受験を終えた皆さんへ | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2019年 3月 16日 受験を終えた皆さんへ

こんにちは。

明治大学農学部二年鹿住周です。

3年生の皆さんは受験お疲れ様でした。

自分の納得行く結果だった人も、そうではなかった方もともにいるとは思います。

受験を終えた3年生に大学生鹿住の目線から伝えたいことをつらつらと綴っていきます。

 

まずは「謙虚さ」。

受験生はこの1年間ほどを学力や偏差値を1つの大事な価値観としていたと思います。

だからって他の人にとっては学力が必ずしも大事なこととは限りません。

自分が○○大生だから、大学生だから、○○志望だからちょっと偉いんだ。みたいな考え方の人っていますよね。

私はあまりそういう人が好きじゃなくて。

実際にその人がどんな人なのかってことが知りたいんですよ。

大学名なんてその人のことを表すほんの一部だと思うんですよ。

まあ、もちろんその大学を目指して積み重ねてきた努力は本物だと思いますけれども。

 

自分の周りの話なんですけど

もうだいぶ社会人になった友人が増えてきたんですよ。

正直今の段階だと、

「自分でお金稼いで1人暮らししてっていう生活をしている友人に比べると自分は本当にまだまだだな~」

って凄く思います。

ただ大学生って肩書きだけの人間だと100:0で負けてるなって。

 

本当に大学生って肩書きだけなら価値は薄いと思います。

好きな勉強をするためにお金を払ってもらっている状況だなって感じています。

 

大学生活を通して何をするのか。

どういう人間になるのか。

そんなことを意識して新生活をスタートして欲しいです。

 

二個目にしてラストなんですが「感謝」。

日本の大学進学率って50パーセントちょいみたいですね。

大学に行かない人も沢山います。

最近「はっ!」としたことがあるのでそのことを書いていきたいなと思います。

この前の1月、丁度成人式の後の同窓会で、自分で働いて一人暮らしをしてるA君と話をしていたときのことです。

 

A「鹿住は大学で何しているの?」

私「生物系かな。細胞とか」

A「どんな仕事に就くの?薬?何?」

私「んー、仕事っていうとなあ。生物系ってあんまり仕事に直結しないんだよね」

A「へえ~、じゃあ何で大学行ってるの?」

私「、、、好きだからかな。」

この瞬間やベーって思いました。冷や冷やです。

いや、働いて一人暮らししてってやっている人に好きだからとか言えませんよね。贅沢で。

好きだからとか言って、働かずに大学通わせてもらってってめちゃめちゃ恵まれているなって。

 

そもそも大学に行くっていうことが、

なにかしらの制約で難しい人も知り合い見渡せば多くいます。

大学受験も大学行くこと自体も恵まれたことだと思います。

それがどれくらい凄いのかってなかなか分からないです。

自分でも書いておいていまいち分かってないです。

でも確実に感謝しないといけない環境であることは分かります。

 

はい、見切り発車なので〆方に困っています。

だけど伝えたいことはだいたい網羅できたと思います。

自分が行ったことを真に受ける必要もないと思います。

共感してくれたことは共感してもらって、

違うと思うことは違うでいいと思います。

 

本当にお疲れ様でした。新生活頑張ってください!

 

担任助手2年鹿住周

 


 

過去の記事