胸を張ることのできる受験生活を | 東進ハイスクール 青葉台校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 9月 6日 胸を張ることのできる受験生活を

どうもこんにちは、

明治学院大学経済学部河合です!

 

 

みなさん夏休みお疲れ様でした!

自分の夏休みの過ごし方についてみなさんそれぞれ満足していたり少し反省していたりと

様々な思いを抱いているとは思いますが

1か月以上も毎日勉強漬けの生活というのははじめてで

疲れてしまっている人が多いのではないでしょうか。

 

そんな状況で迎えた2学期、

久しぶりに会う仲の良い同級生たちを前に少し気が緩んでしまったという人もいるでしょう。

去年の僕はそうなってしまいました。

夏休み、朝のイベントを皆勤し毎日閉館まで勉強していた僕は

高校の始業式の日めちゃくちゃ久しぶりに会った友達との会話が楽しすぎて

学校が終わった後塾に直行せずにフードコートに寄り道してしまったことを覚えています。

(それでも罪悪感から16時ごろ友達を残して先に抜けて塾に向かったことは褒めてほしい笑)

 

 

友達と話したりして息抜きすることもとても大切なことではありますが

残された時間はかなり限られています。そのことだけは忘れないようにしてください。

ほんの少しの妥協が後の大きな後悔になりかねない、もうそういう時期です。

 

 

入試当日、今までの自分を振り返って

「あれだけ自分は努力してきたんだ、これ以上は無かった。

あとは全力を出し切るだけだ。」

胸を張って試験に臨めるかどうかを意識しながら、残された日々を大切に過ごしてほしいです。

 

通学時間での勉強の徹底、無駄な時間を作らないなど

最後に自信を持てるよう再度自分の生活を見直してみてはどうでしょうか

 

今からでも遅すぎるということは絶対にないと思います。

 

 

担任助手1年 河合佑馬

 


過去の記事