「エモい。」 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2020年 1月 2日 「エモい。」

 

 

こんにちは。担任助手4年の小川祥汰です。

 

昨日今日と正月特訓に参戦しています。

熱気あるホームクラスと生徒達に圧倒されております。

 

一昨日は千題テスト、昨日今日は正月特訓

「エモい。」

今はこの感情につきます。

 

すると思い出すのは4年前。

という訳で本日は

4年前の1月

つまり自分の受験期を振り返ってみます。

 

 

1月、端的にどんな月だったかと言えば、

反省

 

結論から言えば、あまり良い勉強が出来ませんでした。

 

原因①センター試験

そこそこ良かったんですよねー。

過去最高得点だったんです。

「意外といける」みたいな油断が出ました。

当時の小川は若かったなと思います。

 

原因②志望校選定

センターが良かったからこそ、

「センター利用追加でだそっかな」

みたいな欲が出ました。

これで時間と意識を取られました。

 

(最大の)原因③勉強量

「やることが少ない」

当時常にそう思いながら勉強していました。

やるべき勉強はもっとあったはずなのに、なぜかやることがない気がしてしまったんです。

結果勉強量が少なくなり、、

 

 

このような状況が全員に当てはまるとは思いませんが、

この経験から

全員に当てはまる教訓が生まれました。

 

教訓①現状を吟味せよ。

自分を冷静に客観視できている人って意外と少ないと思います。

敵を知る前に自分を知ることから始めよう。

そして、やるべき勉強をやりましょう。

 

教訓②目標は見失うな。

しんどい状況になると、人は「本音」を隠しがちです。

あんなに行きたいと思っていた志望校だったのに、

妥協を許してしまう自分が現れます。

「本音はいずれ現れる」

しんどい時でも、自分の「本音」を忘れないように。

 

 

4年前を振り返ってみて思うのは、

自分に負けているのに、敵(志望校)に勝てるわけはないということ。

軸は常に自分。

勝ったりましょう。

 

慶應義塾大学3年 小川祥汰

 



最新記事一覧

過去の記事