木賀の2018年と2019年 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 12月 15日 木賀の2018年と2019年

立教大学経済学部4年

木賀光輔です!

 

現在ブログのテーマは、担任助手の

2018年の振り返りと2019年の抱負

みなさんはどんな1年でしたか?

 

〈2018年の振り返り〉

木賀の2018年は、この2つに尽きます。

①1〜4月…就活

②4〜12月(3月)…人生の夏休み

特に就職活動、いやあ大変でした。笑

将来どんな人間になりたいのか、

将来どんな生活を送りたいのか、

自分にとって何が幸せで、

人生を懸けて一体何を実現したいのか、

自分はどんな仕事がしたいのか、

自分にはどんな仕事が向いているのか、

自分は何が好きで嫌いで、

自分にとって何が正義で悪で、

自分は何が得意で苦手で、

自分の魅力は何か、

考えに考え、

しかもそれを面接で

伝わるように伝えないといけなかったり、

とにかく大変でした。

良い経験ではありましたけど。

 

木賀は大学受験で失敗しました。

現在通っている大学学部は当時の第5志望。

その失敗から木賀が立てた大学生活の目標は、

就職活動では、必ず第一志望を勝ち取る

そのために「採用したい」と思われる学生になる

入り口ではなく、出口で勝負だと思って、

大学生をしてきました。

無事に、

第一志望の企業から内定をいただき、

大学受験のリベンジができました。

 

みなさん、今は第一志望校合格を目指して、

受験勉強を頑張っているところだと思いますが、

大学に進学するまでに、自分なりに、

大学生活の目標

(=大学生活を通してどうなりたいか)

を立ててみるといいかもしれません。

木賀はそうすることで4年間ブレずに過ごせました。

 

人生の夏休み(約350日)については、

特に書くことは無いです。笑

就活も、授業も、卒論も、何も無い。

好きに起きて、好きに寝て、好きにして、

こんな生活は赤ん坊の時以来です。

後悔がないようにダラダラします。

この人生の夏休み最大のイベントは

1です。楽しみです。

 

 

〈2019年の抱負〉

近内先生と同じく、木賀も春から社会人。

超楽しみです。

そんな2019年の抱負は

同期の中で誰よりも失敗する

 

僕は担任助手を4年間やってきて、

誰よりも”失敗してきた”自信があります。

失敗して失敗して、

その度自分を変えようと

ジタバタしてきました。

精一杯前向きに捉えれば、

失敗したということは”挑戦した”ということ。

ある意味

“失敗すること”を学べたことが、

担任助手をやった一番の収穫でした。

 

大学2年の春休みに

初めての海外旅行に向かう途中で

電車の中の広告で偶然見つけた

たくさん失敗した若者ほど、

愛される大人になるらしい

このフレーズがなぜか

いまだに印象に残っています。

 

新たに「社会人1年生」として、

とにかく真似て、学んで、

失敗して、たまに成功できたりして、

そうやって少しずつ、

なりたい自分になれるように、

憧れた生活が送れるように、

頑張っていきます。

 

そして残りわずかですが、

担任助手として少しでも

みなさんの背中を押せるよう

全力を尽くしますので、

来年もよろしくお願いします!

 

担任助手 立教大学経済学部4年 木賀光輔