折れない心と立ち向かう勇気 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2019年 12月 30日 折れない心と立ち向かう勇気

 

こんにちは。

とある性格診断で

担任助手に向いているのではないかと

思ってしまっている

東京理科大学経営学部経営学科

2年生も残すところあと期末試験だけの

大岩優斗です!

 

約1週間前にもブログを

担当したので、

また大岩かよ。

(↑わかる人にはわかるボケ。)

なんて思う方もいるかもしれませんが、

お付き合いください。

 

本題に入る前に、

昨日の高井さんのブログを読みましたか?

基礎・基本の大切さ。

これについて語っています。

私大志望の人、緊張しやすい人は必読です。

 

さて、今日はメンタル面の話をします。

突然ですが、世の中にはこんな名言があります。

 

PKを外すことができるのは、

PKを蹴る勇気を持った者だけだ。

 

センター試験に挑む

○○大学を第一志望校にする

大学受験をする

国立志望にする

理系にする

日本史を極める

 

これまで今日という日までに

いくつかの受験における選択をしてきているはずです。

自分がその選択を下したことをほめてください。

そして、自分の選択に自信を持ってください。

 

同じ人がこのような名言も残しています。

 

PKを決めても誰も覚えていないが、

外したら誰もが忘れない。

 

仮に失敗したとしても、

ポジティブにとらえましょう!

自分は直前の模試で

190点台だった国語が

本番120点でした。

 

自己採点直後は絶望したけど、

すぐに切り替えました。

おれの国語力はセンター試験を超えたのだと。

そう高々と宣言しました。

そして、すぐに

復習と解き直しをしました笑

 

なぜなら、またしても

彼の名言を思い出したからです。

 

今を戦えない者に、

次や未来を語る資格はない。

 

さて、明日は本多先生です。

いかにも新聞学科に通ってそうな名字ですよね。

本当に読書家なんでしょうか笑

お楽しみに。