知りっこないを、知らなくちゃ。 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 9月 27日 知りっこないを、知らなくちゃ。

9月23日のブログで、

 

”肩幅の狭い人たちには嬉しい季節になりました。”

 

なんて言っている慶應義塾大学の人が居ましたね。

覚えていますか?

 

”肩幅の広い人には分からないかもしれませんが、

肩幅が狭いと

Tシャツ、似合わないんですよね、、”

 

肩幅が広すぎると、服選び困るんですよ―!!

Tシャツ似合ってもシャツとかパツパツに

なるんじゃー!!

一年中悩ましい季節、

どうも、電気通信大学一年の南雲です。

 

 

そろそろ、

なんで勉強してるのかもうわかんない!!

ってなる人もいるのではないでしょうか。

 

そんな人のためになるかわかりませんが、

今日は鉄道に関する、

小噺を1つご紹介します。

 

…意味分からないですか?最後まで読んでね。

 

皆さんは電車に乗っていて、

カーブで倒れそうになったことはありませんか?

このとき、皆さんの体には遠心力が働いています。

 

みなさんが遠心力を感じるということは、

当然走っている電車にも遠心力が働いています。

では、なぜ電車は倒れないのでしょう??

 

 

答えは、‘‘傾き’’です!

電車の線路は、カーブのところでは

外側のレールの方が高くなっていて、

自然に車両が内側に傾くことで

倒れないようになっているのです。

 

知らないよ、って感じですよね。

そう、今の皆さんは知らないことだらけです。

世の中には、

皆さんの想像もつかないようなことが

たくさんあるんです!!

 

知らないのはもったいないし、

なにより損します。

 

もしかしたら知らなかったことの中に、

自分が本当にやりたかったことが

隠れているかもしれません。

 

知らなかったがために、

悪い人に騙されてしまうことも

あるかもしれません。

 

たしかに今の皆さんが出来る勉強は

机の上で数式を解くことや、

歴史の年号を覚えることで、

退屈に感じてしまうのも無理はありません。

 

ですがそれは、

その先の大学に受かるため、

あるいは大人になったときに

自分が本当に学びたいことを

学ぶための

カギ

になります。

 

もう受験本番までのこり半年もありません。

大人になって、後悔しないように、

人生で一番長い‘‘たった半年’’を、

最後まで走り抜けよう!!

 

 

担任助手一年 南雲拓真