勝者はまず、自らの弱みを知る。 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2019年 6月 13日 勝者はまず、自らの弱みを知る。

どうも、

東京理科大学経営学部

2年の大岩優斗です。

先日、電車の中でやりたい放題遊ぶ子供に

しびれを切らしたお母さんが、

「いい加減にしなさい。周りの人に迷惑でしょ。」

と、怒鳴っているのを見かけました。

市が尾駅くらいでの出来事だったのですが、

あのお母さんの声量は、

たまプラーザ駅のホームにまで

届いていたんじゃないか

ってくらい大きくて、

あなたの方が迷惑ですよと

言ってあげたくなりました。

車内に他の乗客が私しかいなかったので、

Air Dropで「うるさいです。」と

Air Drop痴漢ならぬ、

Air Drop注意をしようと試みましたが、

そんなことしたら、

また大声で怒られるのではないかと

ビビって送信しませんでした。

さて、雑談はこのくらいにして、

昨日で「大学紹介」ブログは

おしまいです。

電気通信大学に始まり、

慶応SFC

北里大学

明治大学

早稲田大学

麻布大学

上智大学

明治学院大学

計7つの大学紹介が展開されました。

実際に通っている大学生目線での

大学紹介は助手である自分にも

とても魅力的だったので、

まだ読んでいない生徒は

是非読んでください!

(各大学をクリックすれば紹介に飛べるよ!)

 

では、やっと本題に参りましょう。

長い間お待たせいたしました。

 

みなさん9日に終えた

全国統一高校生テストはどうでしたか。

結果の出来不出来もそうですが、

受けっぱなしになっていませんか。

点数がよかったからって

満足しない。

点数が悪かったからって

引きずらない。

可もなく不可もないからって

平然としない(笑)。

模試は受けたら終わり。

それでは意味がありません。

模試を受けたら、

結果をもとに自己分析。

担当の先生と面談して、

学習計画を作る。

あとはひたすら演習あるのみ。

そこで、今回紹介するのはコチラ!

(通販番組さながらの導入。)

センター過去問演習講座!!!!

今週は、受験の先輩である担任助手から

センター過去問演習講座の

おすすめの使い方を紹介していきます!

 

そんななか

トップバッターを務めさせて

いただくわけですが、

そもそも、

センター試験と二次試験。

それぞれ問われている能力が

全く違います。

 

例えるなら、

おにぎりとおむすびくらい。

裸足と素足くらい。

怒ってるんじゃない!

?ってるんだ!くらい。

(これ言う人ほど怒ってる。)

ごめんなさい。

あえて、

わかりにくく説明しました(笑)。

(かまいたち好きがにじみ出てる)

実際には、

秋田県と秋田犬くらい。

仮眠と過眠くらい。

(前回のブログでも登場しましたね)

脱線しすぎました。

話を戻すと、

センター試験は

処理能力

を問われ、

二次試験は

論理的思考力発想力

をメインに問われます。

つまり、

センター試験は

制限時間内に解き切る訓練

これが非常に大切です。

そのためにも、

圧倒的演習量!

厳しめの時間設定!

この2つが重要なカギです。

そして、

この2つを可能にしてくれる

東進コンテンツこそが、

センター過去問演習講座。

この講座は以下の3ステップを踏むことで

より効果的です!

 

Step相手分析

本試を2~3年分解いてみて、相手を知ろう!

解き方や考え方を解説授業で学ぶことで、

より理解も深めよう!

 

Step2 自分分析

苦手な分野を把握したら、大問別演習で

圧倒的な演習量を積もう!

時間制限機能を使って

80%の制限時間で解き切る訓練をすること!

 

Step3 本番分析

ある程度苦手を克服し、

得意分野も演習したら、

本試の過去問で自分の現状を知ろう!

 

Step1→Step2→Step3

→Step2→Step3→…

このようにサイクルすることで、

自信をもって本番に望めると思います。

以前、林修がこんなことを言ってました。

正しい方向に正しい努力をすれば必ず成績は伸びる。

模試後の分析で、

自分にとっての正しい方向を定め、

あとは正しい努力を積み重ねてください。

このブログを少しでも広めたい。

みんなに読んでもらいたい。

そう思ってくれた方は

URLをAir Drop

友達に送ってみてください。

私はこの作戦で、

大学に一定数の読者をゲットしました笑。

 

明日は山田綾乃さんのブログです。

深澤、大岩、山田と

体育会3連チャンですね。

私立志望でもセンター対策するの?

そう思っている方、

必読です。

お楽しみに。

では、おあとがよろしいようで。

担任助手2年 大岩優斗

 

〜夏期招待講習について〜

 

今なら4講座無料!!

現役大学生に受験のことをいろいろ相談もできる!!

高校3年間なんてあっという間。

夏休みは3回しかない。

けど、高3の夏はみんな勉強すると思う。

じゃあ、高1、高2の夏は?

本気で第一志望に合格したい人、

大学受験について詳しく知りたい人、

東進に興味がある人、

周りに差をつけるならこの夏、

ちょっとだけ無茶しませんか。

あとで絶対、「やってよかったあ。」

そう思える夏にして見せます!

青葉台校と一緒に頑張ろう!

詳しくはこちらをクリック!!!


 



過去の記事