1月 | 2019 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ 2019年01月の記事一覧

2019年 1月 10日 10日のはやさ

こんにちは!

担任助手1年田邉ひかるです

 

少し出遅れましたが、

あけましておめでとうございます。

 

今日は1月10日、そう

2019年になってからもう10日も

過ぎたんですよね。

はやすぎませんか?

そして皆さんお気づきの通り、

あと10日もしないでセンターを迎えます。

つまり秒です。

本番が間近に迫った今、必要なこと

それは、残り少ない日で何をやるべきなのかをもう一度洗い出すこと、だと思います

私はこの時期、世界史(めちゃめちゃ苦手だった)のセンター演習をやっていましたが、

「センター前にもう一度世界史の全体像を把握しなきゃ!」

と思い立ち、それまでに何周もしていた

参考書をセンター直前の4日間ほどで

もう1周通しました。センター本番で最高点を出せたのはこのおかげだと思っています。

 

センターまであと少しなのに、

英語、社会、理科、数学、、

まだ全然だめだどうしよう。

 

不安になる気持ちはとてもわかりますが、

今やるべきことがきっとあるはずです。

落ち着いて、残り日数で何ができるのか考えてみてください。

 

担任助手1年 田邉ひかる


2019年 1月 9日 英語を伸ばしたい人必見‼‼‼

こんにちは!

珍しくあまり間が空いてないですね

慶應義塾大学

総合政策学部2年鵜飼です!

 

ちなみに15日は、

担任助手たちからの

応援メッセージ第一号として

書かせてもらう予定です

頑張って書くので

みんな是非見てね!

(という宣伝を挟んでいく~)

*なんか一年生の間でこれが流行ってるんですよね(笑)

 

というわけで今回は

言ってしまえば間の回なんですよね

正直何について書くか

すごく悩みました。

 

悩んだ結果ある生徒I山K輔君の

リクエストお応えして英語が

出来るようになる方法について

書いていきたいと思います。

*今回は、高12生に特に読んで欲しいです

 

まず、なぜ鵜飼が英語について語るのか

答えはシンプル。英語が得意だから!

(というか志望校の関係上、

かなり英語に努力値を振りました)

 

今回はそんな鵜飼が

他の人より英語が得意であれた

要因を話したいと思います。

 

それはずばり! 

~圧倒的に文法が得意~

鵜飼は、川和高校に通っていたので

当然神奈川県入試を

受けています。

神奈川県入試の英語は

文法がすごく大事だったので

ひたすら文法ばかりやったものです。

今になってみると、

高校に入ってからも

文法で躓くことがなかったのも

中学の頃の頑張りのおかげだと

思います。

 

おいおい、

ここまで文法の話しかしてないけど、

大学受験の問題ほとんど

長文だろって思いますよね

 

じゃあなんで

鵜飼が文法の話をしているのか。

ここで知っていて欲しいのが、

長文を読む力

=(単語力+熟語力)×構文力(≒文法力)×速読力

という関係です。

大切なのは、

それぞれが掛け算になっていること、

つまりどれかが全然できないと

得意なものがあっても

長文が出来るようになることはありません。

 

ここで、確認してほしいのは

単語や熟語だけでなく

文法もきちんと基礎が出来ているか

を意識できているかです。

 

単語や熟語は、単語帳で出てくるので

ほんとに基礎の基礎から

きちんとやる事になります。

センター1800のマスターは

中学校レベル単語から始まって

ますよね。

 

でも文法って基礎を見直す機会が

単語や熟語に比べると

圧倒的に少ないんですよ‼‼‼

 

だから、英語の勉強をしていて

少しでも疑問や不安があれば

どんなに基礎からでも絶対

復習した方がいいです。

 

基礎を最初にやるのは、

基礎が一番出てくるから。

その一番出てくる

基礎が固まっていないまま

勉強するのはどう考えても

不効率!!!!

 

英語の5文型を覚えてない人

形容詞が○○詞を形容するのか分からない人

いませんか?

基礎の見直しは早ければ早いほど

いいです!!!

 

このブログで文法の基礎を

見直してくれる人

文法をやろうとしてくれる人

が増えたらいいなと思います。

 

さーいごにくどいと思いますが、

15日から担任助手からの応援メッセージが

始まります!

 

三年生は必ず読んでください!!!!

 

担任助手2年 鵜飼周也

 


 

 

2019年 1月 8日 おんがく!

こんにちは!

立教大学文学部の小川恵です。

 

今回は、
「受験期に聞いていた音楽」
というお題が出ているのですが、

わたしは一度に
一つの作業しかできないので、
勉強中に音楽は
聞かないようにしていました。

 

でも、
どうしても集中力が切れた、、、

というときありますよね。

 

そんな時だけ、
洋楽や韓国語の曲を聞いていました。

外に出たりして、
集中力を回復するより、
圧倒的に短時間で
放たれた魂を取り戻すことができます。

 

そして、洋楽や韓国の曲のいいところは、
「何言ってるかわからないところ」
です。

歌詞に気をとられることなく、
勉強ができました。

 

一点を争う受験、
最後のこの期間が大事です。
まだ全然伸びます。
1秒も無駄にできない今、
受付や外をふらふらしている人、
そんなことしてる場合じゃないですよ!

洋楽を聞いて気分転換しましょう!

