新校舎長の篠原和基です!!! | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2019年 5月 20日 新校舎長の篠原和基です!!!

新しく青葉台校の校舎長になった「篠原和基」です。

昨日、佐藤前校舎長の熱いメッセージ!!グッとくるものがありました!!

そして、佐藤校舎長の思いをしっかり引き継ぎ、

皆さんを合格に導き、

10年後、20年後、それぞれのステージで

大活躍できる素地を大学受験を通じて身に付けさせたいと心から思いました!!

一生懸命、皆さんのお役に立てるよう頑張りますので、

宜しくお願いします!!!

 

さて、私の紹介を少々

実は、佐藤校舎長よりも年上であり

これまで南浦和(埼玉)→川越(埼玉)→静岡(静岡)→

藤沢(神奈川)→渋谷駅西口(東京)→三軒茶屋(東京)

※藤沢から先校舎責任者

と生徒の夢・志・第一志望校合格の応援をさせて頂きました。

若さは、担任助手のみんなや安倍社員に任せますが、情熱は誰にも負けませんよ(笑)

青葉台校でも、皆さんの夢・志・第一志望校合格の応援をさせて頂きます。

どんどん声を掛けていくので、皆さんからも何かあっても、なくてもどんどん声を掛けて下さい。

 

さて、経験エピソードです。

「ビリギャル(映画)」のようなことって本当にあるのか!?

と言われることがよくあります。

答えは「ある」ですね。

努力をすれば「合格」を勝ち取ることはできます!

例えばある生徒A君がいました。

彼は、ある高校のバスケットボール部キャプテン。

高校3年生の4月の時の英語の成績が4割、国語が3割、社会が4割という結果でした。

正直この結果のままだとどの大学の合格も難しい・・・

ただ、A君が目指した大学は慶應義塾大学法学部でした!!!

※ちなみに、A君が通っていた高校から慶應義塾大学に合格したことはありません・・・。

まず結果から伝えると、A君は慶應義塾大学法学部に合格しています!!!

そして、それ以外にも多くの難関大学の合格を果たしました!!!

では、なぜA君は第一志望校に合格することができたのか!?

それは、

①第一志望校を明確にし 

②第一志望校に合格するためのメニューを考え

③メニューを実行するためのスケジュールを考え

④そのスケジュールをやりきる

※ただやるのではなく、日々自己分析を行い、意味のある学習を

自ら求め、自ら考え、自ら判断し、実行していました。

(誰かに言われ、誰かに考えてもらい、強制的にやらされるということはないです)

 

受講コマ数は、3年生の時で340コマはやっていたと思います。

(5月40コマ 6月50コマ 7月60コマの猛勉強です)

まさに「努力は決して裏切らない」を実証してくれたのです。

 

経験があるせいか、これまで何千人と生徒を見てきたせいか、

私には多くの成功体験エピソードがあります。

皆さんにとって「今聴きたい」エピソードもきっとあると思います。

このブログで書くこともありますし、

実際にお話することもできます。

どんなことに悩んでいるのか、どんな勇気が欲しいのか

校舎に来た時、聴かせて下さい。

 

さて、明日のブロガーは新居さんです。

きっと素晴らしい内容を書いてくれると思います。

是非、明日も見てくださいね。

それでは