私の夏休み | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 6月 19日 私の夏休み

こんにちは

横浜市立大学医学部医学科の近藤惇史です。

今回のブログは私の受験生時代の夏休みの過ごし方について書いてみようと思います。

夏休みは朝から晩まで勉強をするし、しなければならないのですが、確実に行き詰まります。

そして、精神的にも辛くなります。

逆に夏休みを精神的にも体力的にも追い込めなかった人は落ちます。

そのくらい夏は辛いものですが、

その中で効率よく勉強する方法を考察していきたいと思います。

まずは場所を変えてみること。

学習環境は非常に大切です。東進のホームクラス、自習室はもちろん集中しやすい環境ですが、いつも同じ景色なので嫌になります。

オススメは学校の図書室。

周りは勉強してる人達ばかりだし、先生に質問に行けるので最も良いと思います。

逆にカフェとかファミレスとかは自分はあまり集中できませんでした。雑音は良いのですが、人の会話が入ってくると集中できません。

しかし人それぞれなので集中できる場所を模索してみると良いと思います。

場所を変えてもダメな場合は散歩します。

よく東進の受付に来て気分転換をする人がいますが、受付に友達がいたりすると話しすぎてしまうことがあるし、第1、勉強も会話も前頭葉が司っているのだから、果たして本当に休憩になるのだろうかと自分は思います。

その点散歩は空気を脳に取り入れることができるし、体も動かすことができるし、ボーッと出来るので良いです。

あとは早く寝ること。

私も夜型の人間なので人のことは言えないですが、試験本番は絶対に朝から始まります。

そこはそういうものなのだと諦めて朝方にすることを強くお勧めします。

大学に入って友達と話をしていると、睡眠時間を削って勉強していたという人をあまり見ません。

睡眠時間の低下はどう考えても集中力の低下を招きます。

本当に自分の時間を見つめ直してみれば睡眠時間を削らずに勉強できると思います。

とにかく効率を追い求めて、やるべきことを遂行した時点で勉強を終了するスタイルを確立してほしいと思います。

1分1秒でも暇にできる時間はないと思います。

東進青葉台校舎の外は思ったよりも強敵揃いですよ。

 

 

過去の記事