部活生に送る「本当の」東進の活用法 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2019年 6月 24日 部活生に送る「本当の」東進の活用法

こんにちは!

慶応義塾大学環境情報学部1年伊丹裕一です。

最近自転車を少し長い距離乗る機会があったのですが、思っていたよりも疲れてしまい部活現役時代からの体力の衰えを感じております、、、

 

昨日の野口先生のブログ読みましたか?

彼からの熱いメッセージ、僕自身高3の5月まで部活、夏休みから体育祭の幹部といった感じにしっかり高校生活を満喫しましたが、彼の言う通りです。

もう言いたかったことは全部言われてしまいました(笑)

まだ読んでない人は今すぐチェック!!☞

部活生

 

さて、今回のテーマが「部活」ということでどんなことを書こうかなーと考えていたのですが、

「部活を最後まで続けることの大切さ」や「部活から得られる経験」のような王道部活生トークはおそらく僕以外の担任助手のみんながしてくれるだろうと思ったので本日は少し邪道な話をしようかなと思います。

 

部活生に送る邪道な話、その名も、、、

「本当の」東進の活用法

東進は部活生を応援する予備校というのを1つの売りとしています。

つまり、部活を続けながら受験勉強をしたい生徒を応援しますよ!ってことです。

でも、そうは言うけど具体的に何が部活生に良いの?って思いませんか?

ここで一般的な答えはきっとこんな感じでしょう。

「自分のペースで勉強ができる」とか、「高速基礎マスター講座で電車の中でも単語・熟語の暗記ができる」などと言われると思います。

もちろん、それらは東進に通う大きな利点です。

しかし、今回のブログは邪道な話です。だから敢えて東進の学習コンテンツの優秀な点を次のように表現します。

「時間的・空間的制約の一切から解き放たれた学習ツールである」と。(すごく上から目線だけど、、、)

これはどういうことでしょう、時間的制約がないって自分のペースで勉強できることと何が違うの?

 

例えば、部活後、授業を受けていて眠くなってしまうことはありませんか?

このような場合、学校の授業や他の集団塾ならば寝ないでちゃんと受けなさいと注意されますよね?

それが、東進だったら「どうぞ寝てください。」(あくまで個人の邪道な意見です)

もちろん、ずっと寝てて良いというわけでは断じてありません。時間は10分なり15分なり決めてください。

ただ、僕が言いたいのは、眠くて集中できない状態で勉強するなら寝てから切り替えてやるべきということです。

要するに、一時停止も、巻き戻しの機能も使えるのだからフル活用しましょうよって話です。

眠くなったら一時停止して切り替える。わからなくなったら巻き戻す。

これって映像授業じゃないとできないですよね?学校の授業眠くなったから一時停止はできません。

 

それから、自宅受講。これも東進ならではのサービスです。

「朝の6時から授業を受けたい。」そう思っても開いている塾なんてないですよね、それが東進の映像授業を使えば、早朝からでも深夜でも受講ができます。

他の受験生が使えない時間も塾に行かずして新しい範囲を学習ができれば、早くインプットができて問題演習に移れる!

その流れができれば、、、はい、気づいた時には他の受験生を一歩リードなんてことも。

これは東進のストロングポイントを使い倒すしかない!

他にも部活生が上手く使うべき東進のツールはたくさんあります。もっと知りたい人は東進のもう1つのストロングポイントである担任助手に聞いてね!

 

明日のブログは上智大学文学部新聞学科の本多先生です!

新聞学科って言うぐらいだからさぞ面白いブログでしょう!(笑)

 

 

〜夏期招待講習について〜

 

今なら4講座無料!!

現役大学生に受験のことをいろいろ相談もできる!!

高校3年間なんてあっという間。

夏休みは3回しかない。

けど、高3の夏はみんな勉強すると思う。

じゃあ、高1、高2の夏は?

本気で第一志望に合格したい人、

大学受験について詳しく知りたい人、

東進に興味がある人、

周りに差をつけるならこの夏、

ちょっとだけ無茶しませんか。

あとで絶対、「やってよかったあ。」

そう思える夏にして見せます!

青葉台校と一緒に頑張ろう!

詳しくはこちらをクリック!!!


 



最新記事一覧

過去の記事