小川祥汰の2019&2020 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2019年 12月 6日 小川祥汰の2019&2020

 

こんにちは。担任助手3年の小川祥汰です。

 

また藤本先生からブログを引き継がれてしまいました。

もう彼に言いたいことはありません。

 

さて、今日のテーマは「2019年の振り返りと2020年の抱負」

実はこの企画、毎年恒例なんです。というわけでこのお題でブログを書くのも4回目。

 

私はこのブログ企画では毎年あるテーマを設けています。

それが、「今年の漢字と来年の漢字」

今年を振り返って、漢字一字で表現する。

そして来年の抱負を、漢字一字で表現する。

昔グループミーティングを持っていた時に毎年やっていた企画でした。

楽しいので良ければやってみてください。

 

さて、昨年度のブログでは

2019年の抱負の漢字を

「白」

としていました。

大学生活を通して偏ってきていた物の考え方や価値観を一旦フラットにして、

新たに様々吸収したいという願いを込めてです。

 

2019年度を振り返って

「黒」

です。間違いなく。

こんなにも人間として変わった一年間は今までありませんでした。

 

なぜ変わったか。

初めて「極限」を経験したからです。

 

大学生活を通して、私は必ず3足以上のわらじを履くようにしてきました。

それは、いつかの入学式

「大学生は、部活サークル・恋愛・勉強・バイト・遊びのうち、2つまでしか出来ないらしい。」

こんな言葉を耳にしたから。

いや、嘘つけよ。

3つ以上、やってやらあ。

そう思ったからです。

 

さて2019年。

当然のように5足のわらじを履いてやりました。

ここまでは問題なし。

要領だけが取り柄の小川です。

 

しかしここからが問題でした。

1足のわらじが重すぎる問題が発生しました。

 

ここでは特に重かった2つのわらじをご紹介。

 

一つ目、東京六大学準硬式野球連盟というところで学生委員長を務めました。

1月からですね。これで出鼻をくじかれました。

やること多いわ、呼び出されることも多いわ。

何にせよ、六つもの大学が所属する連盟のかじ取り役になるということはかなりの重責でした。

 

二つ目、僕が所属する部、準硬式野球部で実質的な最高権力者になりました。

業務量が増えたことがまず一つ。

そして何より、100人の部活人生を背負うという重圧はなかなかでした。

 

 

人生で初めてキャパオーバーというものを経験しました。

キャパおばけと呼ばれうはうはしていた自分が恥ずかしいです。

 

しかし、そんなしんどい生活の中でもなんとか折れずに努力を続けることが出来ました。

支えとなったもの、それは強い「責任感」でした。

 

以前のブログでも書いた気がするのですが、

楽しい、頑張りたい等のポジティブな感情では99%までの努力しか出来ない。

限界を超えて、100%ないしは101%の努力をするのに自分を突き動かしたものは、この「責任感」でした。

このことへの気づきを得られたことが2019年最大の収穫です。

本物の「責任感」を知ることが出来ました。

一ヶ月で5kg減った体重等、失ったものも大きかったですが。

 

振り返ってみれば、東進の担任助手生活もそうでした。

生徒という責任を負うべき存在があったからここまで頑張れました。

 

これから大学生になるみなさん。

「責任ある立場」

これだけは必ず経験してみてほしいと切に願います。ほんと。

 

 

さて、2020年の抱負を。

「果」

にしたいと思います。

 

何よりも、成果にこだわりたいと思います。

 

最近、自分にとっての「成果」が何か気づきました。

「感動体験の提供」です。

 

部活なら、「頑張ってよかった」と部員に思ってもらうことが自分にとっての成果の様です。

ふとした瞬間に気づきました。

 

東進も同じです。

「頑張ってよかった。」と思ってもらえた時が最高です。

 

そして、ぶっちゃけ自分に感動体験提供したいです。笑

頑張ってきたという自負はあるがゆえ。

 

2016 新

2017 変

2018 一

2019 白

2020 果

 

漢字シリーズ、これだけ続けると見応えあるものになりました。

みなさんもぜひやってみてください。

 

明日のブログは田中先生です。

私から見た彼女の2019の印象は「長」です。

生徒時代からずっとショートだった髪がついにロングになったからです。

きっと明日のブログは紙の話を小出しにしてくれるでしょう。

 

慶應義塾大学経済学部3年 小川祥汰

 

冬期特別招待講習

お申し込み受付中!

今なら・・・

5回×3講座

授業が受けられます!

 

 

 

 

↑申し込みはここをクリック↑