みんなに送りたい言葉 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 5月 1日 みんなに送りたい言葉

こんにちは! 中央大学4年の佐藤岳太です。

突然ですが、ブログを書くのも今回が最後になります。

5月をもって、勤務を終了することになりました。

ですので今回は、最後に、みんなに伝えたいことを書こうと思います。

 

現在、東進に通っている生徒の割合は、全国の受験生の中でも相当の数を占めています。

中学生の頃から通っている生徒もいれば、高校3年生になって通い始める生徒もいます。

しかし、その全国の東進生が全員第一志望校に受かっているのかと問われると、

残念ながら、そうではありません。

一方で、もちろん第一志望校に受かってる生徒もいます。

では、両者の違いは何か。

それは一つに、

「考え抜く力」

にあると思います。

 

東進に入ったから受かる、東進で勉強したから受かる。

受験はそんなに甘くありません。

肝心なのは、東進に入った後、何を考え、どう行動するか、です。

入塾した時期は違いにせよ、人それぞれ入塾しようと思った気持ち、受かりたいと思った気持ちはあるはずです。

なぜ受験をするのか、なぜ勉強するのか、なぜその大学に行きたいのか。

考えることを面倒くさがってはいけません。

たくさん失敗して、たくさん壁にぶつかってください。

大事なのは、その後どう考えて、どう行動するかです。

失敗の原因を他人のせいにしたり、自分以外の何かに置き換えるのはやめましょう。

素直に、受け止めて、次に活かしてください。

でないと失敗した意味がないから。

 

これからみんなは、さらに辛い時期を過ごすかもしれません。

しかし、それも今でしか味わえない苦労だと思って乗り越えてほしいです。

苦労をしない受験なんてありません!

けどもし、本当に辛くなったら、青葉台校の担任助手を存分に、頼ってください。

みんなの事を、誰よりも、何よりも、優先して考えてくれています。

今年残った同期、後輩、そして新しく入ってきた新担任助手は決してみんなを見捨てません。

本当に、良い校舎だと思っています。

生徒のみんなを、これからも、よろしくお願いします。

 

校舎からはいなくなりますが、青葉台校の生徒を変わらず応援しています。

ありがとうございました。

 

同期の三人♪