12月 | 2018 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ 2018年12月の記事一覧

2018年 12月 31日 2018年終了まで…あと24時間

こんばんは!

慶應義塾大学経済学部3年

佐藤圭一郎です。

 

2019年まで残すところあと一日。

記念すべきブログ納めに選ばれました!

 

僕も今年の振り返り&新年の抱負について語ろうと思います。

基本的に生活の大部分が部活なので、

部活とそれ以外に分けて書こうと思います。

 

【部活編】

慶應義塾体育会ハンドボール部に入部して三年目、

選手としてかなり飛躍した年でした!

 

実はこれまで入部して2年間、1つ上の先輩方がとても強く、

試合のベンチメンバーには入るものの、

出場機会に恵まれない日々が続いていました。

結果が出せないなら自分が体育会にいる意味はあるのか?

こんなにも時間を費やして意味があるのか?

こんなことを考え、嫌になりながらも、

なんとか存在感を示してやろうと、

毎日練習をしていました。

今思えば、その転機となったのは

今年の函館合宿(3月)です。

この時掴んだチャンスから、

スタートで起用されるようになり、

ずっとお世話になった先輩方の引退を

早慶戦(11月)で見送り、

今ではチームの主将を務めています。

 

体育会という組織は、

所属しているだけでは何の意味もありません。

周りを分析し、自分を分析し、

チームに自分がどう貢献するか。

これをただひたすらに考え、

心技体を鍛えます。

とにかく考え、苦しみ、追い込み、

そうして初めて、本当に価値のある、

チームワーク、仲間の存在、根性、

多くの人生の財産を得ることができます。

だから僕は、体育会という組織を愛しています。

これから大学生になるみんなも、

迷うくらいなら挑戦してください!

 

続けて部活の新年の抱負については、

もう何か月も前から決まっています。

・インカレ出場

・関東学生一部リーグ昇格

・早慶戦勝利

です。

これらを必ず達成すべく、

一年間チームを引っ張っていきます。

 

【それ以外編】

部活に取り組む一方で、

新しく学業としては

企業の経営について学ぶゼミに入ったり、

就職活動が始まるタイミングでもありました。

 

大学という狭い世界から抜け出し、

社会というものを感じる一年でした。

 

ここで思って皆さんに伝えたいこととしては、

大学の四年間て、めちゃくちゃ大事です。

いかにフットワーク軽く

色んな物に触れ、感じ、考え、

そうして人間が形成されていくのだと思います。

大学がどこだろうとそれは関係ありません。

 

そして、自分とはどういう人間なのか。

その答えが見つかる気がします。

自分の本当の深い部分のところは、

自分でも全くわかっていないものです。

 

「計画的偶発性」という言葉がありますが、

挑戦することで、はじめて気づくことが多くあります。

ぜひ、その機会をたくさん自分に与えてあげてください。

その数が、人間としての価値を決めると僕は思います。

 

長くなりましたが、

最後に新年の抱負について。。。

 

好奇心・冒険心を大切にする

 

これからもっと最強になる予定です

来年もどうぞよろしくお願い致します。

 

担任助手三年 佐藤圭一郎

 

 


 

2018年 12月 30日 鹿住2018→2019

みなさん、こんにちは!
明治大学農学部2年
鹿住周です。
今回のテーマは
「2018年の振り返りと2019年の目標」
と聞いているので、
まずは「2018年の振り返り」からいきます。

1〜3月
自分のことに関しては記憶があまりない時期。
大学の期末テストに苦しめられた結果、過去最大のものもらいができて初めて眼帯をしたことと、好きなアイドルができたことが主なトピックでした。

 

4〜7月
正直しんどいことが多かった時期。
ぼかして話しますが、
とある集団でちょっとした責任者のような立場になりました。
初めてやることが多く、どうしたらいいのか?何が足りないのか?慢性的に不安が多かったです。
自分の中に答えが無いことと向き合ったり、やりたいことが思うように進められなかったりと自分の力の無さを思い知らされた時期でもありました。

で、初めての一人旅を決行。
京都へ一泊二日で行きました。
自分にとって旅行は「1人よりも誰かと行った方が楽しいぜ★」ってことがわかりました。

8月〜12月

所属研究室が決定しました。とはいえ実際に活動するのは来年の2月から。まだまだ期待と不安の入り混じった、ここだけの話、正直不安の方が大きい新生活が始まります。失敗したり無知なことが許されるのは序盤だけなので、早めに失敗しまくっちゃいたいです。

あとはたくさんの場所へ行きました。
大阪、タイ、屋久島、京都(今年2回目)、名古屋(実はこちらも2回目)。
どれもこれも楽しい記憶です。

あとは10月に私、誕生日迎えたんですけど色々あって「二十歳の俺はかわいいキャラだわ」と宣言していた時期もありました。

 

