あなたは何流? | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 8月 26日 あなたは何流?

こんにちは!

センター模試当日のブログ

という大役を任され、

少々緊張気味の佐藤広樹です。

 

誠に勝手ながら

模試を受けた後

このブログを読んでほしい

ということで更新がやや遅れてしまいました。

模試の前に

楽しみにしていた人は申し訳ありません。

 

さらに、

もう一つ申し訳ないことに、

普段からほかのたくさんの担任助手が

真面目なお話を執筆しているので、

最近僕自身堅苦しい内容のブログは

控えていたのですが、

やはり、この

8月のセンター本番レベル模試当日

とあってこれから話す内容が

少々真面目になってしまうことをお詫びします笑

 

さて、

模試当日に僕から伝えたいことは

ただ一つ

「復習」についてです。

復習というより

模試後の対応

と言った方が良いですかね。

もう耳タコだよという方、確かに。

でも、

あなたは本当に完璧に対処出来ていますか?

 

 

ある生徒担任助手の会話をランク毎にご覧ください。

 

【三流】

担「模試の復習やった?」

生「一応やりました」

担「どういう風にやったの?」

生「自己採点してー、

  間違えたとこの解説読んでー、

  って感じです卍」

 

はい、アウト。これでは全然ダメです。

 

【二流】

担「模試の復習やった?」

生「やりました」

担「どういう風にやったの?」

生「自己採点して、

  間違えたところは解説を読んで、

  当該箇所を参考書で

  もう一度読み直しました!」

 

惜しい。もう少し出来る。

 

【一流】

担「模試の復習やった?」

生「やりました」

担「どういう風にやったの?」

生「自己採点して、

  間違えた箇所は解説や参考書を

  もう一度読み直した上で

  課題をあぶり出し

  次の模試の目標点を決めた後、

  優先順位をつけて、

  次の模試までの

  勉強方針を計画しました!」

 

満点ですね。

この

自己採点→②課題のあぶり出し

→③優先順位付け→④計画立て

までを

模試翌日

までにやってほしいのです。

 

 

「そんな手間なことしなくていいよ、とりあえず出来なかったとこやればよくね?」

「受講がまだ残ってるからそっちをやりたい」

と思う人もいるかもしれません。

 

が、

 

模試直後にいちばんやらなければならないのは

自己採点課題のあぶり出し

優先順位付け計画立て

です。

なぜならこれらをすることで

“勉強の質”

を最大限に上げることが出来るからです。

受験生の中には

薄々感づいている人もいると思いますが、

夏休みが終わると、

ひときわ時間が足りないという

焦燥感

が増加します。

実際、僕もそうでした。

事実、時間なんて足りません。

その中でどうやって合格を勝ち取るかは

“時間の使い方”

にかかっています。

すなわち

勉強の質を上げること

にかかっています。

時間に余裕がある人が受かるんだったら

浪人生はみんな受かるでしょ?

でもそうならないのは

時間の使い方が上手い人が受かるからです

 

話が長くなりましたが、

勉強の質を上げるためには、

ちょうど現段階の自分の実力を確かめられる

模試の後に

自己採点課題のあぶり出し

優先順位付け計画立て

を行うのが最短経路なのです。

 

何度も言います。

自己採点課題のあぶり出し

優先順位付け計画立てです

もし自分一人でやるのがキツければ

担当・担任の担任助手に相談してみましょう。

 

最後に

模試は自己ベストを出すための機会ではありません。

自分の現状を把握するためのテストです。

結果はどうであれ、

うまい対処法を導き出して、

行動出来れば良いのです。

結果を引きずらず、

秋以降も頑張りましょう!

最後まで読んでくれてありがとう!

ではでは。

 

担任助手2年 佐藤広樹