鹿住から受験生のみんなへ | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2019年 1月 25日 鹿住から受験生のみんなへ

こんにちは、

明治大学農学部生命科学科2年鹿住周です。

このブログは1月25日のものだから、

ちょうどセンター終わってから最初の私大入試までの中間くらいですかね(私はセンターから私大、二次試験対策に追われてました)。

 

そんなみなさんに伝えたい思いはこれ!

 

「できることを着実に」

 

どうです。すごく堅実でしょう。

もう残された時間ってそこまで多くはないですよね。

だけど先日のセンター試験で自分の課題が再発掘されて、

うわ、たくさんやんなきゃいけないことある…

って思ってる人、多いと思います。

 

だからこそ、そんなときこそ

「できることを着実に」

 

できることっていうのは2つあると思っていて、

1.今できる能力があること

2.今からやってのけられること

っていう2つです。

 

1つ目の今できる能力があることは、明日もできるように復習して点検することで維持してもらうとして、

2つ目の今からやってのけられることっていう方は見直すべき人もいるように思われます。

残された時間は限られてるのに、そんなにできる?っていう計画で最後の詰め込みしようとしている人いませんか。

 

前に友達と遊んだゲームでも同じようなことがあって

 

残された時間は少ない。(タイム制ですかね)

けれど相手のダメージ%はあまり溜まっていない。

だけど撃墜しないと。。。

ってなってたんですよ。

こんなときにガンガン大技振っても当たるか不安ですよね。

当たる技でダメージ蓄積させて撃墜できるくらいまで

着実にダメージ与えていきたいところです。

時間制限内に与えたダメージが大事です。

で、最後。

ダメージ溜まったところで渾身のスマッシュ技を叩き込む。

そしたら勝てそうじゃないですか?

躍起になって大技振っていって負けましたけども。

 

大技→無理な計画で詰め込む

当たる技→今からやってのけられる学習

ダメージ→積み重ねられた学力および実力

 

これで言い換えると、

残された時間は長くないからこそ

成果の上がる方法は?って優先順位つけて

そして着実に力つけて、

元からある力は維持して。

そして受験本番迎えられた方がいい!

 

ってことです。

少しでもみなさんには自分の勉強のこととして置き換えて考えてもらえればなと思います。

まだ時間はある!

最後までやり抜けるように、社員さん、担任助手一丸となって

思い思いの志望校で大乱闘を起こせるように

応援してます!!!

 

担任助手2年鹿住周