夏のスポットライト | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 9月 1日 夏のスポットライト

みなさんこんにちは、こんばんわ。

 

法政大学社会学部2年小川賢人です。

 

最近はうだるような暑さもおさまってきて、少しずつ過ごしやすくなってきましたね。

 

先日あった8月センター模試の結果はどうでしたかね。

 

夏休みの努力の結果が出た人は夏の思い出として、

 

思うように結果が出なかった人は

 

季節の変わり目とともにネガティブな感情は忘れてしまって、

 

どこができなかったのかしっかり分析しておきましょう。

 

8月も終わってしまうといよいよ夏も終わるって感じですよね。

 

皆さん夏休みは長く感じましたか?

 

実際のところ始まってみるとたくさん時間があると思っていたのに一瞬で終わってしまったなんて感じ

だったりしませんかね。

 

 

時間こそは最もユニークで乏しい資源

 

だとかの有名なドッラカーは言っていますが、

 

本当にその通りだなと思います。

 

有限でしかもどう使うかは各々に託されているという点で。

 

9月からは学校も始まって勉強に充てられる時間も限られます。

 

さらに志望校の過去問演習も始まってやらなければいけないことは増えます。

 

サラっと言いましたけど中々に厳しいことですよね。

 

けど夏休み努力してきた皆さんなら可能だと思います。

 

暑い中早起きして1日中勉強して、また次の日も早起きして…の繰り返し。

 

中々の苦行ですよね。

 

けどそんな日々を乗り越えてきたからこそ今があるわけです。

 

基本的に僕は現状に満足した時点で人は墜ちていく考えているので、

 

皆さんもここから先も夏休みと同じように

 

厳しい日々が続いても歩み続けてみてください。

 

 

きっと夏休み、そしてここから先頑張った分だけ

 

来年は楽しい思い出で埋め尽くされると思いますよ。

 

 

 

最後に僕の夏の思い出の写真少し載せときます。笑