羽衣から受験生のみんなへ | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2019年 1月 17日 羽衣から受験生のみんなへ

こんにちは!

慶應義塾大学 看護医療学部 1年の

羽衣 優莉奈です。

 

この担任助手からの応援メッセージの3人目は

私がつとめさせてもらいます!

よろしくお願いします〜!

 

私が受験生のみんなに伝えたい言葉はこちら!

「人事を尽くして天命を待つ」

という言葉です。

この言葉は私が現役生の時に

元担任助手の先生がおっしゃっていた言葉です。

決起会の時の私は

「ここまで頑張ってきたけど

本番で失敗したらどうしよう。」

「本番失敗したら今までの

時間はなんだったんだろう。」

という不安焦りと戦っていました。

 

そんな時にみなさんと同じように

決起会の応援メッセージの中でこの言葉を聞いて

本当にその通りだなと思いました。

 

「人事を尽くして天命を待つ」

”人事”とは自分のやるべきこと=勉強

”天命”とは神様であると自分なりに認識しています。

 

なのでこの言葉は、

「自分のやるべき勉強を全てやり尽くしたら

後の運命は神様に任せよう」

という意味だと思ってます。

 

ある私の担当生徒は

「受験なんて運じゃね?」

とよく言います(笑)

 

私は本当にその通りだと思います。

正確には受験には運も含まれている、そう思います。

本番で

”たまたま”少し知っている内容の長文が出た

”たまたま”自分の得意な範囲の時代が出た

”たまたま”昨日やった演習問題が出た

受験にはたくさんの”たまたま”があると思います。

自分に向いている問題が出るかどうかは

ですよね!

 

でも私はその運を高めることができるのが

”勉強”だと思っています。

 

そのいろんな”たまたま”を生むのが

みんなの日々の努力なんです。

 

毎日の勉強が得意な範囲を生むのであれば

少しでもその範囲を広げればいい。

だからひたすら勉強する。

受験はそういうものだと思います。

 

 

だからこそみんなには

今この瞬間を大切にして欲しいです。

ただただ”人事”を尽くすことだけ

考えてください。

 

試験が終わった後に

どんな出来栄えであれ

「やることは全てやり尽くしたから

後の結果は運に任せよう」

と思えるくらい今、努力してください。

 

そしてそれでも不安になった時は

周りの人を頼ってください。

 

最後の最後までみんなのことを応援しています。

 

 

担当の高3生へ

ここまで一緒に頑張ってきてくれて

ありがとう。

みんなは思うように結果が出なくても

”勉強”から逃げずにここまで努力してきました。

私はみんなの担当になることができたのが

とても誇らしいです。

ここまで一番近くで応援してきた者として

みんなの努力は私が保証します。

最後まで諦めずに頑張っておいで!

 

青葉台校の受験生のみんな

 

いってらっしゃい!

 

担任助手 1年 羽衣 優莉奈