ある夜、東進青葉台校では… | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 11月 12日 ある夜、東進青葉台校では…

こんにちは。

慶應義塾大学経済学部3

佐藤圭一郎です。

みなさん!

1125日は何の日ですか!?

 

そうです。

ハンドボール

早慶戦

です!

15:00~スローオフ

@早稲田大学東伏見

ハンドボール部の人や、

早慶戦に興味がある人は、

ぜひ見に来てください!

見に来ない人も、

心の中で

慶應の応援をお願いします。笑

 

大学生になると、

このようなイベントが

盛りだくさんです!

それを楽しみに、

今は勉強を頑張りましょう!

 

さて、今日のブログでは

僕がたまたま見かけた

素晴らしい担任助手3名を

紹介しようと思います。

 

 

 

左から、

南雲先生、

鵜飼先生、

田中先生

です。

さて、彼らは何をしているのか。

それは

換気扇の掃除です

彼らがどういう経緯で

このような仕事を行ったのかは

わかりません。

自発的なのか。

誰かにやれと言われたのか。

 

 

ただ、単純に素晴らしくないですか!?

ちなみにですが、

東進では、

ホームクラスや自習室の掃除は、

業者さんがやってくれています。

みんなが来る前の朝の時間に、

いつもおじさんが来て

やってくれています。

ですから、細かく言うと

換気扇の掃除は担任助手の管轄外です。

 

 

そんな中、

誰もが気づかず、

または、

誰もが気づいてもやろうとしないことを、

東進青葉台校のみんなのことを思って、

勉強する場所の空気を

少しでも良くしてやろうと、

自分の時間を犠牲にして尽くすということ。

 

この後輩たちを、

単純に素晴らしいなと思って、

今回ブログで紹介させてもらいました!

 

このブログで伝えたいことは2つあって、

3年目としてある意味客観視できる立場から

まず1つ目は、

受験というものは、

親をはじめとした家族、

そして担任助手という多くの人に

想ってもらって、できているということ。

そして2つ目は、

担任助手とはこういう仕事です。

後輩のことを思って、

自分に出来ることを考えてやる仕事です。

勉強指導よりも、面白さよりも、

「生徒を思う力」が何よりも大切です。

その気持ちがあれば、

自ずと仕事は見つかります。

後輩のために頑張りたい人、

社会人としてのスキルを

同期より早く身に着けたい人、

ぜひ、担任助手に挑戦してみてください!!

 

 

担任助手3年 佐藤圭一郎