まずは形にする | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 11月 20日 まずは形にする

こんにちは。

慶應義塾大学総合政策学部1年の高井涼史です。

今日は実践力の話。

 

なぜかわからないが、成功者に話を聞くと、

「まずは形にしてみろ。」

という言葉をいただく。

 

形にまずすることで、

自分の問題点がわかる。

 

それを改善していく方が、何も動かずにうじうじしているよりも

成功に格段に近くなる。

 

なるほど、これは本質を捉えている。

ということで今日は、

知識の全くないものを形にしてみることにした。

 

では形にしたことのない何かとは

自分にとって何があるだろうか、

と考えた時に最初に浮かんだのは、小説の執筆であった。

 

高井は人生で小説を1冊読み切った記憶が1度もない。

そのせいで国語ができない可能性があるが、それはまた違う話。

 

ただ、1度も読んだことのない小説を

作ったことなどないことは間違いない。

 

でも小説は長すぎて書けないので、

短い詩にすることにした。

 

みなさんがどのようなものを形にしてみるかはわからない。

ただ、人生において大事なことであることは

よく聞く「まずは形にしてみろ。」

から予想できる。

 

そのため、受験に生きることがもしもこの言葉にあるとすれば、

大学受験勉強で実践して欲しい。

受験に生きることがないと考えるのならば、

大学受験の先の人生で実践して欲しい。

 

担任助手1年 高井涼史