を持て!」です

 

 

愛を持てってアンパンマンかよって

たくさん言われたのですが

もうアンパンマンでもいいです!笑

 

受験は最後は気持ちの強さ勝負だと思います

 

 

自分の志望校に対する愛が強ければ

そこに受かるために

最後の最後まで勉強することに

こだわり続けられると思います

 

 

そして一番大切にして欲しいのは

自分への愛」です

 

ここまで頑張り続けて来た自分を

まず誇りに思って大切にして欲しいです

 

そして直前期は焦りや不安で

自分のダメな部分ばかり見えてきがちですが

そんな時こそ自分のできること

いいところを小さなことでも知っているのは

自分の自信につながり強みになると思います

 

自分だとなかなか見つけるのが難しい人も

多いと思いますが

いつもみんなのことを見ている側からすれば

青葉台校のみんなは

絶対的に自信としていい部分を

持っていると

私は思っています

 

なのでわからなかったら聞いてくれてもいいよ!

 

 

ここまで応援してくれた親や周りへの感謝も大事ですが

 

ここからこの人生を進んで行く

自分自身が一番大事!!

 

自分を大切にして

後悔のない受験にしてください!

 

 

私からの言葉はここら辺にしておきます

 

 

東進ハイスクール青葉台校全受験生を心から応援しているとともに

みなさんに受験で良いご縁があることを

心から祈っております

 

担任助手1年 斉藤結衣


 

2019年 1月 19日 古川から受験生のみんなへ

こんにちは!

担任助手2年の古川です!

受験生へのメッセージ記念すべき4人目を務めさせていただきます! 

よろしくお願いしまーす!

自分から送らせていただく言葉は……

笑ってるやつが一番強い!

皆さんきっとセンターや私大、国公立の2次試験などで緊張すると思います。

そういう時だからこそ笑って楽しんで欲しい。

楽しむことって大事なの?と思う人もいると思いますが

間違いなく大切です。

 

皆さん勉強していて今までの積み重ねで問題が解けた時、嬉しくありませんか?

その嬉しい時、自然と勉強を楽しんでいます。

楽しむと頭が柔らかくなり自然と発想が浮かんでくるものです。

 

でも楽しむって難しい……

そこで無理やりにでも笑って欲しい。

これが自分の一番伝えたいことです。

 

辛い時、人間はどうしても顔が引きつったり、周りから見てきつそうな顔をします。

でもその時に笑うことで自然と気持ちが楽に、そして楽しくなります。

もし本番で手が止まってしまったり、計算ミスなどをした時は一度笑ってみてください。

立教大学理学部2年 古川宗志郎

 


 

 

 

 

 

2019年 1月 18日 木賀から受験生のみんなへ

こんにちは。

立教大学 経済学部4年木賀光輔です。

僕からも受験生のみんなへ

メッセージを送らせていただきます。

これ聞いたことある方いますかね?

映画『サマーウォーズ

主人公の健二くんの言葉(名言)です。

 

要するに意味は「諦めるな」ですが、

言い方が違うと、

感じ方も変わってきませんか。

 

流れをぶった切って聞きますが、

みなさんが毎日勉強しているのは

合格するため」でしょうか?

それとも「落ちないため」でしょうか?

 

人間は「勝ちたい」よりも

負けたくない」という思いの方が強い

と聞いたことがあります。

 

木賀は断然、

合格したい」よりも

落ちたくない」の方が

モチベーションになりました

 

合格するためより

落ちないために」頑張る

勝つためより

負けないために」頑張る

そんな考え方もどうでしょうか。

 

どうすれば合格できるか

これは考えても難しい気がします。

そもそも受験には

100%合格できる保証はないわけで、

合格するということ自体、

不確実なものだからです。

 

しかし反対の「どうすれば落ちるか

これは簡単に説明できるはずです。

努力を怠る、諦める、

あらゆるマイナス要素が

不合格に直結します。

 

自分は頭がよくないから。

自分には才能がないから。

部活で忙しかったから。

スタートが遅かったから。

届く目標じゃないと思ってたから。

人は目指していた何かを断念するとき、

必ず理由をつけます。

その方が楽だからです。

 

やるだけやって

ダメならダメでいいじゃないですか。

その経験もきっと先に繋がるはずです。

 

でもここから先、

どんなにつらい現実が待っていても、

自分の努力の足りなさを、

別の何かのせいにするのはヤメよう。

 

試験が終わるその瞬間までは、

まだ終わったわけじゃありません。

まだ負けてない。

落ちないために

負けないために

やれるだけやってみよう。

最後までできることがあるはずです。

 

最後の最後まで、頑張ろう!

乗り越えておいで!

 

立教大学 経済学部 担任助手4年 木賀光輔