ザックリと2018年振り返ってみましたけどたぶんいい一年でしたよ。
今までで一二を争うくらいに自分と多く向き合う時間を作れたため、内面的に進歩の多い一年となりました。傍目から見て感じていただけたかな?(感じているわけない笑)

 

「2019年の目標」ですか、、、

実は意外と大事な年になると身構えています。
大学院へ進学する方向で舵を切るつもりですが、それも2019年から始まる研究室での生活に対してどう思うか次第です。
ひょっとすると就活するかもしれません。
2018年で就職するならばこんな風に働きたいということを見つけることができました。
あとはどっちにするかのタイミング。ダラダラと時を待つと最後は焦っちゃっていいことないと思います。この辺のことをうまくやるのが目標の一つ。(先輩担任助手の木賀さんが「焦ることが一番嫌い」と言っていて大共感でした。)

あとは2点だけやりたいことをあげると、
船釣りと日本一周旅行。
船釣りはなんとなくです。
日本一周旅行は先輩担任助手の近内さんが東北一周旅行を車でしていて、ひっそりとかなりいいなと思いました。
海外もいいなと思いますよ。
でもまずは自分の住んでる日本からかなとも思うんですよね。
まだまだ美味しいもの、綺麗なもの、知らないもの、心打たれるものがたくさんあるって思うんですよね。(なんなら青葉区にすらも)
これが実現できるほどゆったりと過ごせるまとまった時間はあるのかなー?
知見を広げたいなあ。
ゆくゆくはクジラが見たい、砂漠行ってみたい、オーロラ見たい、アフリカのサバンナ行きたい、冬の北海道行きたい、綺麗な星空見たい、ジャングル行きたいなどなど色々ありますね。
できるなって思った瞬間にやった方がいいのでしょうか。やっぱりこれらも2019年中に実現できるならいくつか実現したいです。

はい。以上で2019年の目標も終了です。
私は東進のみなさんのことを当然のこととして応援しているわけではありますが、ほんの気持ちだけでもいいので私のことも応援していただけると嬉しいです。なんてね(迫真)。皆さんと一緒に頑張っていきたいです!

2018年 12月 29日 写真で振り返る広樹の2018年&2019年の抱負

おはようございます!

最近茶髪から心機一転、

黒染めした、

慶應義塾大学商学部2年

佐藤広樹です。

 

 

今回は「写真で振り返る2018年」ということで

どれだけの人がこのブログを読んで下さっているのか

分かりませんが、

今年あった出来事を振り返っていきたいと思います。

 

3月。

 

大学に入ってから初めての海外旅行で

バリ島に行きました。

見ての通り、めちゃめちゃきれいでした。

めちゃめちゃインスタ映えでした。

まあインスタやってないんですけどね。。

とにかく

景観よし、気候よし、物価よし、治安よし

なので海外でインスタ映えを夢見る高校生諸君には

オススメ of おすすめです。

 

 

 

4月。

 

2年生になりました。

だからって1年生の時から何が変わったのかと言われると

返答に困ってしまいますが、

とりあえず

珍しくセンターに僕がいる写真を発見したので貼っておきます。

 

 

 

7月。

 

20歳の誕生日を迎え、正真正銘の大人になりました。

子供の頃は

20歳といったら大の大人を想像しましたが、

実際なってみたら、「こんなもんか」といった感じです。

色々な権利はゲットしましたが、

子供が想像する「大人」になるには

年齢とか関係なしに自分自身の力で努力しなきゃ

なれないんだなーと思いました。

きっとこの先30歳、40歳を迎えるときも

この気持ちは避けられないのかもしれません。

 

 

 

9月。

 

同期4人で北海道旅行に行きました。

温泉に海の幸にドライブにきれいな旅館に美しい景色ととても楽しかったです。

 

ゴリゴリに加工したこの写真は洞爺湖湖畔で撮影したものです。

ちなみにこの2日後、札幌で被災しました。

無事に帰ることができ良かったです。

 

 

 

11月。

 

 

久しぶりにディズニーに行きました。

花火がきれいでした。

楽しかったです。

 

 

 

 

 

と、ここまで2018年を振り返ってきましたが

ここからが本題。

2019年の抱負です。

 

単刀直入に申しますと

「スキルを増やす」

 

来年は大学も3年目ということで、

立派な社会人となるためのスキル

だったり

コミュニケーション、スポーツ、趣味

の面でもスキルを積んでいきたいです。

 

本題なのにめちゃめちゃ短くなってしまいましたが、

また来年お会いしましょう!

では良いお年を~

 

担任助手2年 佐藤広樹


 

 

2018年 12月 28日 平成の最後に装う平静を、とか言って。

今回のテーマは2018年の振り返りと

2019年の目標ということで、

平静を装って

それに沿って

このブログを綴って

いこうと、いまのところ

思ってます。

紹介遅れました。

これがおそらく平成最後の自己紹介になる

でしょう。丁寧にいきます。

どうも。改めまして、

東京理科大学経営学部経営学科1年の

おおいわゆうとです。

ふたご座です。

AB型です。

がちゃめです。

千題テスト白組の長です。

白組の方、やってやりましょう!

