2月 | 2019 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ 2019年02月の記事一覧

2019年 2月 6日 広樹から受験生のみんなへ

こんにちは!

慶應義塾大学商学部2

佐藤広樹です。

 

ついに2に入り

早い人だともう私立の受験が

始まっているんじゃないでしょうか。

やはり、直接合否にかかわるだけあって

センター試験とはまた違った緊張感がある

と思います。

 

ちなみに、2年前の広樹少年は

一番最初に

立教大学の全学部試験を受け、

想定より感触が悪く

かなりメンブレしたのを覚えています。

 

思えば、あれが負の連鎖の始まりでした。

立教の試験にしくった広樹少年は

「このままじゃ浪人する」

という恐怖感に襲われ、

そこから、ひたすら併願校対策に

専念することを決めました。

 

――――――――――――――――――

①立教大学全学部(社会学部):2/5

②早稲田大学文化構想学部:2/12

③慶應義塾大学商学部:2/14

④慶應義塾大学法学部政治学科:2/16

⑤東京大学文科三類:2/25,26

――――――――――――――――――

 

僕の受験校が上記の5つなのですが、

立教の試験後の一週間はひたすら

早稲田の文化構想対策、

それ以降は次受ける試験の対策に

100%時間を割くようになりました。

 

まだそれだけならよかったです。

2/16以降も私大の合否が

気になりすぎて

勉強が全く手につかず

結果が出ても

良くない結果だったので

その後も

ふて寝。ふて寝。ふて寝。

 

結局

東大の対策を始めたのは

慶応商学部の結果が出た

2/23

のことでした。

あまりにも遅い。。

 

ということで、

僕から伝えたいメッセージは

「へこたれるな」

です。

 

今日受けた試験の感触が悪くても

まだ次がある。

特に国公立志望は

今日受けた試験の感触が悪くても

まだ第一志望は残ってる。

 

くよくよしてたら合格は遠ざかるけど

何かすれば合格は近づく。

 

 

この言葉を胸に

残り二十日間

頑張ってほしい。

 

担任助手2年 佐藤広樹


2019年 2月 5日 近藤から受験生のみんなへ

こんにちは。

横浜市立大学医学部医学科1年の近藤です。

今回は激励ブログということで、試験本番での気持ちの持ち方について書きたいと思います。

ここまで皆さんは謙虚に勉強に取り組んできたと思います。でもテスト本番はその謙虚さを自信に持って取り組むことが大切だと思います。

テスト本番では周りの受験生たちが自分より頭が良いように見えてしまいます。

そして解けるはずの問題が解けなかったり、思いの外に手こずってしまったりすると、焦りが生じ、時間配分などに狂いが出てしまうことが多々あります。

そういう時に、もうダメだと思ってしまいがちですが、自分が努力してきた量を超える人は他にいないから、自分の解けない問題は皆が解けないと思うことが大切です。実際自分が解けない問題は他の人も解けないことが多いですし、万が一解かなければならない問題であったとしても解けないことへの焦りなどは感じず、時間配分への影響は少なくて済みます。

これは自分に自信が持てないとできないかもしれませんが、皆さんは十分東進で頑張ってこれたはずです。努力が足りないなんてことはありません。自分に自信を持って最後まで諦めずに試験に取り組んでください。

ここまで散々自信を持てという話をしましたが、自信を持ちすぎて慢心してしまうのは良くありません。ケアレスミスの元です。自信を持つことは大切ですが、気を抜かないようにしましょう。(笑)バランスが大切です。

入試というのは一点二点で合否が変わる世界です。最後まで諦めずに少しでも自分の考えを採点者に伝えることがその一点を絞り出すことになります。

皆さんの健闘を祈ります。


2019年 2月 4日 井上から受験生のみんなへ

受験生のみなさんお疲れ様です。

横浜国立大学1年の井上航太です。

 

「I’ve never been more hopeful about America.」

この言葉は、バラク・オバマがアメリカ合衆国

大統領選に勝利した際のスピーチでの一言です。

もちろん勝利のスピーチなので、

選んでくれたことへの感謝もあると思いますが、

この言葉は、オバマの、アメリカ人全員への

強い期待が込められたものだと思います。

 

オバマが国民に期待したように、

僕はみなさんに期待しているので

この言葉を贈ります。

「I’ve never been more hopeful about you.」

 

そして皆さんにもう一つだけ言っておきたいことがあります。

それは

一番強いのは今

だということです。

 

不安とか緊張とかいろいろあるとは思いますが、

やるべきことを、今はこなしていきましょう。

そして今の自分をどんどん強くいって。

本番にその強さを存分に発揮してください!

期待しています。

 

 


2019年 2月 3日 上井から受験生のみんなへ

こんにちは東京工業大学2年の上井です。

もう私大の受験も始まってきて本当に受験真っただ中といったところですよね合格発表がもうあった人もいるのではないでしょうか。

様々な思いの人がいると思います。

そんな受験生のみんなに言いたいことは、

ここからが大事

ということです。

今までやってきたこと、頑張ってきたことを最大限生かせるか

それはここからのやり方次第で変わってきます。

逆にもっとああすればよかったこうすればよかったということについては

ここから変えましょうまだまだ改善できます。

過去は変えられないですが過去を生かして今できることは多いはずです。

不安になってしまうのはみんな同じです。

その中でできることを考えてひたすら考えて実行していくことが本当に大切です。

いろんなところで高2のうちが勝負とか夏休みは受験の天王山とか言いますが、

本当に一番大事な時期は今です。

受験生は本当に最後まで伸びます。

そのためにも残り少ない時間だからこそ体調管理はしっかりしながら

全力でできることをこなしてください。

そして自信をもって受験してきてください。

がんばれ!

担任助手2年 上井悠大

 


2019年 2月 2日 大岩から受験生のみんなへ

大岩から受験生のみんなに送る言葉は
「努力は夢中には勝てない」です。
この言葉は自分が言われて
すごく納得した言葉です。
努力を否定しているわけではないし、
むしろ、努力は素晴らしいものです。
1年間ないしは2年間もしくは
それ以上の年月をかけて
受験勉強をしてきたという努力は
最終的に報われないかもしれません。
今まで模試とかを受けてきて、
努力してもうまくいかなかった
こともあるでしょう。
周りの声に惑わされて、
自分の努力が本当に
正しい場所で正しい方向に行われているか
悩んだこともあるかもしれない。
それでもここまで努力を続けてきた。
それはなんでですか?
なんとなくではここまで続かないと思う。

志望校にどうしても受かりたいから
将来の夢、目標のために

こういった志があるからです。
夢中になるのってかっこ悪いことですか?
夢中な姿を見せるのが恥ずかしいですか?
努力は夢中には勝てない。
最後の最後に僅差のところで
勝敗を左右するのは
自分に勝てるか否か。
変なプライドとか捨てて
本気で全力で自分の人生を
決定してきて欲しい。
ギリギリの戦いを楽しんでこい!

担任助手1年大岩優斗