終わった後が一番大事 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 6月 17日 終わった後が一番大事

こんにちは!
立教大学社会学部4年の近内です。

季節はすっかり梅雨ですね。
皆さんいかがお過ごしでしょうか?
近内は連日の雨で少し
どんよりした気分になりがちです。
そんな時は室内に籠って、
コーヒー片手に読書をしています。

就職活動も終わり、久しぶりに?
ゆっくり自分の時間が取れるので、
学生の内にもう少し本にも触れようと思っています。
皆さんも何かおすすめがあれば教えてくださいね。

 

 

さて、今日6月17日は、

が実施されています。

部活や学校行事、各種検定などで
忙しい人も多いかと思います。

そんな中、せっかく1日使って受ける模試。
皆さんにはぜひ、
ただ受験するだけでなく
「成績を伸ばすためのきっかけ」
としてこの模試を活かしてもらいたいです。

模試の目標を決め、
今日まで勉強してきたでしょうから、
受ける前については割愛して、
受験後、自己採点をした後のお話しです。


①復習はなるべく早めに!
模試を受けてみて、できなかった問題。
その日の内に復習していますか?
当日は無理でも、翌日していますか?

試験を受けた時に疑問に思ったことや、
気になった範囲、その時の感情など、
時間が経つとどうしても記憶が薄れがちです。

試験を受けた感覚が新鮮なうちに、
復習に着手しましょう!

 

②自分なりに結果の分析をする!
点数がよかった人も、
思ったように取れなかった人も、
なんでその結果になったのかを、
しっかりと分析しましょう!

模試はあくまでも模試です。
点数を取れるようにはなってほしいですが、
自分の課題や実力を図るためのツールです。

点数の良し悪しに一喜一憂する気持ちは
もちろんよーくわかりますが、
少しだけ感情に身を任せたら、
その後は冷静に、
次に向けて動きだしましょう!

「なんとなく文章
が読めなかった」
ではなく、
「なぜ、読めなかったのか」
「次点数をとるにはどんな勉強が必要なのか

を自分なりに分析して、
言語化していく癖をつけましょう!
私大過去問や二次対策でも使う力です


 

③次に向けてやることを明確にする!
復習が済み、分析も済めば
次に向けての具体的な行動を考える時間です。

模試を受けてせっかく
やるべきことが見えてきても
行動しなければ意味がありません。

この時期ならば8月の模試などに向けて、
これまで通りの計画でいいのか。
それとも優先順位を変えたり、
今までとは違う対策が必要なのかなど、
分析をして分かったことを
もとに、
リスケジュールもしくは
新たにスケジューリングしましょう!

もちろん、
立てた計画はしっかり
実行に移していきましょうね!

 

さてさて、長々書いてきましたが、
もちろんすべてを自分でやれとは言いません。

僕たち担任助手も全力でサポートをします。
(模試後合格指導面談など!)

ただ、大切なのは、
まず、自分で考えてみることです。

考えて答えが出なくても大丈夫。
一緒に考えるお手伝いをします。
でも実は、やるべきことは
皆さん自身が一番わかっているはずです。

なので、摸試を受けた後の今日!
一度自分自身と向き合って、
これからの勉強について考えてみてください!

担任助手4年 近内健太

過去の記事