次のステップへ進むみんなへ | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2019年 3月 13日 次のステップへ進むみんなへ

こんにちは!

花粉症で死にそうな鵜飼です・・・。

 

もうすぐ一年間が終わりますね。

三年生はもう卒業式が終わって春休みでしょう。

 

僕も無事三年生になることがきまり、

大学が半分終わったということになります。

 

二年間過ごしてみて思ったことは、

大学は大学に入る前にイメージしている

感じと全く違うということ。

 

そんな大学生活で何をしたらいいのでしょうか

色々なところで読みますが、

就職活動をする際に一番困るのが

「自分は何がしたいのか」

が分からないということだそうです。

 

特に日本人はこれが分からない人が

すごく多いらしく、

留学に行った友達からはまだ20歳に満たないのに

「私は~を成し遂げる!」「~を通して世界に貢献する」

と言い切る人がたくさんいて

刺激的だったと言っていました。

 

そうならないように、

大学でその答えを探せるといいんじゃないかなと

思います。

 

そのためにおすすめなのが二つ、

 

①たくさん手を動かす

大学入ってしたいことがたくさんある人、

すごくいいと思います。

 

二年間過ごしてみて思いのほか

あっという間なので、

やりたいことを探す時間は

短い方が良いと思います。

 

一方で大学に入ると大学の

イメージが変わるので

当然やりたいことも変わります。

 

やりたいことが変わったら

変わった通りに素直にやればいいと思います。

特に、大学に入って自分探しをしたい人!

 

自分を探すために

考えにふけるのもいいですが、

目の前にあるやりたいことに

熱中することが

なによりも自分をさがすことに繋がります!

 

自分探しというよりは

自分作りというイメージでしょうか。

 

多くの事を経験することで自分の中で

こういう事は好き、こういう事が嫌い、

が見えてくると思います。

 

とりあえずチャンスがあったらどんどん

飛び込んでみればいいのではないでしょうか。

 

②考えることを行動に落とすこと

これはこのまえ聞いたのですが、

いきなりパラパラと職業の一覧を見ても

これやりたいなってなることは少ないかなと思います。

 

そこで大事なのが、

どういう行動が好きなのかで考えてみること。

 

「人と話すのが好き」「正解を探すのが好き」

どういう事をしてる時に楽しいとか楽とかって

必ずあると思います。

 

そういうステップを踏んで探してみると意外と

簡単に見つかりますよ!

 

最後に、、、

担任助手には

いくつか部門があって

僕は今年一年間

高校三年生に対して活動していく

部門でした。

 

他の担任助手から話を聞きながら、

いろいろ大変なこともあったけど

今年一年間、その部門で

活動していてよかったなと

思いました。

 

一年間、ありがとう!!!

担任助手2年 鵜飼周也