あけおめからの2018振り返り | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2019年 1月 3日 あけおめからの2018振り返り

新年あけましておめでとうございます。

青葉台校担任助手1年 明治学院大学 経済学部の

河合佑馬です!

今年もよろしくお願いします。

 

さて、新年早々去年の振り返りをしなければならないということで、まあやっていきたいと思うんですけども

ではまず、清水寺の例のあれ的な感じで去年1年を漢字1文字で表してみたいと思います!!

私、河合佑馬の2018年の漢字は…

 

 

「超」です!

 

 

なんといっても2018年のドラゴンボールの劇場版「ブロリー」は超激アツでしたからね!!

みなさんもいつか見てみてください!…

 

 

嘘です。ごめんなさい。

本当のほうはこちらです!ボンッ!

 

 

 

 

 

「知」

 

 

私の2018年はまず受験からはじまりました。人生で初めて長期間本気の努力を積んで挑んだ受験。

今までで1番多くの人たちに支えてもらって挑んだ受験。

 

結果は大敗。正直、完全に安全圏の大学の合格しかいただくことができませんでした。

 

そこで私はいや、そのことを何度も主観的に、客観的に振り返っていく中で徐々に

自分に足りないもの、これから身に着けていくべきものをれたと思います。

 

その後、いろいろ考えた結果浪人をせず大学に進学させてもらうことを自分で決意しました。

 

そして迎えた大学生活1年目。そして東進の担任助手側としての生活。

 

いろんな出会いや、気づきがありました。

 

大学とはどのような場所で大学生とはどのような生き物なのか

そんな大学での生活の中で自分が本当にしたいことはなんなのか、すべきことはなんなのか

また、仲間の大切さ 出会うことの大切さ

など様々なことを少しずつれた気がします。(なんかクサいこと言ってますねw)

 

 

これだけだと大学生活なかなか理想的に生活できた感強めに書けちゃってますが

実際受験直後の私の志に沿った生活ができたかと言われれば全くそんなことはなく

だらしのない性格が出てしまうことばかりでした。

 

そんなこんなで目標通りには及ばないながらも来年以降の生活へのヒントをることのできたような1年でした。

 

 

2019年はそのヒントからわかったやりたいこと、やるべきことを少しでも多く実行していくことが目標です。

その内容についてちょい興味あるよ的な人は校舎で聞いてください、長すぎブログになっちゃうので(笑)(絶対誰も来ない)

 

 

では今回はこの辺で、長々と失礼いたしやした。

 

担任助手1年 河合佑馬