「大学別対策教えちゃいます」 慶應編 高井 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2019年 8月 20日 「大学別対策教えちゃいます」 慶應編 高井

こんにちは。慶應義塾大学総合政策学部2年の高井涼史です。

 

今回は、前々回から始まった大学別対策についてです。

とはいえ、青葉台校は慶應義塾大学に在学中の担任助手が7人ととても多いので、慶應義塾大学の話が多くなりそうですが

 

昨日の小川祥汰さんのブログは読みましたか?

慶應義塾大学に合格するために必要なのは、他の大学に合格できるような学力だけではないらしいです。

 

ナンデスカソレハ、って人はチェックしてみてくださいね。

というか、ナンデスカソレハって僕もなったけど、慶應義塾大学に進学した僕も例外ではなかったので、要チェックですよ!

 

僕は現在慶應義塾大学総合政策学部(SFC)というところに通っているのですが、何を隠そう受験生の時の第一志望校(学部)は慶應義塾大学経済学部でした。今となっては、とても自分にフィットしたところに通えていると感じていますが、その話は直接でも聞きに来てください。なぜ合格することができなかったのかの話もします。

 

慶應義塾大学対策の話はこれからも続いていくので、僕はあえて過去問演習全般について、特に得意科目としていた英語についての話をしておきますね。他大学が第一志望の方もぜひ読んでください。

 

 

 

まず、過去問演習の目的とはなんでしょうか。

ズバリ、「敵を知ること」だと僕は思っています。

 

過去問演習することだけでその志望校への合格確率が爆上がりするなんてことはありません。

昨年度青葉台校にいたある元担任助手は「過去問演習がゴールだと思っている人は総じていい結果にはならない。」と言い切ったほどです。

 

その理由をQ&A形式で示していきます。

ぜひ「考えながら」読み進めてください。

自然と感覚的に理解できるはずです。

(初の試みです。笑)

 

ーーーーーーーーーー

 

Q. 大学とは何か。

A. 専門的な学びをする場所。

 

Q. 大学受験とは何か。

A. 大学が上の目的をするのにふさわしい学生を選抜するもの。

 

Q. 受験に出題傾向があるのはなぜか。

A. 大学ごとに信念などの特色があるから。

 

Q. なぜ過去問演習をするのか。

A. 上の理由で出題傾向があることが多いから。

 

Q. どのくらいの人が過去問を解くか

A. 受験生のほぼ全員。

 

Q. 過去問を解くだけで差がつくか。

A. 差がつかないと言っても過言ではない。復習で差がつく場合もあるので、要注意。

 

Q. ではなぜ差がつかない勉強をするのか。

A. 受験生ほぼ全員がやることで、逆に差がつけられてしまうから。

 

Q. では改めて過去問演習する意味とは何か。

A. 敵を知ることができるということ。

 

Q. 過去問演習を活用して合格可能性を高めるためには何をすればいいのか。

A. 過去問を解いてできなかった/出題傾向があるが苦手な 単元・ジャンルをその後の勉強で強化する。

 

ーーーーーーーーーー

 

以上のような考えの流れです。

 

東進では、早期にセンター試験・二次私大過去問の10年分実施を促進していますよね?

それは、その後の学習としてあげたものをできるだけ早くから始めるため、そしてその後にまた自分が特にできなかった過去問をやってみて、できるようになったことを確認して本番に挑んで欲しいからです。

 

夏休みの夜の演習会等でも話されたこともあると思いますが、過去問をたくさんやればやるほど志望校に合格する確率は上昇します。

でも、僕はその裏には過去問演習で差がついたのではなく、勉強が計画通りに進んでいることによって、過去問演習として回せる時間が増え、結果的に自分の苦手な範囲を効率的に潰すことができ、その結果として、合格をつかんでいるのではないかと思います。

 

正直、そのことには自分が受験生の時には気づいていなかったという側面もあります。

ですが、昨年一年間担任助手をして、このことに気づいたのです。

そのため、このブログを活用して伝えさせてもらっています。

 

 

 

そして、ここまでは慶應義塾大学以外の大学に受験する人にもかなり関わりのある内容でしたが、少し慶應義塾大学対策としての側面の話もしますね。

 

慶應義塾大学の入試の特徴といえば、やっぱり小論文!

ですが、この小論文の対策の話は佐藤圭一郎さんが前々回のブログで話してくれているのでそちらをチェックしてください。

僕が受験生時代を担当してくださった方なので、言っていること間違いなしです!

 

 

 

上にも書きましたが、僕は英語が得意科目だったので、英語に関して触れると、英語は過去問だけに限らず「解く量」が大事であると思います。

 

例えば、僕の受験科目の一つでもあった数学を例に出すと、数学などでは一度出た問題に似た問題がどこかまた違う場所で出題される可能性がありますよね。

数学などでは、自分が苦手な範囲の解法をその問題で確認し、完全にできるようになるまで繰り返しやることで、その効果が出るということだと思います。

僕の場合は文系数学だったので、典型問題の暗記に時間を費やしましたが、過去問を活用する人がたくさんいるのも理解できます。

 

ですが、英語の場合はどうでしょうか。

何度も同じ文章を読んで意味がありますか。

 

もちろん、音読等をして、自分が読む速度を上げる目的であったり、自分が理解しているかをチェックする目的であったり、朝に目を覚ます目的であったり、目的が明確な場合はいいと思いますが、数学のようにじっくり解き直す必要があるでしょうか。

 

僕は、間違えた問題があった場合には、その原因を発見して、メモに残しておく。

問題文中にわからない単語があったら、それらは全て覚えられるようにノートに書き、その後に覚えきる。

これらのことを徹底しただけで、あとは休憩時間に余興として文章を読む程度でした。

 

だいたい内容一致問題は4択ぐらい(例外はたくさんある)で、1回目解いた1ヶ月後に解いても文章を読まなくても選択肢だけで解けてしまうと思います。

これでは本当に意味がありません。

 

数学と同じように理解できているかを確認できるからいいじゃないか、と思うかもしれませんが、それは正直的外れです。

そう思うあなたに問いたい、一度見たことのある文章が試験本番に出てくる可能性はどのくらいですか、と。笑

 

異なる大学などで同じ文章が出ることは実はあります。

ですが、それを対策するぐらいなら、様々な問題の解く量を増やす方が効率的なのではないか、という話です。

 

その上で、慶應義塾大学の対策について戻ると、慶應義塾大学に出題される英語は単語の難易度が他大学に対して比較的に高いです。

上にも書いたように、過去問演習は受験生のほぼ全員が行います。

そのため、そこで差がつかないながらも、そのライバルたち全員が一度は見たことのある単語を自分が知らない状況というのは、逆に差がつけられていると言っても過言ではないですよね。

 

 

 

長くなってしまいましたが、過去問演習をする目的は人によってそれぞれあってもいいと思います。

ですが、僕は以上の考えを持って取り組んでいました。

だからこそ、第一志望学部には不合格だったものの、慶應義塾大学に通えているのだと思います。

 

この考え方を押し付けようとは思いません。

ただ、ぼーっとしながらなんとなく過去問をするっていうのはやめてほしい、そんな気持ちで書きました。

前回の小川祥汰さんのブログではないですが、ぼーっとしているだけの人は慶應義塾大学にあまりいませんよ。笑

あ、私のことだって人は「考える」から逃げずに、合格のためにできる最大限のことをしよう!

 

 

 

このブログを読んだ人に良いことがあらんこと。

 

 

 

担任助手2年 高井涼史