最後までやりきる | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2020年 2月 15日 最後までやりきる

 

こんにちは

明治学院大学社会学部

2年のフカサワケイです。

 

昨日の南雲先生のブログは

読んでいただけたでしょうか?

内容はここでは言いませんが、

必ず響きます、絶対見てください!

さて、本日は2月の15日

ということで

もう私大受験は半分以上終わりましたね。

 

これからは私大の後期受験と

国公立の二次試験でしょうか。

まだまだ終わらない人もいますが、

最後最後まで踏ん張りましょう!

 

私から受験生に贈る言葉は

「中途半端に終わるな」

ということです。

 

これは私が現役時代(約2年前)に

担任の助手にもらった言葉なのですが、

 

まず、受験は人生の通過点でしかありません。

その通過点において

もうだめだ」、「もう頑張れない

そんなことを嘆いていては

これから人生7~80年もの長い時を

努力して生きていくことなどできません。

 

逆に捉えれば

今を頑張れるなら、努力できるなら

この先の人生の中で

辛い試練や困難に突き当たっても

受験の努力を自信として

頑張れるのではないでしょうか?

 

受験終了まで残りあとわずか

最後に変な妥協なんてしないで

全身全霊を勉強に向けてみませんか?

私から受験生に言えるのは以上です。

 

そして、新高3

あなたたちはもう受験生です。

「部活で忙しいから」

「行事の委員で塾に来る暇がない」

そんな言い訳はもう通用しません。

今の高3の雰囲気を感じてビビってください。

あなたたちは一年後にこうなります。

以上です。

 

明日のブログは大岩先生です。

普段から言葉一つ一つに

ユーモア溢れる彼からは

どんな応援メッセージが

もらえるのでしょうか??

乞うご期待!

 

担任助手2年 深澤 圭


 

過去の記事