今日という日 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2019年 2月 25日 今日という日

こんにちは。

慶応商学部2年佐藤広樹です。

 

 

本日、225日は

国公立大学の前期試験日ですね。

 

周りの受験生が続々と減っていく中

弛まず頑張ってきた

国公立志望の受験生へ

今日は

僕からブログをお届けしたいと思います。

 

緊張やプレッシャーに

悩まされている人がいましたら

読んでいただけると幸いです。

 

 

 

今日は

「重大で、特別で、人生の岐路である」

という日が

一人の人間に

一生のうち何回あるのでしょうか。

 

ちなみに、僕に関して言うと、

まだそのような日に

今年に入ってから

出くわしたことは

ありません。

 

「なんて薄っぺらい日々を送っているんだ」

と思う人がいるかもしれません。

 

しかし

逆に、特別で重大な日が

そうポンポン現れる訳がないと

僕は思うのです。

 

では、

受験生のみなさんはどうでしょうか。

今日は国公立大学の前期試験

があります。

 

おそらく

2年前の僕のように

緊張している人が多いと思います。

 

そして

話の流れからして

今日(と明日)が「特別な日」

になるのだろうと

思っている人もいるかもしれません。

 

でも、

それは違います。

 

なぜなら

今日(と明日)の成果によって

決まることは

「合格」「不合格」

たった二つの選択肢だからです。

 

「合格」の場合

確かに

自分のしたいことができる可能性は

高くなるかもしれません。

 

でも

「不合格」の場合

どうして

“自分のやりたいことができない”

“〇〇に比べて劣っている”

“終わった”

と思われるのでしょうか。

 

僕は

そんなことは全くないと思います。

 

不合格となったとしても

ほんの少しの制約がかかるだけなのです。

 

 なぜなら

結果がどうであれ

自分が大学生になって

“何をしていくのか”

“どう生きていくのか”

41日~」

(入学式以降)

に決まります。

 

41日になったら

自分が

何をするのか、どう過ごすのか

を決める

無限の選択肢

皆さんを待っています。

 

  

 

実際、僕は東大を目指していましたが

慶応に入っても

東大生と一緒のサークルに入り

共に道を歩んでいける

ことができることも知りましたし、

慶応に入って

新たな視点も知ることができました。

 

 

しかし

ここまで

僕が述べてきたことは決して

どんな結果でもいい

ということではありません。

 

 

そうではなくて

受験生のみなさんが

“どんな大学生になるのか”

が決まるのは

今日明日の試験ではなくて

入学してからだということです。

 

 だから

今日明日の試験に 

変なプレッシャーを感じないでください。

 

「今日ですべてが決まる」

「周りと比べられる」

考えるから緊張するのです。

 

 

自分が一番わかっているように

ここにくるまで

沢山努力してきたのだから

緊張やプレッシャーなどに負けず

最後まで

ここまでの努力をぶつけてきてください。

 

そして

大学生になったら

自分の夢を

追い続けてください。

 

担任助手2年 佐藤広樹


過去の記事