2018年終了まで…あと24時間 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 12月 31日 2018年終了まで…あと24時間

こんばんは!

慶應義塾大学経済学部3年

佐藤圭一郎です。

 

2019年まで残すところあと一日。

記念すべきブログ納めに選ばれました!

 

僕も今年の振り返り&新年の抱負について語ろうと思います。

基本的に生活の大部分が部活なので、

部活とそれ以外に分けて書こうと思います。

 

【部活編】

慶應義塾体育会ハンドボール部に入部して三年目、

選手としてかなり飛躍した年でした!

 

実はこれまで入部して2年間、1つ上の先輩方がとても強く、

試合のベンチメンバーには入るものの、

出場機会に恵まれない日々が続いていました。

結果が出せないなら自分が体育会にいる意味はあるのか?

こんなにも時間を費やして意味があるのか?

こんなことを考え、嫌になりながらも、

なんとか存在感を示してやろうと、

毎日練習をしていました。

今思えば、その転機となったのは

今年の函館合宿(3月)です。

この時掴んだチャンスから、

スタートで起用されるようになり、

ずっとお世話になった先輩方の引退を

早慶戦(11月)で見送り、

今ではチームの主将を務めています。

 

体育会という組織は、

所属しているだけでは何の意味もありません。

周りを分析し、自分を分析し、

チームに自分がどう貢献するか。

これをただひたすらに考え、

心技体を鍛えます。

とにかく考え、苦しみ、追い込み、

そうして初めて、本当に価値のある、

チームワーク、仲間の存在、根性、

多くの人生の財産を得ることができます。

だから僕は、体育会という組織を愛しています。

これから大学生になるみんなも、

迷うくらいなら挑戦してください!

 

続けて部活の新年の抱負については、

もう何か月も前から決まっています。

・インカレ出場

・関東学生一部リーグ昇格

・早慶戦勝利

です。

これらを必ず達成すべく、

一年間チームを引っ張っていきます。

 

【それ以外編】

部活に取り組む一方で、

新しく学業としては

企業の経営について学ぶゼミに入ったり、

就職活動が始まるタイミングでもありました。

 

大学という狭い世界から抜け出し、

社会というものを感じる一年でした。

 

ここで思って皆さんに伝えたいこととしては、

大学の四年間て、めちゃくちゃ大事です。

いかにフットワーク軽く

色んな物に触れ、感じ、考え、

そうして人間が形成されていくのだと思います。

大学がどこだろうとそれは関係ありません。

 

そして、自分とはどういう人間なのか。

その答えが見つかる気がします。

自分の本当の深い部分のところは、

自分でも全くわかっていないものです。

 

「計画的偶発性」という言葉がありますが、

挑戦することで、はじめて気づくことが多くあります。

ぜひ、その機会をたくさん自分に与えてあげてください。

その数が、人間としての価値を決めると僕は思います。

 

長くなりましたが、

最後に新年の抱負について。。。

 

好奇心・冒険心を大切にする

 

これからもっと最強になる予定です

来年もどうぞよろしくお願い致します。

 

担任助手三年 佐藤圭一郎