模試ってうける意味ある? | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 6月 26日 模試ってうける意味ある?

こんにちは!!担任助手1年の南雲です!

今日は模試について書きたいと思います。

 

この前の全国統一高校生テストを受けたみなさんは、お疲れ様でした!

結果とか判定を気にするだけじゃなく、問題の復習もちゃんとやるようにしてくださいね。でも皆復習の話はしてると思うので、今回は割愛します!

 

 

僕が高校2年生のとき模試は、受講したのに時間を取られる、厄介なものとしかとらえていませんでした。。。

でも高校3年になって、部活を引退していざ受験生になってみると、センター本番まで、

東進の模試は4回しかありませんでした!!

 

受験生になると、

  1. 一個でも模試を多く解いて問題になれること
  2. 他の受験生と比べて自分がどこにいるのか知ること

がとても重要です。

 

センターの模試を高校1、2年のうちから解くことの意味は、

  1. 早いうちからセンターの形式を知り、対策をしやすくすること
  2. 結果から受験までの予定を立てて計画的に勉強を進めること

にあると、僕は思っています。

 

なので高1、2生のみんなもめんどくさがらず受けて、復習までしっかりやりましょうね。

 

高3生のみんなは、ここからセンター試験本番まで、一回一回の模試に全力で当たっていってください!!

というのも、センター試験直前になると、何をしていいか分からなくなります。

直前にできることなんて限られてくる、その中で何をすべきかを選んでやっていかないといけません。直前で焦る人も多かったです。

なのでみんなは、早いうちから直前に目標点を取るために何をすべきか、考えて一回一回の模試に取り組んでいきましょうね。

 

東進には厳しい受験を戦い抜いた先輩たちがいっぱいいます。

ったりしたら焦ったりしないで、気軽に受付の先生に声をかけてくださいね。

待ってます!!

 

 

 

担任助手一年 南雲拓真