ポジティブ! | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2019年 5月 3日 ポジティブ!

こんにちは!

立教大学社会学部2年の

佐野理奈です。

東進を四月で引退したので

最後のメッセージになります。

最後だから勝手に自分が

1番強く思っていることを

書きます!

 

ポジティブ

が1番だ!

ということです。

 

元からポジティブだったら

あんまり関係ないかな。笑

でもちょっと不安になったり

すぐにネガテイブに考えがちに

なったりするのだとしたら

少しだけでも心に残して

おいてくれたらうれしいです!

 

 

今はまだ時間に対しての

焦りも成績が伸び悩むことも少ない。

だけど夏を超えて

過去問を解く時期になると

そういう心の面で

やる気がなくなったり、

勝手に諦めちゃったり、

時間を無駄にしてしまうことが

あると思います。

 

 

わたし自身、

10月模試では

数学以外全部成績が下がって、

勝手に諦めかけて

やる気を失ってしまいました。

成績が落ちて、

なんか無理な気がする…と

思ってうじうじしてました。

でもそれは受験から

逃げたかったのかなとも思います。

受験勉強が終盤になってきて、

疲れるし、時間がなくて焦るし、

辛い、そういう時に、

もうこれ以上伸びない!と

思って一回受験勉強から

目を背けてしまいたかったんだ

と思います。

 

でも、

それは今ではダメだったなと思います。

落ちたのだったら

その分上げなきゃいけないし、

自分がもう成績が伸びないなんて

なんで勝手に決めつけてたんだろう

と思います。

こんなことでうじうじしてる間に

もっと成績を上げてやる!と

思っている人は必死になって

勉強しているというのに。

 

だから

みんなには

自分で自分の限界を

決めて欲しくない!

 

もう無理だなんて思わないで

受験本番まで諦めず

突き進んで欲しい!

 

今まで頑張ってきた自分を

否定して逃げないでください。

逃げたら負けです。

きつい言葉かもしれないけど、

逃げたら今までの努力も

これからの未来も

どっちも無駄になるかもしれないし、

なにより後悔に繋がる

可能性が増えていきます。

絶対に志望校に合格する

という気持ちは

最後まで頑張り続ける

原動力になると思います。

受験は気合だ!

ということではなくて

モチベーションがあった上での勉強で、

学力を向上させていけるはずです。

 

当たり前のことだけど

結果が出るまで

何が起こるかは誰にもわかりません。

先輩を見ていれば

受かるって思われてる子が

落ちるかもしれないし、

受からないと思われてる子が

受かることだって

たくさんあります。

 

他人のことも気になることが

あるかもしれないけど、

自分を1番大切に、

受験でたくさん成長してください。

 

でも

なにも悩むなと言いたい訳ではなく、

悩んで考えての連続だと思います。

悲しくなったら悲しんで、

すぐ切り替えたり、

担任助手に相談したり、

自分が1番いいと思う道を

進んでください。

 

 

こんなに色々書きましたが、

言いたいことは

みんなのこと

ずっとずっと

応援しているよ!

ということです。

 

1年間担任助手として働いたことは

貴重な経験になりました。

生徒から助手になって視点が変わって、

1番思ったことは生徒が、

自分の担当が可愛くて

仕方がないということです。

みんな本当に可愛くて

わたしも頑張らなきゃと思いました。

至らないことも多かったですが、

みんなの受験に関わらせてくれて

ありがとうございました。

今まで1年間お世話になりました。

 

担任助手2年佐野理奈