これまで と これから | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 9月 12日 これまで と これから

みなさんこんにちは!
立教大学社会学部4年の近内健太です。

早いもので、もう9月。
大学生は夏休みの最終盤になりました。

高校生の皆さんは、
文化祭や体育祭
といった(最後の)学校行事を迎える月ですね。

近内は文化祭も体育祭も
大好きなタイプの人間です。

あの、「非日常」って感じが
凄く好きでした。

大学4年になった今でも、
写真を見返すと、
とても懐かしい気持ちになります。

勉強ももちろん大切ですが、
一度しかない高校生活も
全力で楽しんでくださいね!

 さて、そんな9月
これまで通りではなく、
少し視点を改めていくべき
時期かなと思っています。

これまで、特に8月中旬までの勉強は
通期講座や講習講座を中心に
与えられたものに全力で取り組み、
知識をインプットしていく学習を
してきたと思います。

しかし、大学対策講座や
答案練習講座をはじめ、
各志望校に向けて過去問を解いていく
これからの時期は、
自らやるべきことを考え、
優先順位を付けて学習することが
これまで以上に大切になります。
(もちろん既に出来ている人もいると思いますが…)

そのためにも過去問題を
有効活用していきましょう。

過去問の出来不出来は
あまり関係がありません。

限られた時間を、
自分の志望校合格に
最大限生かすために

やるべき勉強を
明確にするためのものが
過去問なのです。

 

そして、その解決すべき課題を
解決するために
いつまでに、何をするのか
自分に合った目標を設定できるかが
合否を分けるのだと思います。


なので皆さん、
沢山頭を使って、
自分が何をすべきなのかを考えながら、
入試本番まで勉強していきましょうね!