佐藤のブログ | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2019年 10月 6日 佐藤のブログ

みなさんこんばんは。

慶應義塾大学経済学部4年、

佐藤圭一郎です。

 

一日更新が遅れてしまい申し訳ありません(T_T)

 

一昨日の河合先生のブログは読んだでしょうか?

彼が担任助手になってから、

モチベーションは維持できるのか、

PCスキルは上がるのか、

それに関しては

僕もとても危惧しておりましたが、

二年目の今、

立派な担任助手になれていますね。

 

また、河合先生以外も、

今回のブログのテーマはとても面白い!

みんなそんなこと思ってたのかぁ…

と僕も楽しみながら読んでいます!

みんなもぜひ読んでみて!

 

 

さて本題。

僕がなぜ担任助手になったかですが、、、

四年目の今、

「なぜ四年も続けているのか」

についての方が皆さん気になると思うので、

それについて書こうと思います。

 

 

「なぜ担任助手になったか」

これについては、他のみんなと変わりません。

自分の経験を後輩に伝えたい、

自分の担当だった人のように

生徒に頼られる助手として働きたい、

校舎への恩返し…って感じですね。

 

「なぜ四年も続けているのか」

これが本題。

正直自分でもびっくりしています。笑

一年の時は部活が忙しく、

学年の中でworst3に入るくらい

校舎への出現率は低かったし、

担任助手になるときは、

「一年でやめる」

とはっきり決めていたし。

 

まず、二年目はなぜか。

 

これは間違いなく、

同期の存在です。

この仕事は学生が多く、

横の強い繋がりが本当に生まれます。

週に一回必ず会っていて、

同じような壁にぶつかり、

悩みを抱えたら、

もうまぶだちです笑

僕は同期の助手のみんなが

人間として好きだったし、

それだけでなく、

かなりリスペクトもしていました。

だから、

こいつらとならもっと校舎の生徒に

いい刺激を与えられる。

そう思って二年目は続けました。

そんな仲間に会える、最高の場所です。

 

そして三年目。

これは生徒です。

やはり僕にとって生徒は、

特に担当生徒は、

全員めちゃめちゃ可愛い弟・妹です。

そんな生徒を放って、今更やめられない…

そんな思いから、

二年目よりもきっぱりと続けることを決意しました。

自分の生徒が大学で活躍している噂を聞いたり、

楽しそうなSNSの投稿を挙げていたり、

いい友達に囲まれているのを見ると、

「あの時頑張ってよかったな…」

と、いつまでも喜べます。

最高の宝物です。最高の出会いです。

受験はこういう繋がりも生んでくれるし、

担任助手は縦のつながりも最高です。

 

そして四年目。

これは後輩です。

今まで生徒だったみんなが、

校舎を引っ張ろうとしてる、

担任助手として自分の仲間になってくれた、

こんなに幸せなことはないです。

見守りたい、手伝いたい、

それとまあ四年目は、

慣性の法則です笑

 

最高の同期がいて(今は小川のみ)、

 

生徒と話してモチベーションや

志を高めるという最高の仕事で、

 

最高の後輩が頼ってくれる、

 

ここはそんな場所です。

 

この仕事の素晴らしさは、

僕と小川が一番よく知っています。

 

そして何より忘れてはいけないのが、

社員さん、先輩の存在です。

 

社員さんはいざというときは助けてくれるのに、

基本的にやらせてくれます。信じてくれます。

これが成長するために必要な環境です。

優しく、厳しく、そんな人たちです。

 

そして先輩方。

もう四年なので上はいませんが、

今でも社会人になってからも、

遊んでくれて、背中を見せてくれます。

そして後輩はそれを超えてやろうと野心を燃やす。

良い環境です。

 

少しでも興味あれば話しかけてください。

惹き込みますよ。笑

 

以上!

 

明日は同期の小川です。

奴は静かに熱い男です。

きっと意味わからない説明で、

担任助手の魅力を語ってくれるでしょう笑

 

担任助手

4年 佐藤圭一郎

 

 


過去の記事