一生の思い出 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2019年 6月 29日 一生の思い出

こんばんは、

担任助手4年の佐藤圭一郎です。

 

昨日の凛太郎先生のブログは読みましたか?

彼は僕の高校の後輩です。

ラグビーで最後まで部活がある中、

国公立文系一橋志望、

体育祭でも団長を務め、

立派に高校生活をやり切り、

見事第一志望大学にも合格して見せました。

模範的な部活生ですね。

隙間時間の活用法について聞きたくなったら、

小川凛太郎に聞くのがおすすめです!

 

僕も部活生へのブログということで、

まずは先日の、

僕の唯一の同期、

小川祥汰先生のブログに対して

「はげど!(激しく同意)」(古い)

って感じだったので、まずはそれを読んでみてください↓

========================

なぜ部活生は成績が伸びるのか written by 小川祥汰 06.23.19

========================

 

(↑のリンクに飛んで、

このブログの続きを読まない人は

80%と予想しています。笑)

 

自己管理能力は間違いなく、

部活で得られる財産ですね。

 

これは補足すると、

部活に限った話ではなく、

体育祭・文化祭などの行事についても

同じことが言えると思います。

 

優勝したい。⇒そのためにどうするべきか。

・過去の優勝者から経験を聞く。まねる。

・自分でチームを分析してどうしたらいいか考える。

・捧げた時間は集中して取り組む。

・コーチや先生に言われた通りにやってみる。

 

↑の話を、

優勝⇒合格に変えたらすべて同じ話ができます。

 

合格したい。⇒そのためにどうするべきか。

・過去の合格者から経験を聞く。まねる。

・自分を分析してどうしたらいいか考える。

・捧げた時間は集中して取り組む。

・先生や助手に言われた通りにやってみる。

 

要は、

「目標を定めてそのために貪欲に努力する」

という経験こそが、

受験にとって一番役に立つ力であり、

高校生活で得られる大きなスキルです。

 

もちろん受験勉強を頑張って欲しいし、

頑張らせるために僕達は働いています。

しかし、いつもHRでは、

「高校生活でしかできない経験(部活・行事など)を

全力でやって欲しい」

と毎回僕は言います。

 

それはつまり、その経験を全力で出来ない人に、

嫌いな勉強に全力で取り組めるはずがない。

まずは好きなことを100%やって、

自己管理能力を身につけてくれたらいいな。

それを受験にも応用してほしいな

ということです。

しかもその経験は、一生の思い出にもなります。

 

高校生活、悔いなく、受験もすべて全力で。

やりきってください!

 

明日のブログは、

いつも元気なおてんば娘、

山田あやの先生です!

彼女のブログから

みなさんパワーもらってください!!

 

 

慶應義塾大学経済学部四年 佐藤圭一郎

 

 

〜夏期招待講習について〜

 

今なら4講座無料!!

現役大学生に受験のことをいろいろ相談もできる!!

高校3年間なんてあっという間。

夏休みは3回しかない。

けど、高3の夏はみんな勉強すると思う。

じゃあ、高1、高2の夏は?

本気で第一志望に合格したい人、

大学受験について詳しく知りたい人、

東進に興味がある人、

周りに差をつけるならこの夏、

ちょっとだけ無茶しませんか。

あとで絶対、「やってよかったあ。」

そう思える夏にして見せます!

青葉台校と一緒に頑張ろう!

詳しくはこちらをクリック!!!