たぶん、未来は明るい | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 10月 14日 たぶん、未来は明るい

こんにちは担任助手2年小川賢人です。

 

ブログってだいたい1ヶ月に1回とかのペースで回ってくるんですけど、

ブログ書くたびにそれだけの時間が経過してるのか、

って考えるとちょっと悲しくなる今日この頃です。

 

そんなことはさておき最近東進関連の話題で

皆さんの中でホットなのって何かな~って考えてみたんですけど、

全国統一高校生テストか担任助手仮登録かなと思います。

 

全国統一高校生テストのことをわざわざブログで読みたくないと思うので(笑)、

担任助手仮登録の話でもしますかね。

 

皆さんは担任助手になるのに必要な要素って何だと思います?

 

ステキな容姿?

華やかな学歴?

キラキラ感?

 

 

あれ…これだと悲しいことに僕に当てはまることないですね…。

 

 

でもご心配なく。

 

僕が考える担任助手になるのに1番必要な要素それはズバリ…

 

 

「誰かのためにどれだけ頑張れるか」

です。

 

僕は恥ずかしながら、自分でもそれくらいはできるかなと

思って担任助手をやっています。

 

でもこれって全然たいしたことじゃなくて、

たぶん誰でも今まで生きてきた中で必ず経験してることです。

 

 

部活や体育祭で声を張って応援して仲間や友達を鼓舞する

とか

友達とか恋人の誕生日を祝ってあげようと色々考える

とか

まあそんなところ。

 

逆にこれくらいのことなら誰でもしたことあると思うから、

出すかどうか悩んでたら

とりあえず仮登録しとけばいいんじゃねって僕は思います。

 

 

いまやる気ゼロでもここから受験が終わるまでの期間で、

人ってけっこう考えが変わります。

 

僕もやる気とかほぼゼロでしたけど、

第一志望に落ちてから考えが変わって、今に至っていたり。

 

考えが変わってサラッと書きましたけど受験生のときは

悩むのが趣味なんじゃないかなと言うくらいでした。(笑)

 

果たして大学に受かるのか。

 

落ちたらどうなってしまうのか。

 

大学に受かったとしてその先はどうなるのか。

 

考え出したらそんな煩悩は止まらなくなってました。

 

 

でも今だから言えるのは、

先のことを考えて悩んだところで、何がどうなるかなんてわからないし、

考えていても仕方ないから今を一生懸命やるしかないってこと。

 

 

たった数十問の試験で4年間通う大学が決まり、

 

たった数回の面接で一生勤めるかも知れない会社が決まり…

 

っていう風に人生なんてものはたくさんの偶然性と、

ほんの少しの必然性によってできていたりするわけで。

 

なんか最後の方かっこつけた感じになっちゃいましたけど、

前述の通りこのブログを読んだ人が少しでも頑張ろっかなと思えたら幸いです。

 

僕からはこの辺で。

 

担任助手2年 小川賢人