謝罪から始まる激励 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2019年 7月 19日 謝罪から始まる激励

こんにちは!

 
慶應義塾大学 文学部1年 蔵野蒔奈です。
 
更新遅れてほんっっっっっとうにすみません。
(生徒時代毎日ブログ更新楽しみにしてた勢なので、更新されないと愚痴ってました)
 
 
 
昨日のカワイさんのブログは、読みましたか?
カワイさんも仰ってましたが、夏休みって本当に一瞬です。
 
そして夏休み終わったら、本当に目の前に受験です。本番です。
 
皆さんに残された時間って、もう本当に無くなってきてる…ってこと、もう一度意識し直してみてほしいです。
 
 
 
さて、私もオススメの?夏休みの過ごし方を書きたいとおもうのですが…
 
なんとなく難しいので、『私の夏休み』についてざっくりお話しします笑
 
 
何回かお話ししたことがあるので、ご存知の方もいるかもしれませんが、私は夏休み前まで完璧なる【ダメダメ東進生】でした。
 
 
17:00にきて19:00に帰宅する。
毎日なんてこない。
土日はこない。
 
 
模範的なダメダメ東進生ですよね今考えると…
 
そんなわけで6月模試、
 
『大学受験、するの?』
 
という結果でした。あまりにひどいのでここでは具体的な点数は書きません笑
人権保護です笑
 
 
そんな私でしたが、夏休み前にあったHRでの担任助手の方の言葉に動かされ、
 
夏休み1ヶ月だけがんばろう!と決意しました。
 
1ヶ月だけやって、無理ならその後はゆるく流れに任せよう…と笑
 
 
その頃の私の志望校は『MARCHのどっか』という漠然とした目標で、しかもMARCHなんて夢の夢の夢のまた夢でした。
 
 
ただあまりの勉強のしなささに、『MARCH行きたいなら早慶目指してないと入れないよ』と母親に脅され、(まあ実際そうだと思います)
 
 
そのボロボロ6月模試の第一志望の欄、
『慶應義塾大学』にしてました笑
 
ほぼネタ感覚です実際…
 
 
これは今でも鮮明に覚えてるのですが、
ある日登校すると
 
受付で威風堂々と座ってらっしゃった圭一郎さんに
 
『慶應行きたいの?笑』と声をかけられ、2〜3分くらい早慶についてお話ししてもらったのですが…
 
正直、あの時心の中では
 
『行きたかったら勉強してるわwww本気で慶應目指してるように見えるわけないやろwwww恥ずかしいからやめて笑笑』って思ってました。ごめんなさい笑
 
 
まあそんなこんなで、7月の終わりからいきなり本気を出し始めた私ですが
具体的にどうがんばったのか、と言われると難しくて…
 
 
毎日誰よりも早く校舎に来る
必ず最後まで残る
塾にいる間の勉強量は1番でいる
1秒たりとも無駄にせずただひたすら勉強する
 
意識してたのって本当にこれだけで、これって基本的なことなんですよね…。
 
とくに私が強く思っていたのは、下二つだったと思います。
 
 
同じように、毎日開館から閉館時間まで残ってる高3生はたくさんいます。
ただその中でも、勉強量は必ず一番であろうと努力していたと思います。
 
これがいい方法だとは思わないので公言はしませんが、いろんな過激な方法(?笑)を使って精神奮い立たせてました笑
 
 
たとえば、昨日のブログの最後にも書いてありますが、
校舎での移動はダッシュでした笑
 
 
そんなこんなで8月上旬、ちょっとした偶然というか、キッカケがあって、慶應のオープンキャンパスに行くことになりました。
 
行くつもりもなかったし、観光気分でした半分。笑
 
 
けどキャンパスに入って、大きな階段(三田キャン知ってる人ならわかるかも)上がってる時
 
 
『わ〜〜〜私ここ目指さなきゃだ…ここ行くんだ…ここに行くべきなんだ…』って感じて…笑
 
この感覚に関しては本当に言葉にできないので無理に伝えようとは思いませんが、鳥肌が立って呼吸も浅くなって、本当に、衝撃が全身を駆け巡ってる感じです。笑
 
 
この夏休みのたった1日がなければ、今の自分ていなかったんだなと思うし
なにより、あの1ヶ月頑張りきれてなければ、今の自分は絶対にいなかっただろうと思います。
 
 
受験生にとって、夏休みは特別なものです。
 
そしてそれはあなただけではなくて、周りの人にとってもそうです。
 
夏休みくらいは、『周りより…!』と、競争心、闘争心、持っててもいいんじゃないかなと思います。
 
 
私が皆さんに、夏休み前に伝えたいのは
誰だって1位になれる状況なら、誰にも負けちゃいけない
ってことです。
 
学力は、それは差があるでしょう。それは仕方のないことです。
同じ志望校を目指す人の中で、点数のランキングが出されるなら、そこで1位を目指すことは、ある意味「無理」なことなのかもしれません。
けど、同じ志望校を目指す人の中で『努力量』で比べられるならば、誰にだって1位になるチャンスがあります。
 
 
校舎の中で、学力に差があったとしても、努力量なら、誰だって1位になれる。
なのに、1位を目指さない理由はきっとないと思うし、それは所謂甘え、なんだと思います。
 
 
 
努力をして無駄になること、減ってしまうものなんて1つもないけど、
そのたった1秒の怠惰で失うものは沢山あるんだってことを、忘れないでいて欲しいです。
 
努力すれば届くかもしれないものを、
努力しないで、届かないかもしれない…と心配するのは違います。
努力して前に進まないことなんてないから、後ろに下がることなんて絶対にないんだから、
前に進もうという気持ちを、強く持ち続けて1ヶ月間走り切ってくれたらなと思います。
 
 
 
更新遅れたくせに、すーごい上からな文章で本当にすみません。
夏休み、みんなで頑張りましょう!
 
明日のブログは大岩さんです!
ラディッシュ色の革靴が気になります。笑
皆さん明日も読んでくださいね~!!
 
助手1年 蔵野蒔奈
 
 

今なら3講座無料!!

現役大学生に受験のことをいろいろ相談もできる!!

高校3年間なんてあっという間。

夏休みは3回しかない。

けど、高3の夏はみんな勉強すると思う。

じゃあ、高1、高2の夏は?

本気で第一志望に合格したい人、

大学受験について詳しく知りたい人、

東進に興味がある人、

周りに差をつけるならこの夏、

ちょっとだけ無茶しませんか。

あとで絶対、「やってよかったあ。」

そう思える夏にして見せます!

青葉台校と一緒に頑張ろう!

※3講座が無料で受けられるのは

19日までに申し込んだ人だけ。

迷っている人は今すぐ申し込もう

↓詳しくはこちらをクリック↓


 

過去の記事