ふかいいはなし | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 11月 2日 ふかいいはなし

気温の急激な変化にやられて体調を崩している

東京理科大学1年の大岩優斗です。

みなさんも体調管理には気を付けて!

さて、この時期にブログが回ってきたということは

10月の全国統一高校生テストについて触れろ~

ってことかなと思ったので話題はこれで行きますね。

キャラに合わずに深イイ話を狙って書いてみます。

 

まずは、みなさんお疲れ様でした。

結果がよかった、つまり、自分が目標に掲げた点数を

取ることができた人は自分をめっちゃほめてあげて下さい。

そして、そのあとでもう少し点数を伸ばせなかったか、

正解だった問題も自分の考え方が正しいものであったかなどを

しっかり分析して現状に満足せず、

さらなる高みを目指して勉強していこう。

 

結果が芳しくなかった、凡ミスが目立ってしまった人は

悔しい気持ちだったり、やるせない感じがしたり、

もう受験なんてやだーって思っちゃう人もいるでしょう。

でも、よく考えてみて。

こういう気持ちは、この10月の模試にむけて、

努力を重ねてきたからこそ感じられるものです。

今回結果が良くなかったからって別にいいじゃん

最後に本番で納得のいく点数が取れればそれで。

途中で逃げ出すのなんて、いちばんださい。

ここでふんばれるかどうかが試されてるんじゃないの。

ひとりで抱え込まなくても

担任の先生とか、それこそグループミーティングのメンバーだって

いくらでも相談してもいい。

そりゃ、最後はじぶんとのたたかい

だけど、

そこに行くまではみんなで一緒でもいいんじゃないかな。

青葉台校は一つのチームです。

チーム青葉台です。

ひとりひとりの意識で

おのずと

チームの空気も変わってくる。

苦しい時が伸びる時、やるならいましかない

 

どうだったでしょうか。

不快い話になってなかったらいいのですが、、、

担任助手一年 大岩優斗