Dear Woman | 東進ハイスクール 青葉台校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2021年 6月 5日 Dear Woman

Welcome ようこそブログへ〜♫

君が今ここにいること〜♫

 

こんにちは担任助手3年の富浜です!

 

昨日のブログは読みましたか?

小野寺絢香先生が

大学1年生とは思えない思考力の深さで「志とは」について書いてくれました。

さすが早稲田の後輩よ。早稲田しか勝たん。

 

さあ、冒頭はとある曲の歌詞をもじったものです。

なんという曲でしょうか!!

 

正解はSMAPのDear womanという曲でした〜〜〜〜〜〜〜〜

 

僕が小学生くらいの時に資生堂のCMに使われていたので耳馴染みがとてもあります。

今高校生の人には少し古く感じるのかも・・・?

 

ちなみに本来の歌詞は

Welcome ようこそ日本へ〜♫

君が今ここにいること〜♫

 

となっています笑

アップテンポですごく耳に残る曲になっているのでぜひ調べて聞いてみてください!

 

ではなんでこの話をしたか。

 

それはここからの話にすごく関係しているからです。

 

「歌」ってその時代の文化を反映していると思いません?

 

例えば今流行っている『うっせぇわ』は若者視点で日本社会にある悪しき伝統に物申すような曲です。

少子高齢化により、昭和文化が根強いから出てきた歌なのではと勝手に思っています。

 

唐突ですがここで私のを発表します。ブログのメインテーマですね。

 

「日本をブチ上げたい」

 

これが私の志。

 

みなさん日本は好きですか?

私は大好きです。多分、みんなよりも。

 

私は幼少期を海外で過ごしました。イギリスです。

イギリスは先進国ですが、治安・交通・発展・礼儀などは日本の方が圧倒的に優っていると強く思います。

 

電車が時間通りに運行すること、車掌が秒単位で調整していること、1分の遅延でも謝罪すること。

これは私たちにとっての常識ですが、そんなことはありません。

 

海外ではなんのアナウンスもなく行き先が変わることもあります。

「え?渋谷行きに乗ってたのに大井町に着いたんだけど」みたいな感じです。信じられませんよね。

 

あくまで一例ですが、生活の要所要所で日本の”当たり前レベル”の高さを帰国後の私は感じました。

 

しかし、どうでしょう。

みなさんはそんな素晴らしい国に生きていることを認識していますか?

 

テレビでは毎晩コロナ感染者数と政府の水際対策についての議論。

少子高齢化、海外企業の買収、若者の変化、ニート増加など悲観的なニュースばかりです。

世界を代表する国はいつの間にか中国とアメリカであり、日本は名前すら出ません。

 

悔しくないですか?

私たちの親世代の日本のGDPは世界2位ですよ!?!?!?!?

 

なんでこうなった。

 

このままだと日本は後進国になります。先進国から陥落です。初の国になるかも。

 

冒頭の話を思い出してください。Dear woman。

 

あれは「日本へようこそ!!すごく良い国です!!!」というメッセージがビンビンに伝わってくる曲です。

(まぁ歌詞の中心は愛する人を語ってるんですけどね。拡大解釈しすぎ?笑)

しかし、今日にもうこんな歌詞の曲はありません。作られません。

 

そんなに誇れないかね・・・ジャパン

 

なので、私は日本をブチ上げたい。

かっこいい日本を!エネルギーのあった日本を!

 

また見たいなと。

 

これが私の志です。

 

明日のブログは本多真実先生です。3年間仲良くしていますが、所謂「きちんとしている」人なので、誰もが参考になることを書いてくれるはずです!

お楽しみに〜〜〜

 

担任助手3年 富浜大護