BANKA | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 8月 29日 BANKA

みなさんこんにちは!

横浜国立大学理工学部

機械工学EPの

井上航太です。

 

この間の8月模試の結果を受けて、

みなさん一人ひとり思うところが

あると思います。

そこで、最近私が校舎で

よく聞く言葉、3パターンと

それぞれに対する

アドバイスを紹介します。

 

 

パターン1:「夏休みで力がついて

いい点を取れた!!」

→よろしい。

これからも励みなさい。

 

 

パターン2:「点数が… この夏の

勉強は無駄だったのかな…」

→点数が伸びなかったからといって

この夏の勉強が無駄だったと

悲観するのは、

本当にもったいないです。

この夏の勉強、

及びに模試の成績を元に

これから勉強をすることで、

今後の模試、言ってしまえば

入試の結果さえ

ガラッと変えられるはずです。

 

 

パターン3「これからどうすれば

いいかわかんないや」

→目標点とのギャップなどから、

今後どうすればいいのか

わからなくなってしまう

というのはよくわかります。

自分自身で考えられれば

それで良いのですが、

計画をこれから立て直すのは、

なかなかどうして難しいものです。

もちろん、三者面談などで

考える機会はあると思いますが、

みなさん自身で、1度考えてほしいと

私は思っています。

計画を元に勉強をして、

受験に挑むのは、他でもない

みなさんなのですから。

 

 

 

夏休みも終わり、

学校が始まることで

1日の自習時間自体はどうしても

短くなると思います。

 

ですが、今後の模試等の

得点率向上等でいえば、

この夏の勉強を経たみなさんなら、

夏休みよりも今後の1日1日の方が

高効率に進められる可能性も

あります。

 

計画さえしっかり立てられたなら

あとはやるのみ。

これからも時間と量を大事にして

突き進みましょう。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事