Let me see your smile!! | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 9月 21日 Let me see your smile!!

横浜国立大学理工学部

機械工学EPの井上航太です。

 

最近は特に夕方がかなり冷え込んできて、

朝ちょうどよかった服装では、

夕方以降は寒く感じてしまう、

なんていう日が多いのではないでしょうか。

夕方ささっと羽織れるMA-1かなんかが

個人的に欲しいな、と思っております。

冷え込んできて何より怖いのは

風邪をひいてしまうこと。

受験生の皆さんや、

受講がまだ残っている高1、2年生の皆さんは

風邪をひいている暇なんてありません。

しっかり体調管理をしましょう!

 

そこで今回は井上の風邪予防についての

7つの工夫を紹介していこうと思います。

ちなみに私はかなり風邪をひきやすく、

高校1、2年生のころはそれぞれ年間で10日程

学校を休んでしまうくらい風邪に弱い人間でした。

そして高3の夏に風邪をひいたタイミングで、

考えないと変わらないということで、

しっかりとした予防を確立、実践した結果、

高3の秋から受験が終わるまで

元気もりもりの健康生活を送ることができました。

内容は以下の通りです!!

 

 

①よく寝る

睡眠時間を削ってその時間を

勉強にあてようと考えたことがあったのですが、

1日中勉強するとなると、

しっかり寝て体力を回復するのが、

結局効率がいいと私は思いました。

 

②よく食べる

腹が減っては戦はできぬ!!

勉強も然り!!

 

③手洗い、うがいをしっかりする

手洗い、うがいの重要性なんて

誰しもが知っているとは思いますが、

案外忘れてしまったりなどということが

多いのではないでしょうか。

私は学校に着いたときや東進に着いた時に

必ず手洗い、うがいをするようにしていました。

 

④マスク

私の場合、最低限電車に乗るときは着けていました。

1日中着けているに越したことは無いのかもしれませんが、

少なくとも人込みではマスクを着けるといった工夫も大切です。

 

⑤加湿器

この時期はまだかもしれませんが、

冬になるにつれ湿度が下がり、

部屋で暖房を使とさらに湿度が低下します。

湿度が低いとウイルスが活発になるうえ、

人間の喉も乾燥し、風邪をひいてしまうリスクが

かなり高まります。

加湿器で湿度を50~60%ほどにコントロールすれば

先述した2つのリスクをケアできるため

おすすめです。

また受験期、私は加湿器を導入する上で

かなり下調べをしたので、加湿器の知識に関して

東進ハイスクール内で右に出るものはいないと

自負しております。

相談等あれば何なりとお申し付けくださいませ。

 

⑥乳酸菌飲料

効果があるのかは知りませんが、

とりあえず飲んでました。

 

⑦二酸化塩素のウイルス除菌剤

これまた効果のほどはわかりませんが、

とりあえず自室に置いてました。

 

上記の内容はもちろん井上が実践していて

たまたま風邪をひかなかったというものなので、

これをやれば絶対に風邪をひかない

なんてことは無いのですが、

これをみた皆さんが、今一度

風邪予防について考え直して

もらえればと思っています。