 

担任助手2年

小川恵


2019年 1月 7日 僕が思ってること

みなさんセンター試験まであと少しです。

センター試験はおそらくほとんどの人が最初に受ける試験です。

なおかつマーク形式で時間が少なく、ある意味負荷のかかる試験です。

その試験がもうすぐきます。

とても緊張していると思います。

緊張して普段の勉強が手につかないこともあると思います。

しかし、周りの皆も状況は同じです。

残り少ない時間を有効活用して一点でも多く取ることだけです。

自分が受験生の時、すなわち一年前を振り返ろうと思います。

一番緊張した科目は国語と数学2b。

国語は全く安定しない科目、数学2bは過去問演習で2回ほど酷い点数を取ったことのある科目でした。

どちらも言ってしまえば準備不足の科目でした。

準備が完璧じゃないから不安になる。

自分の能力はこれが限界でこれ以上の努力は出来ないからどんな結果が来ても受け止めるしかない。

そこまでの努力ができていた科目(英語)は全く緊張しませんでした。

緊張するというのは何かしらの不安要素を抱えているから。受験までにはまだ時間があります。

不安要素を一つでも少なくして受験に臨みましょう。

僕から言えるのはこれだけです。

受験会場本番での過ごし方などはきちんと模試の時に同じことをしておくんだよと言ってきました。

あとは自分次第です。

本番では誰も助けてくれません。

受験は厳しい世界です。

でもやるしかありません。

みなさんの健闘を祈ります。

担任助手1年近藤惇史

2019年 1月 6日 結果より大切なもの

みなさん、一週間ぶりです。

慶應義塾大学経済学部三年

佐藤圭一郎です!

 

センター試験まで

あと二週間ですね。

 

この時期にあえて、

勉強に関係のあることではなく、

それ以外の事について書こうと思います。

 

というのも、

今だからこそ、

高三生のみんなに

考えてもらいたい質問があります。

 

受験は結果が全てですか?

 

これに対する僕の答えは「No」です。

 

確かに、受験は答えが出るに越したことはないです。

そのために今も勉強していると思うし、

理想の大学生活を送ることが最大のモチベーションになっていると思います。

僕自身、大学受験は第一志望に合格し、

入りたかった体育会に入って

大学生活には満足しています。

この結果があるからこそ、そういえるんだ

と、思われるかもしれません。

 

 

しかし、

受験は結果だけではありません。

結果が例え伴わなくても、

根性、要領の良さ、継続する力…など、

たくさんのものを得ることができる機会です。

その中で、今回僕が強く取り上げたいのは、

ここでの出会いです。

 

東進では、

友達、担任助手、社員さん、

たくさんの出会いがあります。

その出会いを、とにかく大切にしてください。

いくつになってもです。

こんなに厳しい戦いを

共に乗り越えようとしている仲間を、

一生大切にしてください。

センター試験が近づいてきて、

シビアな空気になっている今だからこそ、

仲間の存在をこのブログで再認識してください。

 

 

(ここから長くなりますが)

僕自身たくさんの出会いが

この校舎でありました。

お世話になった担当の先生、

受験からそのまま同期になった担任助手、

先輩の担任助手、社員さん、

一年目、二年目に旅立っていった生徒達、

そして、今校舎にいる生徒のみんなも、

大切な出会いです。

少なくとも、みんなの担当の先生は

そう思っているのではないでしょうか。

今の担当だけではありません。

 

私的な内容になりますが、

僕が三年間担任助手を続ける理由となったのは、

紛れもなく、担任助手一年目の時に担当した、

当時高校1年生、

現高3生の5人です。

担任助手として未熟な自分は、

この悪がき5人と一緒に成長してきました。

無邪気に毎日話していた彼らから、

生徒指導の楽しさを教えてもらいました。

東進に来始めるようになった時のこと、

先輩の代から部活で活躍していた時のこと、

文化祭で実行委員長を務めた時のこと、

最後の試合で引退した時のこと、

学園祭の演劇をやりきった時のこと、

すべて覚えています。

 

 

そんな彼らの受験を最後まで見届けたくて、

もう一年この校舎で働くことに決めました。

志望校や文理の関係で、

今は担当からは外れた生徒もいますが、

模試があれば5人の帳票を見て、

現担任・担当に近況を聞いて、

たまに話しかけて、

変わらず、気になって仕方がないものです。

そんな彼らが受験を迎えようとしている今、

面談など特別なことは出来なくても、

心から、彼ら彼女らの合格を祈っています。

 

これは、自分に限った話ではありません。

今は担当でなかったり、

担当として持ってもらったことがなくても

関係ありません。

 

担任助手は,

すべての生徒を心から応援しています。

これらも、1つ1つ大きな出会いです。

 

何でも相談に乗ります。

何でもサポートはします。

ぜひ、担任助手との出会いも大切にして、

頼ってみてください。

 

「結果が出なかったら無駄だ」

なんて思わないでください。

結果を出さなくてはと思い詰めたら、

いい結果なんて出ません。

そんな時は

すぅーっと深呼吸して、

自分を客観的に見つめてみてください。

合格が得られなくても、

生涯失いたくないものに気づくはずです。

成果が出ないことなど、

ちっぽけな悩みだと思ってみてください。

勉強で結果を求められることなんて、

これが最後です。

辛い時は、周りの仲間や担任助手と一緒に、

ポジティブに乗り越えていってください。

その仲間こそが、結果より大切なものです。

 

 

 

あと少し、頑張れ!

焦らず、自分のペースで。自信持って!

 

担任助手3年 佐藤圭一郎