all for me | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2020年 1月 30日 all for me

 

こんにちは!

慶應義塾大学文学部1年の蔵野 蒔奈です。

寒い寒いですね

最近は期末テストに追われて1日中大学の図書館にこもっていました笑

今日無事に終えてきましたよ!

来年はもう少し日々勉学に励みたいなあ

さて、今回のブログでは私から

20年度受験生の皆さんに伝えたい言葉をお伝えしていこうと思います。

『未来の自分の自信になれ』

みなさんは、過去に対して後悔したことがありますか?

うん、ありますよね。笑

私は高校三年生になって過去を振り返った時、いつも、過去に対して後悔して生きてきたなぁと気付きました。

あの時もう少し頑張っていれば、と何度も思ってきました。

ちゃんと努力を続けて自分の目標をクリアしていく友人に対して、ただただ憧れて、見上げているだけだったと思います。

ここ大一番の本番を迎えた時、それまでの自分に対して心から自信を持って、「本当によくやってきた。」と思えること。

それができる人が、1番強いと思います。

未来の自分の自信になれるのは、今の自分だけです。

感じた事のない緊張感の中、たった一人で戦う自分の力になってあげる。

未来の自分のために、頑張ってあげられるのは自分だけ。

だからこれからの毎日を、大切に過ごしてほしいと思います。

過去の自分の努力が果たして正解だったのか、意味あるものだったのか、そう考えて不安になることもあるかも知れません。

それが本当に不正解だったのかは、結果が出るまで誰にもわかりません。

むしろ、それが正解なのか無駄だったのかは、今の自分にかかっています。

今の自分が、過去の自分の努力を意味あるものにするし、あるいは、意味ないものにしてしまいます。

セカオワのサザンカという歌に

『ここで諦めたら今までの自分がかわいそうだ と君は泣いた』

という歌詞があります。

こう思った事のある人、多いのではないでしょうか。

大学受験は、本当にいろんなプレッシャーとの戦いだと思います。

誰にも理解しがたい自分にしかわからない不安と永遠に戦ってきたと思います。

私が容易く分かるよ、そうだよね、なんて言えないくらい、泣きたい時も沢山乗り越えてきたのかなと思います。

だからこそ思うのは、ここからは自分を信じる練習をしてほしいという事です。

自信を持つ事、自分を大切にする事、とても難しいけど、今何よりも必要なのは、みなさんが自分自身を信じる力なんじゃないかなと思います。

そのためにも、未来の自分の自信になる、そんな毎日にしてほしい。

今までの皆さんの努力が、きちんと報われる事を心から願っています。

がんばろう。

 

最新記事一覧

過去の記事