大きいに岩、優しいに北斗七星の斗

と書いて、大岩優斗です。

総格、つまり名字と名前の画数の総和は

32画です。この32画のひとの長所は、

運と実力を備えていて、

決断力に優れ、行動は迅速、

クリエイティブで観察眼もあり、

チャンスをものにしていく。

リーダーシップがある。

わがままだけど責任感が強い。

話し上手で頭の回転が速い。

理性的。

逆に短所は、

周囲の助けや援助のおかげで成功した

ことを自分の力と勘違いして

自信過剰になりがちで、調子に乗って

傲慢になりがち。おっちょこちょい。

お金儲けがへたくそ。

心が定まらない。

プライドが高い。

だそうです。やかましいわ笑

それにしてももう師走ですね。

走る気さえしませんよ。こんな寒いのに。

かといって歩こうかともなりません。

そもそも少し止まると書いて歩くなのが

いまだに謎です。

語源知ってる人いたら

教えてください!

そういえば、先日はクリスマスでしたね。

グループミーティングで

クリスマスパーティーをした人も

多いのではないでしょうか。

受験生は全然それが正解なんですけど、

やっぱり、大学生は、ねえ…

大岩気付きました。

年を重ねるごとにつれて

サンタクロースより

来てほしいひと

がいるって。

自分に遠慮してたら

クリスマスイブなんて

ただの平日だって。

(あいにくの振替休日!笑)

来年は担任助手1年一同頑張りましょうね。

ここまで読んでくれた人はわかると思います。

おおいわ全然振り返らんぞって。

ましてや2019年の目標は?って。

それはクリエイティブな一面を

見せたいあまり、

心が定まらなかったからです。

あら、長所と短所がしっかりと。

以上、大岩優斗でした。よいお年を。


 

 

 

 

2018年 12月 27日 鵜飼の2018と2019

こんにちは!
慶應義塾大学総合政策学部2年

鵜飼周也です!

最近のトレンドである2018年の振り返りと

2019年の目標を立てていきたいと思うのですが、

その前に鵜飼が2018年に

どのような目標を立てていたのか

振り返ってみましょう!

(興味がない方は飛ばしていただいて結構です笑)

 

あと、今日長いんでめんどくさい人は読まなくていいですよ笑笑笑

 

・・・。

自分でもこんな目標だったのか

とびっくりしております。

(目標って立てて終わりじゃないよね泣)

 

2018年振り返ってみると、正直

苦しかったです。

 

今年から入った日本政治を扱うゼミ、

1年から2年になり校舎の中心としての役割を担った東進、

後輩が入ってきてより高いレベルの求められる部活、

この三本柱で今年は回っていたのですが、

キャパ的にも能力的にも満足できないことが続きました。

 

ゼミでは、

学ぶことも多かったのですが

自分が扱ってこなかった分野ということもあり

先輩たちのレベルの高さや先生の怖さに

死にそうになりました。

このブログも学期末に

書くことになっている論文の

合間に書いています。

 

東進は、

もちろん楽しかったのですが

正直思い描いていたような貢献が

できないことが多く

非常に申し訳なかったなと思います。

 

部活では、

何も見えない中でやってきた去年と違い

自分に足りない部分が見えてきて

ありたい姿に向かって改善し続ける日々でした。

 

総じて、無力さを認識し

自分なりにもがく一年になった気がします。

ただ、がむしゃらにいろいろなことに

頭を突っ込んで行ったことで、

今後自分がやるべきことが見えた

そんな1年になったのかなと思います。

 

そう、言うなれば、

種まきの一年

だったと言えると思います。

 

というわけで来年は、

今年蒔いたタネを

育てる一年

にしたいです。

そのために心がけたいことは、

①自分にベクトルを向け続ける

いろいろなことに首を突っ込んでいると

その場その場で自分を見失って

周りに溶け込んで無難にやり過ごそうなんて

そんな安易な考えに流れてしまう気がします。

来年はいつでもどこでも

自分がどうなりたいのか何をしたいのか

にベクトルを向けて過ごしたいなと思います。

 

②いろんなことを自分の言葉で話す

これは、ゼミで得た今年一番の学びかな思いますが、

自分の知らないことがたくさんあることに

気づいたので来年はとにかくいろんなことを学ぶ。

知らないことを1つでも減らす。

ただ、それぞれの分野で人の考えを受け売りするのではなくて、

自分で考えて自分で議論できるようにする。

 

この2つは、

今年できなくて来年必ずやりたいことです。

来年はここに良い報告ができるようにがんばりたいと思います。

 

長いブログを最後まで読んでくれてありがとうございます。

みなさん、よいお年を!

担任助手2年 鵜飼周也

 


過去の記事