すぐ役立つものはすぐ役立たなくなる? | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 11月 6日 すぐ役立つものはすぐ役立たなくなる?

お久しぶりです!

(24人も担任助手が居るので久しぶりになるのはもはや必然ですが)

 

慶應義塾大学総合政策学部二年の鵜飼周也です!

 

ちょうど今日5日に青葉台校の慶應に通う担任助手が送る

慶應HR

を行いました。

 

正直普段はそこまで慶應に愛着はないです(笑)

がこういう機会なので少し慶應にまつわる話をしたいと思います。

 

突然ですが、みなさん、

慶應義塾大学が出来る時に

慶應義塾大学に求められたものは何だと思いますか?

 

大学を作ろうとしたときに認可の条件として、

「社会に出たらすぐ役立つ人をたくさん育ててください」

といわれたそうです。

 

が、創設者は

「すぐに役立つものはすぐに役立たなくなる」

と答えたそうです。

 

深いですね。。。

すぐに役立つようなものは

すぐに他の人たちに真似されて当たり前になってしまうから

すぐに役立ってしまうと・・・。

 

どうしてこの言葉を取り上げたのかというと、

この言葉を少し応用して考えると、

苦労して得れば得るほどそれは役立つ

ということがいえると思います。

 

受験勉強も同じです。

すぐに点数が伸びないからこそ、

点数が伸びたときには

他の人と差をつけることが出来ます。

 

過去問を解く時期になって何年分もやっても

全然点数が伸びないなんて子とあると思います。

 

でも、逆に最初から出来てしまったり、

2年分解いて爆上がりするような問題なら

皆満点になってしまいます。

 

伸びないときこそ頑張りどころ。

伸びたら一気に他の人と差をつけることが出来るはずです!

 

すぐに結果が出るようなことに逃げず、

本当に役立つ大切なことをきちんと考えて

残りの時間を大切にすごそう!

 

 

 

 

 

 

あと、8日に青葉台校で早稲田HRが行われます。

武蔵小杉校から現役の早稲田生が来てくれます。

数少ない貴重な機械なので質問を持って

さんかしてください!笑

 

担任助手2年 鵜飼周也