BOOK REVIEW Part1 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2015年 3月 23日 BOOK REVIEW Part1

こんにちわわわわわ
親不知ずのせいで口内環境が荒れてます。ストレス社会です。ツカハラです。

さて本!!!
最近読んでいいなあと思った本ですが、

『ひと皿の小説案内 主人公たちが食べた50の食事

ディナ・フリード()
阿部公彦(監修翻訳)

というものです。

まあ普通の本というより、変わった写真集という感じです。
色々な名作小説の主人公たちが口にする食事を再現した写真とともに、その小説の一節を紹介していく本です。
ナルニア国物語のエドマンドが女王に出会うシーンを切り取って、隣のページにはおいしそうなターキッシュ・ディライトの写真があったり。

小説家の書くごはんの表現って、とてもおいしそうで素敵ですよね。
そこをきりとって小説の紹介とするアイデアがセンスよくて素敵だなあと思いました。
小説読むのも自己啓発本読むのもよいですが、洗練された言葉と写真に触れる写真集もなかなか良いものですよ~~!

ふつうのほんだと『嫌われる勇気』とか読みました。
自己啓発本っていうと敷居高い感じしますが、高校生にこそ読んでみて欲しいものです。
原因や解決策のわからないもやもやとした、でも苦しい。
そんな悩みの多い高校生の今にこそ必要な本なんじゃないかなと思いました。

曇ったメガネをはずしてくれるような本です。

本に限らず、絵とか、写真とか、そういうものにたくさんふれてほしいなーと思います^^